社会人野球日本選手権大会

社会人野球日本選手権大会(しゃかいじんやきゅうにっぽんせんしゅけんたいかい)は毎年11月前半に行われる社会人野球のトーナメントである。元々産業別大会後楽園スタヂアム1973年まで実施)だったものを一新して設立された。

社会人野球日本選手権大会
開催中の大会:
第42回社会人野球日本選手権大会
開始年 1974
主催 毎日新聞社
日本野球連盟
参加チーム数 32
加盟国 日本の旗 日本
前回優勝 トヨタ(5回目)
最多優勝 住友金属(7回)
備考 球場
第1-6回 阪神甲子園球場
第7-16回 大阪球場
第17-23回 グリーンスタジアム神戸
第24回-現在 大阪ドーム(京セラドーム大阪)
※第37回のみ第1ステージを日立市民、岡崎市民、わかさ京都、倉敷マスカットの4球場に分割。2回戦以後の決勝ステージを京セラドームにて開催
※2011年は東日本大震災による都市対抗野球大会延期・開催場所変更のため中止
テンプレートを表示

目次

会場と日程に関する事項編集

会場は関西圏の球場を転々としており、阪神甲子園球場大阪球場グリーンスタジアム神戸(現・ほっともっとフィールド神戸)を経て1997年から大阪ドーム(京セラドーム大阪)に落ち着く。ただし、2010年は第1ステージ(1回戦)に限り大阪ドーム以外の4つの球場で分割開催を行った(経緯後述

2002年までは10月中旬[1]に行われていたが、2003年から実施時期がおよそ1ヶ月遅くなり、社会人野球のシーズンを締めくくる大会となった。一方でプロ野球のドラフト会議の実施後であったり、大会中にドラフト会議等[2][3]が実施されるなど、開催時期について疑問を呈する声もある。

2011年の大会は、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響で、8月に開催する予定だった第82回都市対抗野球大会が秋に延期となったことを受けて、同年度の単独大会での開催は中止とすることが、3月25日の日本野球連盟の理事会で決定された[4]。これに伴い、2011年の大会は都市対抗を兼務して開催することになり、都市対抗優勝チームが本年度日本選手権者と認定されることも併せて発表された(ただし、日本選手権としての回数にはカウントされなかったため、第38回大会は2012年に改めて開催するという形になった)。

2003年から大会日程が11月後半に繰り下げられたことは、シーズンの長期化という形で社会人野球チームに負担をかけることとなり、また、日本選手権開幕前または開催中にドラフト会議が実施されて本大会がプロを目指す選手のアピールの場として十全に機能しているとはいえないとの意見が出たことを受け、日本野球連盟は2012年シーズンから、11月前半に日本選手権を開催する方針を示した。ただし、2008年以降のドラフト会議は10月後半に行われていることから、11月前半でも「ドラフト会議に向けてのアピール」にはならないことになる。これよりも早める場合、京セラドーム大阪を本拠地として使用するオリックス・バファローズがクライマックスシリーズ、日本シリーズに出場した場合の調整が必要となるため、思い切った前倒しができない状況にある[5]

大会の概要編集

主催等編集

毎日新聞社が主催(大阪本社所管事業)。また、日本野球連盟も主催者に名を連ねる。現在は、大阪市が共催し、スポーツニッポン新聞社大阪シティドームが後援している。

大会システム編集

トーナメント方式で優勝チームを決定する。敗者復活戦は行われない。現在は32チームが出場するので、条件はひとしく、5勝すると優勝となる。

試合形式・ルール編集

  • 原則として公認野球規則にのっとり行われるほか、アマチュア野球内規及び日本野球連盟内規も適用される。
  • バットは第6回大会(1979年)から第28回大会(2001年)まで金属バットを使用していたが、それ以外は木製バットを使用。
  • 指名打者制度を採用(第15回大会(1988年)以降)。
  • 7回以降に10点差以上がついた場合は、コールドゲームが適用される。(決勝は適用せず9回までは必ず行う)

タイブレーク編集

  • 以前は都市対抗野球大会とともにサスペンデッドゲーム(試合開始から4時間以上経過した場合、その日の最終戦終了後に続行試合を行う)を取り入れていたが、応援団や選手の再招集が困難であることなどから2003年以後、延長13回以後でなおかつ4時間以上経過した場合に限ってタイブレーク(前イニングの最後の打者から数えて3人がランナーとなって、1アウト満塁の段階から再開)を取り入れることとなった。どちらか一方の場合(延長13回を超えても4時間を満たなかったり、その逆で4時間を越えても延長12回まで消化していない場合)は通常ルールであった。
  • 日本野球連盟は試合のスピードアップを図るため、2009年からタイブレークの導入要件を緩和し、試合時間に関係なく延長11回からタイブレークに突入することとなった。第36回大会から当該ルールが適用される(ただし、決勝戦には適用されない)。2011年からはタイブレークの適用を12回からと改めた(同年は日本選手権を実施しなかったため、2012年第38回大会から運用開始)。
  • 日本選手権本大会でタイブレークが適用された試合については、タイブレークの項を参照のこと。

「日本選手権改革」編集

日本選手権はその名のとおり、その年の社会人ナンバーワンチームを決める至高の大会である。しかし、社会人野球界においては歴史と伝統のある都市対抗野球大会の人気が相対的に高く、日本選手権が軽んじられる風潮にある。日本において「日本選手権」があるにもかかわらず他の大会の方が人気が高いというスポーツジャンルは珍しい。

かねてから都市対抗野球に比べて人気、観客動員に伸び悩んでいたことから、日本野球連盟は日本選手権のてこ入れを協議し、段階的に改革案を実行に移してきた。

2006年の改革編集

日本野球連盟は、2006年8月24日に開かれた臨時理事会において、日本選手権の地位向上を目指すため、日本選手権を「年間王座決定戦」と位置づけ、2007年の第34回大会から実施に移すための改革を実行に移すことを決定した。その具体的内容は次のとおり。

  1. 現行26チームの出場チームを32チームに増やす。これで大会期間を9日間から11日間に拡大
  2. 都市対抗野球全日本クラブ野球選手権大会の優勝チームに日本選手権の出場権を付与する(この点については2006年から実行に移す)。
  3. 地区連盟主催大会のうち、以下に示す9大会を制した各チームに日本選手権の出場権を付与する。
  4. 残りの21枠をめぐり、各地区で予選を行い、予選を勝ち上がったチームに出場権を付与する(出場枠については後述)。
  5. 2及び3で同一チームが複数大会で優勝した場合、そのチームが所属する地区の出場枠をその分増やす。
日本選手権対象大会
JABA東京スポニチ大会
JABA静岡大会
JABA四国大会
JABA岡山大会
JABA長野県知事旗争奪野球大会
JABA京都大会
JABA九州大会
JABA東北大会
JABA北海道大会

2010年の改革編集

2008年秋に始まった世界同時不況の影響等から、社会人野球チームの負担軽減と、新たなファン層の掘り起こしを目的として、2009年11月11日に行われた日本野球連盟定時理事会において、以下の制度改革案が承認された。2010年の第37回大会から実施される。

  • 1回戦(第1ステージ)16試合を4球場に分割して実施する。第37回大会においては、日立市民運動公園野球場岡崎市民球場わかさスタジアム京都倉敷マスカットスタジアムの4球場で1回戦・各4試合(1日当たり2試合ずつ)を行う。勝利チームは翌々週京セラドーム大阪で行われる決勝ステージ(2回戦)に進出し、2回戦以降は同球場で行う。
    • 1回戦の分割開催は日本選手権改革の目玉の一つと位置付けられていたが、1回戦と2回戦以降の日程が分離されたことでチーム遠征の負担が増えたこと、第37回大会では一部開催地で1回戦が雨天順延された結果日程が月曜日にずれ込んで観客動員が落ち込んだことなどの悪影響が指摘された。2011年は上述のとおり大会が開催されず[6]2012年の第38回大会以後は第36回までと同様、単一球場での開催が発表された。このため1回戦の分割開催は事実上1回だけで廃止となり、四国・九州での初めての本大会開催は当面持ち越し(事実上幻の開催)となった。
  • 日本選手権が「年間王座決定戦」であるとの位置づけを明確にするために、日本選手権対象大会に出場するチームを、各地区連盟の推薦によるものとし、(1)企業チーム、(2)企業チーム以外である場合は、過去10年以内に2大大会(都市対抗、日本選手権)の本戦に出場経験を有するチーム、に限定する。なお、(2)に該当するチームは、クラブ選手権の出場はできないため、クラブ選手権予選が始まるまでに、クラブ選手権予選と日本選手権予選(対象大会)のどちらに出場するかを選択する。
  • 日本選手権対象大会を2つ増やす。当該大会は次の2大会。
日本選手権対象大会
JABA日立市長杯選抜野球大会
JABAベーブルース杯争奪大会
なお上述2大会は近年プロ野球2軍チームが出場しているが(前者は主としてイースタン・リーグ在籍球団、後者は中日ドラゴンズ)、当該チームが優勝した場合は準優勝したチームが所属している地区の最終予選通過チーム数を1つ増やすが、準優勝チームそのものが振り替え出場できるというわけではない。
  • 日本選手権対象大会の試合形式を統一し、予選でリーグ戦を行い、上位チームによるトーナメントで優勝チームを決定する。これにより、遠征による費用対効果を高める。

出場チーム編集

(第38回大会のもの。かっこ内はチーム数)

  • 都市対抗野球大会優勝チーム (1)
  • 全日本クラブ野球選手権大会優勝チーム (1)
  • 主要地区連盟主催大会優勝チーム (11)
  • 最終予選勝ち上がりチーム
    • 北海道地区 (1)
    • 東北地区 (1)
    • 北信越地区(新潟・長野・富山・石川・福井) (1)
    • 関東地区 (4)
    • 東海地区 (静岡・愛知・岐阜・三重) (3)
    • 近畿地区 (4)
    • 中国地区 (2)
    • 四国地区 (1)
    • 九州地区 (2)

予選編集

上記のとおり、都市対抗野球大会、全日本クラブ野球選手権大会、地区連盟主催大会が本大会の予選として位置づけられるほか、各地区で行われる最終予選を勝ち上がると本大会に出場する。2010年の第37回大会から施行される日本選手権改革の一環として、最終予選の出場権は原則として企業チームまたはこれに準じるチームに限られる。

組み合わせ抽選編集

都市対抗野球と異なり、抽選会は大阪市内において非公開で行われる。

開会式編集

閉会式編集

  • 決勝戦終了後、優勝旗の贈呈、最優秀選手や大会優秀選手の表彰等が試合に引き続いて行われる。
  • 優勝旗は巨大なダイヤモンドがモチーフのデザインが施されていることから、「ダイヤモンド旗」と呼ばれる(都市対抗野球の黒獅子旗参照)。優勝チームは翌シーズン1年間、ユニフォームの袖に優勝旗と同じ意匠のエンブレムをつけることができる(2007年のトヨタ自動車が第1号)。また、大会を開催する自治体のより寄贈トロフィー(1997年以後、大阪市市長賞)が贈られる。
※ダイヤモンド旗、大阪市長賞トロフィーは持ちまわり賞品

歴代優勝チーム等編集

(最優秀選手はすべて優勝チームの所属)

開催球場 出場チーム数 優勝チーム 最優秀選手賞
北海道 東北 北信越 関東 東海 近畿 中国 四国 九州 都市対抗 クラブ 地区大会
1 1974年 阪神甲子園球場 22 2 2 2 3 2 5 2 2 2 三協精機製作所 大塚貴代美
(投手)
2 1975年 阪神甲子園球場 22 2 2 2 3 2 5 2 2 2 鐘淵化学 宮田典計
(投手)
3 1976年 阪神甲子園球場 22 2 2 2 3 2 5 2 2 2 新日本製鐵名古屋 水谷啓昭
(投手)
4 1977年 阪神甲子園球場 22 2 2 2 3 2 5 2 2 2 住友金属 森繁和
(投手)
5 1978年 阪神甲子園球場 22 2 2 2 3 2 5 2 2 2 北海道拓殖銀行 高岡茂夫
(内野手)
6 1979年 阪神甲子園球場 22 2 2 2 3 2 5 2 2 2 住友金属 高橋修二
(投手)
7 1980年 大阪球場 22 2 2 2 3 2 5 2 2 2 日本鋼管福山 田村忠義
(投手)
8 1981年 大阪球場 24 2 2 2 4 2 6 2 2 2 富士重工業 向田佳元
(投手)
9 1982年 大阪球場 24 2 2 2 4 2 6 2 2 2 ヤマハ発動機 鈴木政明
(投手)
10 1983年 大阪球場 24 2 2 2 4 2 7 2 1 2 住友金属 高橋修二
(投手)
11 1984年 大阪球場 24 2 2 2 4 2 6 2 2 2 住友金属 高橋修二
(投手)
12 1985年 大阪球場 24 2 2 2 4 2 6 2 2 2 本田技研 伊東昭光
(投手)
13 1986年 大阪球場 24 2 2 2 4 2 6 2 2 2 NTT東海 笠井孝志登
(投手)
14 1987年 大阪球場 24 2 2 2 4 2 6 2 2 2 中山製鋼所 藤野悦勝
(投手)
15 1988年 大阪球場 24 2 2 2 4 2 6 2 2 2 東芝 南渕時高
(内野手)
16 1989年 大阪球場 24 2 2 2 4 2 6 2 2 2 住友金属 尾山敦
(投手)
17 1990年 グリーンスタジアム神戸 26 2 2 2 5 3 6 2 2 2 日本生命 新谷博
(投手)
18 1991年 グリーンスタジアム神戸 26 2 2 2 5 3 6 2 2 2 日本石油 鈴木健
(投手)
19 1992年 グリーンスタジアム神戸 26 2 2 2 5 3 6 2 2 2 東芝 三原昇
(投手)
20 1993年 グリーンスタジアム神戸 26 2 2 2 5 3 6 2 2 2 住友金属 尾山敦
(投手)
21 1994年 グリーンスタジアム神戸 26 2 2 2 5 3 6 2 2 2 日本通運 松田訓
(内野手)
22 1995年 グリーンスタジアム神戸 26 2 2 2 5 3 6 2 2 2 三菱自動車川崎 玉木重雄
(投手)
23 1996年 グリーンスタジアム神戸 26 2 2 2 5 3 6 2 2 2 住友金属 宮内洋
(内野手)
24 1997年 大阪ドーム 26 2 2 2 5 3 7 2 1 2 三菱重工神戸 新井正広
(投手)
25 1998年 大阪ドーム 26 2 2 2 5 3 7 2 1 2 NTT関東 阿久根鋼吉
(内野手)
26 1999年 大阪ドーム 26 2 2 2 5 3 7 2 1 2 シダックス 田中善則
(内野手)
27 2000年 大阪ドーム 26 2 2 2 5 3 7 2 1 2 松下電器 愛敬尚史
(投手)
28 2001年 大阪ドーム 26 1 2 1 6 4 7 2 1 2 三菱重工長崎 後藤隆之
(投手)
29 2002年 大阪ドーム 26 1 2 1 6 4 7 2 1 2 日本生命 佐藤充
(投手)
30 2003年 大阪ドーム 26 1 2 1 6 4 7 2 1 2 日産自動車 伊藤祐樹
(内野手)
31 2004年 大阪ドーム 26 1 2 1 6 4 7 2 1 2 JFE西日本 田中敬人
(投手)
32 2005年 大阪ドーム 26 1 2 1 6 4 7 2 1 2 松下電器 山本隆之
(投手)
33 2006年 京セラドーム大阪 28 1 2 1 6 4 7 2 1 2 1 1 富士重工業 阿部次男
(コーチ兼任投手)
34 2007年 京セラドーム大阪 32 1 1 1 4 3 6 2 1 2* 1 1 9 トヨタ自動車 服部泰卓
(投手)
35 2008年 京セラドーム大阪 32 1 1 1 4* 3 6 2 1 2 1 1 9 トヨタ自動車 大谷智久
(投手)
36 2009年 京セラドーム大阪 32 1 1 1 4** 3 6** 2 1 2 1 1 9 JR九州 濱野雅慎
(投手)
37 2010年 (1回戦)
日立岡崎京都倉敷
(2回戦以後)
京セラドーム大阪
32 1 1 1 4 3* 4 2 1 2 1 1 11 トヨタ自動車 岩崎司
(投手)
2011年 東北地方太平洋沖地震の影響により中止[7] [6] [8]
38 2012年 京セラドーム大阪 32 1 1 1 4* 3 4 2 1 2 1 1 11 JX-ENEOS 大城基志
(投手)
39 2013年 京セラドーム大阪 32 1 1 1 4** 3* 4 2 1 2 1 1 11 新日鐵住金かずさマジック 岡本健
(投手)
40 2014年 京セラドーム大阪 34 1 2 1 4 3* 5 2 1 2 1 1 11 トヨタ自動車 佐竹功年
(投手)
41 2015年 京セラドーム大阪 32 1 1 1 4 3 4** 2 1 2 1 1 11 日本生命 古川昌平
(捕手)
42 2016年 京セラドーム大阪 32 1 1 1 4* 3* 4 2 1 2 1 1 11 ヤマハ 池田駿
(投手)
43 2017年 京セラドーム大阪 33 1 2 1 5* 3 5 2 1 2 1 1 10 トヨタ自動車 多木裕史
(外野手)

(表中「東海」は第16回大会までは中部地区、「北信越」は第16回大会までは東海北陸地区)
(表中*のついた数字は、対象大会複数優勝等の理由により予選出場枠がアステリスクの数だけ拡大したことを示す。詳細は各大会の記事参照)

放送での中継編集

  • 2010年までは、NHK教育テレビジョンで決勝戦の模様を中継(原則生中継だが、編成の都合上録画放送または試合途中からの放送となる場合あり)で放送していた。都市対抗の決勝戦がNHK BS1で中継されていることから、社会人野球の公式戦が全国ネットの地上波放送でオンエアされる唯一の試合であった。
但し2008年は決勝戦当日(11月23日)、地上波では関東大学ラグビー対抗戦グループ早慶戦(教育)、大相撲中継(九州場所 総合)が行われており、時間枠の都合が付かないためBS1で放送された。よってこの年は都市対抗との2大大会ともNHK BS1の独占放送であった。
大会日程の見直しにより2012年からは決勝が平日ナイターとなったため、地上波での放送はなく、BS1のみとなった。
  • GAORAでは準決勝以後を生中継していた。2013年からはJ SPORTSが準々決勝以後7試合を中継した[9]

都市対抗野球との異同編集

  • 都市対抗野球では補強選手制度があるが、日本選手権ではこの制度がない。よって、日本選手権の異名として単独チーム日本一決定戦がある。
  • 都市対抗野球同様、1・3塁側の客席最前列に応援団用の特設ステージが設けられる。ただし、都市対抗野球で行われる応援団コンクールは日本選手権では行われず[10]、都市対抗野球ほどの応援団を結成しないチームも多い。
    • 閉会式の入場行進曲は、同じ毎日新聞社主催のためか同年度のセンバツ高校野球のそれと全く同じ曲が用いられる。また、閉会式の優勝旗授与の際の演奏曲も、センバツ同様「栄光」(永野慶作作曲のオリジナル曲)が演奏される(但し、どちらもブラスバンドによる生演奏ではなく録音されたものの再生)。
  • 都市対抗野球では全席が入場可能であるが、日本選手権では基本的に外野席には客を入れず、内野席が埋まったときのみ開放する。内野上段席も同様。
  • 都市対抗野球では選手名鑑を兼ねた大会ガイドブックが書店で販売されるが、日本選手権の選手名鑑は会場での頒布に限られる。
  • 日本選手権の最終予選出場枠は全国9つの地区連盟ごとに割り当てられているが、都市対抗野球では関東が4つ(北関東・南関東・東京・西関東)に細分化されている。
  • 都市対抗野球では1回戦から準々決勝までの28試合を消化するに当たり、1日3試合(開幕日のみ1試合)のペースで試合を進めることから大会が12日間にわたり行われるが、日本選手権では開幕日から8日目まで3試合を消化し、準々決勝4試合を1日で行う。そのため日本選手権は都市対抗野球に比べ1日短い11日間で行われる。

その他編集

脚註編集

  1. ^ 1980年だけ日本で行われた第26回世界アマチュア野球選手権大会(現ワールドカップ選手権大会)が8月に開催された都合で、5月開催に繰り上げられた。代わりとして第51回都市対抗野球大会が11月に施行された。
  2. ^ 2007年(第34回大会)は、大会会期の直前に第37回IBAFワールドカップが行われ、同年の都市対抗で活躍した選手を中心に日本代表が編成された。その結果、ワールドカップ期間中に日本選手権1回戦が行われ、日本選手権に代表選手を輩出したチームは代表選手抜きで1回戦を戦うことを余儀なくされた。
  3. ^ 2010年(第37回大会)は、大会期間中にアジア大会が開催され、社会人を中心に日本代表が編成された。日程が重複し、代表選手は1回戦のみ出場する。
  4. ^ 2011年度JABA公式大会開催について 日本野球連盟理事会決定事項 JABAプレスリリース 2011年3月25日告示
  5. ^ 2011年第82回都市対抗野球大会開催以降、オリックスのポストシーズン進出が決まった場合には都市対抗、日本選手権の日程を変更することがある旨あらかじめアナウンスされているが、今のところオリックスがポストシーズンに進出していないため予定どおり大会が開催されている。
  6. ^ a b 仮に予定通り行われれば第1ステージは関東・東海・近畿・四国・九州(球場は日立・岡崎・わかさ京都と香川・レクザムスタジアム北九州市民球場)の5箇所(レクザムと北九州は各2試合(1日で行うのか、2日に分けて1試合ずつかは未定)、他は従前と同じ1日2試合ずつ2日間)に分割しての開催を予定していた
  7. ^ 8月開幕予定であった第82回都市対抗野球大会が秋に延期され、秋に開催予定であった本大会が中止された。このため日本選手権を第82回都市対抗を兼務する形で10月に京セラドームで行い、同大会優勝チームを本年度日本選手権者の扱いとすることも発表されているが、日本選手権大会の通算大会回数にはカウントされない
  8. ^ また、都市対抗が関東地方以外で開催されるのは史上初。
  9. ^ 2014年からは都市対抗野球大会も一部を除き全試合生中継するようになった。なお決勝戦は都市対抗共々、BS1と並列で放送するが、BS1が生中継する関係で、J SPORTSでは当日のニアライブ配信となる
  10. ^ 一時期同様の趣旨で1~2チームに主催者が表彰していた時期があったが定着せず、現在では表彰制度自体存在しない。

関連項目編集