社会経済史学会(しゃかいけいざいしがっかい、英語: The Socio-Economic History Society[1][2])は、日本学術研究団体の一つ。

概要編集

1930年12月27日設立[1]。学術研究団体としての種別は単独学会[1]

経済学を学術研究領域としている[1]経済史研究者および周辺分野の研究者を組織し、相互の研究連絡および情報交換を活発に行うことにより、社会経済史学の発展を期して設立された[1]

国内においては日本経済学会連合に、国際学術連合体としては国際経済史協会に加入している[1]

沿革編集

  • 1930年 - 社会経済史学会発足。

刊行物編集

社会経済史学編集

  • 誌名(和文):社会経済史学
  • 誌名(欧文):SOCIO-ECONOMIC HISTORY
  • 創刊年:1931
  • 資料種別:ジャーナル(査読付き論文を含む)
  • 使用言語:日本語(英文抄録あり)
  • 発行形態:-
  • 著作権帰属先:-
  • クリエイティブコモンズ:-
  • 購読:-

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 機関詳細 - 社会経済史学会”. 学会名鑑. 2021年6月17日閲覧。
  2. ^ 学会HP”. 社会経済史学会. 2021年6月17日閲覧。

参考文献編集

  • 日本学術協力財団 編 『学会名鑑 2007-2009年版』 日本学術協力財団、2007年。ISBN 4939091074 

外部リンク編集