メインメニューを開く

社会言語学(しゃかいげんごがく、英語:sociolinguistics)は、言語コミュニケーション人間文化社会との関わりで見ようとする応用言語学の一分野[1]

目次

概要編集

例えば、話者の生活する地域階級性別、など様々な社会的要因との相関で言語の多様性を見ようとするマクロ的なアプローチと共に、会話などのコミュニケーションを社会的な営みととらえ、そのやりとりを分析の対象とするミクロ的なアプローチもある。

地域に関しては、特に方言学という名前のもとに研究がされてきた。

現在、社会言語学の名のもとでおこなわれている研究の内容はきわめて多様である。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 社会言語科学会HPより

関連項目編集

外部リンク編集