社稷洞 (鐘路区)

ソウル特別市鐘路区にある法定洞

社稷洞(サジクトン、: 사직동Ko-sajikdong.oga 発音[ヘルプ/ファイル])は、ソウル特別市鐘路区に位置する行政洞である。政府総合庁舎などの主要行政機関、金融機関などが集まる中心地である。また、ソウル社稷壇や、慶熙宮などの歴史的文化財なども多数あり、現代社会と自然、文化が融合した場所である。

鐘路区 社稷洞
位置
各種表記
ハングル: 사직동
漢字: 社稷洞
片仮名転写: サジク=ドン
ローマ字転写 (RR): Sajik-dong
統計(2012年
面積: 1.23 km2
総人口: 10,477[1]
男子人口: 4,923[1]
女子人口: 5,554[1]
人口密度: 8,518 人/km2
世帯数: 4,574[1] 世帯
行政
国: 大韓民国の旗 大韓民国
上位自治体: 鐘路区
行政区域分類コード: 1111053000
自治体公式サイト: 社稷洞
テンプレートを表示

洞名の由来編集

朝鮮時代に設置された社稷壇があることから、社稷洞という名前になった。

歴史編集

朝鮮初期には漢城府西部仁達坊地域だった。1914年には昌平洞・武徳門・社稷洞・朴井洞の各一部を統合して社稷洞にした。1936年に社稷町に変わった。1943年には出張所制度を廃止する代わりに区制度を実施、鐘路区に編入されて、1946年また社稷洞に戻った。

法定洞編集

社稷洞管轄の法定洞は以下のとおりである。[2]

  • 通義洞(トンイドン)
  • 積善洞(チョクソンドン)
  • 体府洞(チェブドン)
  • 弼雲洞(ピルンドン)
  • 内資洞(ネジャドン)
  • 社稷洞(サジクトン)
  • 都染洞(トリョムドン)
  • 唐珠洞(タンジュドン)
  • 内需洞(ネスドン)
  • 世宗路(セジョンノ)
  • 新門路1街(シンムンノイルガ)
  • 新門路2街(シンムンノイガ)

交通編集

鉄道編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 鐘路区 > 行政情報 > 統計情報 > 2012年 四半期 住民登録人口(2012年12月31日現在)
  2. ^ 鐘路区 > 鐘路紹介 > 鐘路区案内 > 洞住民センター