メインメニューを開く

祈り」(いのり)は、日本のシンガーソングライターである長渕剛の3枚目のシングル曲である。

祈り
長渕剛シングル
初出アルバム『逆流
B面 「恋のランデブー」
リリース
規格 7インチレコード
ジャンル ポピュラー
フォークソング
時間
レーベル 東芝EMI/エキスプレス
作詞・作曲 長渕剛
チャート最高順位
長渕剛 シングル 年表
俺らの家まで
1979年
祈り
(1979年)
春待気流
1980年
逆流 (アルバム) 収録曲
テンプレートを表示

長渕の実体験に基づかれて製作された楽曲であり、初期ライブにて演奏されていたが後年になりライブで演奏される事はなくなった。中間に別パートが挿入されるバージョンが『長渕剛LIVE』(1981年)に収録されている。

オリコンチャートでの最高位は55位となっている。

背景編集

曲中に女性が天へと帰っていく描写があるが、これは長渕自身の実体験に基づいて描かれている。当時大学へと入学し、実家のある鹿児島から福岡へ転居していた長渕は、交際していた三歳下の女性とアパートで同棲生活を送っていた[1]。しかし、その事が噂となり、遂には母親の耳に入ってしまう。自堕落な生活を心配した母は長渕と女性を強引に別れさせてしまう[1]

その後、その女性との連絡は途絶えたまま長渕は上京し、「巡恋歌」(1978年)によってデビューし多忙な日々を送っていた。その頃、その女性が上京し、東京に住んでいる事が判明する[1]。連絡を取った長渕は、友人としてその女性と月に一度程度会うようになっていたが、後日その女性が事故死してしまったと聞かされる[1][2]。ショックを受けた長渕は、その後何もかも手に付かなくなり、しばらくは女性と交際する事も出来なくなってしまう[2]

そのような経緯からこの楽曲は作られ、当時のディレクターは「若いのに何故こんなに深いラブソングが書けるのかと感心しました。後で実話と知って納得しましたが」と発言している[2]

音楽性編集

亡くなってしまった恋人に対する惜別の歌。制作段階では一部異なり、間奏の合間に異なるメロディーのパートが存在したが、削除されている。そのバージョンはライブ・アルバム『長渕剛LIVE』(1981年)で聞く事が出来る。

音楽情報サイト『CDジャーナル』では、「長渕の得意とする、儚さたっぷりの悲恋歌」と表記されている[3]

リリース編集

1979年7月5日東芝EMI/エキスプレスよりリリースされた。

初期のライブで演奏され、ベストアルバムにも収録されていたが、後年演奏されることもなくなり、長らくベストアルバムにも収録されていなかった。しかし、『SONGS』(2008年)において初めて再録音されたバージョンが収録された。

B面曲の「恋のランデブー」は、「祈り」とは打って変わり、女性を口説き落とそうとする男の歌である。アルバムには未収録となった。

プロモーション編集

本作に関連するテレビ出演としては、日本テレビ系音楽番組『コッキーポップ』(1977年 - 1982年)に1979年7月22日に出演し「風は南から」、「訣別」、「夏まつり[4]」、「祈り」、また八神純子との共演で「ポーラー・スター」を演奏した。

批評編集

専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典評価
CDジャーナル肯定的[3]

音楽情報サイト『CDジャーナル』では、「愛が終わってしまった悲しみ、悔やんでも悔やみ切れない男の嘆きを、つぶさに表現することに成功している。寂しさの念を壮大に描く、ストリングスも聴きどころ」と評されている[3]

チャート成績編集

オリコンチャートでは最高位55位、登場回数16回となり、売り上げ枚数は5.8万枚となった。

シングル収録曲編集

全作詞・作曲: 長渕剛。
#タイトル作詞作曲・編曲編曲時間
1.祈り長渕剛長渕剛佐藤準
2.恋のランデブー長渕剛長渕剛石川鷹彦
合計時間:

収録作品編集

スタジオ音源
ライブ音源
  • 『長渕剛LIVE』収録。1980年のツアーでの歌唱バージョンで、間奏の間に一部異なるメロディーと歌詞が追加されている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 長渕剛「レコードとコンサート・・・・・・日本中を走り続けた日々」『俺らの旅はハイウェイ』八曜社、1981年、233 - 251頁。ISBN 9784827000573
  2. ^ a b c 矢吹光「第2章 対決!両雄黄金の経歴」『長渕剛 VS 桑田佳祐』三一書房、1995年3月31日、97頁。ISBN 9784380952227
  3. ^ a b c 長渕剛 / シングルスvol.1(1978~1982) [2CD]”. CDジャーナル. 音楽出版. 2019年1月20日閲覧。
  4. ^ 後に「夏祭り」と改題された。

外部リンク編集