メインメニューを開く

祐天寺(ゆうてんじ)は、東京都目黒区中目黒五丁目にある浄土宗寺院である。山号は明顕山。本尊は祐天上人像(本堂安置)と阿弥陀如来坐像(寄木造、阿弥陀堂安置)[1][2]。現在の本堂は、元々は常念仏堂として建立された堂宇を再建したものである。

祐天寺
YutenjiHatsumoude.jpg
本堂
所在地 東京都目黒区中目黒五丁目24番53号
位置 北緯35度38分10.8秒
東経139度41分47.9秒
座標: 北緯35度38分10.8秒 東経139度41分47.9秒
山号 明顯山
明顕山
院号 善久院
宗派 浄土宗
本尊 祐天上人像
阿弥陀如来
創建年 1718年享保3年)
開山 祐天勧進開山
開基 祐海
正式名 明顯山善久院祐天寺
公式HP 明顕山祐天寺
法人番号 7013205000162
テンプレートを表示

沿革編集

享保3年の春ごろから増上寺36世住持の祐天の体調が悪化したため、弟子の祐海は祐天が常念仏を行える廟所を探す。しかし同年7月15日1718年8月11日)に祐天が亡くなる。

祐天が廟所を目黒の地に建立する事を望んでいたこともあり、祐海は同じ目黒にある善久院を百両で購入し住職となる。損傷の激しい善久院に祐天の廟所と常念仏堂を建立再興した。

享保8年(1723年)1月13日、祐天寺の寺号が正式に許可される。[3]

祐天を開山とし、祐海は第2世となる。境内に柳原愛子大正天皇の生母)の墓がある。

境内編集

墓地は二カ所に分かれている。

文化財編集

国の登録有形文化財
  • 本堂
  • 書院
  • 地蔵堂
  • 地蔵堂門
  • 表門
  • 水屋
区指定有形文化財
  • 仁王門
  • 阿弥陀堂
  • 絹本著色阿弥陀三尊来迎図
  • 絹本著色当麻曼荼羅図・祐天上人像
  • 絹本著色阿弥陀如来像(裏面 飛天散華図)
  • 木造祐海上人坐像

交通アクセス編集

参考画像編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『全国寺院名鑑 北海道・東北・関東編』(史学センター、1976)、p.320の祐天寺の項に本尊は祐天上人と阿弥陀如来とある。本尊については単に「祐天上人」とする資料もある(『日本歴史地名大系 東京都の地名』、平凡社、2002、p.738、など)。
  2. ^ 伊藤 丈. “阿弥陀堂建立の記”. 2010年5月14日閲覧。伊藤 丈. “祐天寺の開創(一) 祐天上人真像晋山”. 2010年5月14日閲覧。伊藤 丈. “祐天寺の開創(二) 本堂新建造立”. 2010年5月14日閲覧。
  3. ^ 玉山成元. “祐天寺のなりたち”. 2010年5月14日閲覧。
  4. ^ 美術出版社 2001, p. 81.

参考文献編集

  • 美術出版社 (2001), 全国・寺社仏像ガイド, 美術出版社 

外部リンク編集