メインメニューを開く

祖父江 孝男(そふえ たかお、1926年11月5日 - 2012年12月15日)は、日本文化人類学者国立民族学博物館名誉教授。

そふえ たかお
祖父江孝男
生年月日 (1926-11-05) 1926年11月5日
没年月日 (2012-12-15) 2012年12月15日(86歳没)
出生地 日本の旗日本
職業 文化人類学者
活動期間 1977年 - 2012年
テンプレートを表示

経歴編集

アラスカエスキモーを専門とする文化人類学者で国立民族学博物館の創設に参画。

新書で刊行した『県民性』がベスト・ロングセラーとなり、一般的には日本人論者として知られる。選択的夫婦別姓制度に賛同する。

2012年12月15日、虚血性心不全のため自宅にて没した。86歳没。

著書編集

  • 『行動する人間』 日本評論新社 1959 (科学ノート人間の解明)
    • 『文化人類学のすすめ 行動する人間』 講談社学術文庫 1978
  • 『エスキモー人 日本人の郷愁をさそう北方民族』 光文社カッパブックス 1961
  • 『ハワイ』 講談社・原色写真文庫 1967
  • 『県民性 文化人類学的考察』 中公新書 1971
  • 『アラスカ・エスキモー』 社会思想社・現代教養文庫 1972
  • 『文化とパーソナリティ』 弘文堂 1976
  • 『文化人類学入門』 中公新書 1979、増補改訂版1990
  • 『文化人類学 世界の民族と日本人』 放送大学教育振興会 1986、新版1991(放送大学教材)
  • 『日本人の国際性 その構造分析』 くもん出版 1989(くもん選書)
  • 『出身県でわかる人柄の本 日本人の常識』 同文書院「快楽脳叢書」 1993
    • 改訂版 『県民性の人間学』 新潮社「新潮OH!文庫」 2000/ちくま文庫 2012

共編著編集

  • 国民の心理 日本人と欧米人 我妻洋共著 講談社ミリオン・ブックス 1959
  • 文化人類学 蒲生正男共編 有斐閣双書 1969
  • 変動期の日本社会 その構造と意識の分析 飽戸弘富永健一共編 日本放送出版協会 1972 (NHK市民大学叢書)
  • 企業革新の哲学 阿部実、山田雄一共編 総合労働研究所 1974
  • レジャーの構造 日本経済新聞社 1974 (人間とレジャー 4)
  • 日本人と教育 唐沢富太郎平井信義共編 帝国地方行政学会 1974
  • 職場青年の心理学 青年よ不安をいだけ 早坂泰次郎、山田雄一共編 有斐閣選書 1975
  • 現代の日本語 柴田武徳川宗賢共著 三省堂選書 1977
  • 文化人類学事典 共編 ぎょうせい 1977
  • 国立民族学博物館 諸民族の文化を目で見るガイドブック 梅棹忠夫共編 講談社 1979
  • 日本人の構造 至文堂 1980
  • 暮らしの美意識 現代日本文化における伝統と変容 1 杉田繁治共編 ドメス出版 1984
  • 日本人はどう変わったのか 戦後から現代へ NHKブックス:日本放送出版協会 1987
  • アジアの社会 稲とくらし 放送大学教育振興会 1988(放送大学教材)
  • 稲からみたアジア社会 放送大学教育振興会 1988
  • 日本人の国際化にみる特質 木田宏共著 統計研究会 1991
  • 人間を考える 学際的アプローチ 放送大学教育振興会 1992
  • 日本の教育力 梶田正巳共編 金子書房 1995
  • 無答責と答責 戦後五〇年の日韓関係 寿岳章子共編 御茶の水書房 1995
  • 文化人類学 世界の民族と日本人 原尻英樹共編 放送大学教育振興会 1996

翻訳編集

  • 人間科学入門 青柳清孝、青柳真智子共訳 学習研究社 1965
  • 文化人類学リーディングス 編訳 誠信書房 1968
  • 人間を考える 人類学的考察 ピエール・A.ラドワンスキー 香原志勢共訳 南雲堂 1970

論文編集

参考文献編集

  • 祖父江孝男 『文化人類学入門』 中公新書

脚注編集