神代直人

神代 直人(こうじろ なおと、生年不詳 - 明治2年(1869年))は、江戸時代末期(幕末)の長州藩士。萩藩無給通中船頭三十二石六斗神代一平の嫡男。

生涯編集

周防国吉敷郡大道で生まれた。

剣の流派は不詳である。大楽源太郎西山塾で学び、狂信的な攘夷論者となる。初めは高杉晋作の暗殺を計画したが、高杉が彼を避けたこともあり、果たせなかった。慶応元年(1865年)1月の御楯隊名簿に相図方として名が見えるが、その後脱走している。

その後、明治政府が洋式軍政改革を行うとこれに反発し、明治2年(1869年)に改革を指導していた大村益次郎暗殺。その後はしばらく豊後姫島に潜伏していたが、師である大楽源太郎が政府から嫌疑をかけられている事を知ると周防へ戻り、捕吏が来る前に自害したとも捕縛されて斬首されたともされる。海江田信義と親しくしていたという。

登場する作品編集

小説
ドラマ