神奈川大学体育会硬式野球部

神奈川大学体育会硬式野球部(かながわだいがくたいいくかいこうしきやきゅうぶ、kanagawa University Baseball Club)は、神奈川大学野球連盟に所属する大学野球チーム。神奈川大学の学生によって構成されている。OB組織もある。モットーは、「文」と「武」は決して切り離せるものではなく、また、両立させるというものでもないとして「文武一道」。[1]

歴史編集

神奈川大学硬式野球部の歴史は、前身の横浜専門学校時代の1929年(昭和4年)創部に始まる、1930年(昭和5年)に「全国専門学校野球大会」に初出場。1934年(昭和9年)にY専(現・横浜市立大学)と第1回の定期戦が行われている。[2]

  • 1928年(昭和3年) 神奈川大学の前身である横浜学院 開設
  • 1929年(昭和4年) 横浜専門学校に改称 横浜専門学校野球部 創部
  • 1949年(昭和24年) 神奈川大学 誕生
  • 1949年(昭和24年) 横浜四大学野球連盟設立(初期の加盟校は横浜国立大学横浜市立大学、神奈川大学、関東学院大学)。
  • 2003年(平成15年) 第34回明治神宮野球大会 準優勝
  • 2007年(平成19年) 古川祐一監督就任
  • 2009年(平成21年) 古川監督 大学野球日本代表コーチ就任
  • 2010年(平成22年) 第41回明治神宮野球大会 ベスト4
  • 2014年(平成26年) 第63回全日本大学野球選手権大会 準優勝[3]
  • 2015年(平成27年) 第64回全日本大学野球選手権大会 ベスト4

本拠地編集

神奈川県横浜市緑区台村町800 神奈川大学中山グラウンド

ユニフォーム編集

以前はチームカラーは紺色または黒色を主体として、グレー地で胸に「JINDAI」と記され、90年代中盤以降は文字の回りにはスクールカラーでもあるプラウドブルーに近い青色のアクセント、左肩にはKUのロゴがあった。
2019年からは上がプラウドブルー地で胸にKUのロゴ、下は白ベースに変更された。

応援編集

関連人物編集

役員・監督・コーチ編集

  • 田上 繁 -部長
  • 小向 亘 -副部長
  • 岸川 雄二 -監督
  • 玉城 秀一 -コーチ
  • 増田 仁 -コーチ
  • 保坂 彰茂 -コーチ
  • 後藤 喜多郎 -マネジメントコーチ
  • 胡麻 裕宜 -マネジメントコーチ
  • 山口 厚樹 -アドバイザー
  • 長壁 慶司-トレーナー
  • 屋鋪要 -2014年から神奈川大学の硬式野球部の臨時コーチに就任した。元大洋ホエールズの野手(スーパーカートリオの一人)1986年から1988年まで3年連続盗塁王

出身者編集

脚注編集

外部リンク編集