メインメニューを開く

神奈川大学短期大学部(かながわだいがくたんきだいがくぶ、英語: Kanagawa University, Junior college[2])は、神奈川県横浜市神奈川区六角橋3-27-1に本部を置いていた日本私立大学である。1950年に設置。学生募集は1999年度まで[3]翌年度より神奈川大学への統合により短期大学は学生募集を停止し、2002年12月19日 正式廃止[4]

神奈川大学短期大学部
大学設置/創立 1950年
廃止 [[{{{廃止年}}}]]
学校種別 私立
設置者 学校法人神奈川大学
本部所在地 神奈川県横浜市神奈川区六角橋3-27-1
学部 法学科第二部
商学科
  第一部
  第二部
機械科第二部[1]
電気科第二部[1]
研究科 商学専攻
テンプレートを表示

概要編集

大学全体編集

  • 神奈川大学短期大学部は1950年、既設の神奈川大学に併設された日本私立短期大学。当初は4つの学科を擁していたが、後に2つに減少した。

教育および研究編集

  • 神奈川大学短期大学部には商学科と法学科が設置されていたが、「建築学」や「インテリアデザイン」・「レクレーション論」といった専門科目外の科目も開講されていた[5]

学風および特色編集

  • 神奈川大学短期大学部には夜間部が設置されており、横浜市や神奈川県職員が短大卒資格取得のために入学した人も多かった。
  • 夜間部は男子学生が多かったが、それとは対照的に昼間部は女子が多かった。

沿革編集

  • 1950年 神奈川大学短期大学部 開学。以下の学科を置く。
    • 法学科第二部
    • 商学科第一部・第二部
    • 機械科第二部
    • 電気科第二部
  • 1999年度をもって学生募集を終了[3]
  • 2002年12月19日 正式廃止[4]

基礎データ編集

所在地編集

  • 神奈川県横浜市神奈川区六角橋3-27-1

教育および研究編集

組織編集

学科編集

専攻科編集

別科編集

  • なし

取得資格について編集

研究編集

  • 論文多数あり[2]

学生生活編集

部活動・クラブ活動・サークル活動編集

  • 神奈川大学短期大学部には、短大独自のものはなく体育系・文化系とも神大(じんだい)と混合となっていたようである。第二部の学生は夜間に授業を受けていたことからクラブ活動は主に日中に行っていたものと思われる。

学園祭編集

  • 神奈川大学短期大学部では、神大(じんだい)横浜キャンパスの大学生と混合で行われていたものとみられる。

大学関係者と組織編集

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

歴代学長

在籍教授

施設編集

キャンパス編集

  • キャンパスは、横浜市神奈川区内にある神奈川大学横浜キャンパス内にあった。
  • 設備:かつて14号館いわゆる「短大研究棟」が短大独自の建物となっていた[5]

対外関係編集

卒業後の進路について編集

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 1958年度入学生を最後に募集を停止。1960年3月31日廃止。以後第二工学部の各学科に移行。
  2. ^ a b CiNiiより。
  3. ^ a b 法学科第二部・商学科第一部・第二部のみ。
  4. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』270頁より。
  5. ^ a b c d 1999年度用入学案内より。
  6. ^ a b c d 1958年5月1日時点での学生数。昭和34年度版『全国学校総覧』22頁より
  7. ^ 語学系以外で、この種の免許が取得できる学科のある短期大学は全国でも有数であった。
  8. ^ a b c d e f 教員養成課程認定大学短期大学一覧』(1955年)60頁より。

関連項目編集

関連サイト編集