メインメニューを開く

神奈川県立商工高等学校

神奈川県立商工高等学校(かながわけんりつ しょうこうこうとうがっこう)は、神奈川県横浜市保土ケ谷区にある県立の専門高等学校。通称は「県商工」もしくは「商工

神奈川県立商工高等学校
Kanagawa-Shoko highschool.jpg
過去の名称 神奈川県立商工実習学校
国公私立の別 公立学校
設置者 神奈川県の旗 神奈川県
設立年月日 1920年4月1日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 総合ビジネス科
総合技術科
学期 3学期制
高校コード 14112H
所在地 240-0035
神奈川県横浜市保土ケ谷区今井町743

北緯35度27分4.1秒 東経139度33分12.4秒 / 北緯35.451139度 東経139.553444度 / 35.451139; 139.553444座標: 北緯35度27分4.1秒 東経139度33分12.4秒 / 北緯35.451139度 東経139.553444度 / 35.451139; 139.553444
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

設置学科編集

  • 全日制課程(~2012年度)過去には2クラス編成の学科もあった
    • 商業科
    • 情報処理科
    • 国際経済科
    • 機械科
    • 電気科
    • 化学科
  • 全日制課程(2013年度~)
    • 総合ビジネス科(商業)
      • 会計コース・情報コース・流通コース・ビジネス応用コース
    • 総合技術科(工業)
      • 機械コース・電気コース・化学コース・理工応用コース

2017年(平成29 年度)から1年生はこれまでの6クラスから8クラス(1クラス29名の少人数クラス)展開に変更。2年生以降は学科別・系別の7クラス編成となる。

改編について編集

  • 2010年平成22年)4月に総合学科(単位制)高校に改編され、改編後は情報デザイン・メカトロニクス・環境科学・国際ビジネス・人文社会分野の5系列が設置される予定となっていた。それに伴い校名の変更も検討されていた。しかし、2008年(平成20年)10月に耐震化対策として補強工事等を優先するため、当分の間、改編が先送りされることが発表された[1]

沿革編集

      設置学科 全日制:商業・工業(機械・電気・工業化学)

           定時制:工業(機械・電気)

  • 1950年昭和25年)第32回全国高等学校野球選手権大会に神奈川県代表として出場。
  • 1974年(昭和49年)3月18日 保土ケ谷区に新校舎完成、移転
  • 1974年(昭和49年)4月1日 全日制課程に情報処理科新設
  • 1980年(昭和55年)3月31日 定時制課程廃止
  • 1988年(昭和63年)4月1日 学科改編により工業化学科を化学科に改称
  • 1992年(平成4年)10月31日 国際経済科新設
  • 2013年(平成25年)4月1日 学科改編により総合ビジネス科・総合技術科開校
  • 2016年(平成28年)8月29日 耐震化された新校舎完成(1Fは機械系エリア、2Fは電気系エリア、3Fは化学系エリア、4Fはビジネス系エリア、5Fは芸術・家庭科エリア)

部活動編集

  • 硬式野球部は、古豪で過去3回夏の甲子園に出場している。

近年では第98回全国高等学校野球選手権大会神奈川大会でベスト32の成績を残している

  • 陸上競技部はインターハイ、国民体育大会、日本ジュニア選手権大会等の全国大会に出場し、入賞もしている。
  • 女子バスケットボール部は古豪でインターハイ11回の出場を誇る。

所在地編集

  • 神奈川県横浜市保土ケ谷区今井町743

交通編集

著名な出身者編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 商工高校改編の延期について” (2008年10月). 2009年12月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月4日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集