メインメニューを開く

神奈川県立外語短期大学付属高等学校

神奈川県立外語短期大学付属高等学校(かながわけんりつ がいごたんきだいがくふぞくこうとうがっこう)は、かつて神奈川県横浜市磯子区岡村四丁目にあった公立高等学校神奈川県立外語短期大学附属学校であった。通称は「外短」(がいたん)または「外語」(がいご)。

神奈川県立外語短期大学付属高等学校
Kanagawa prefectural Institute of foreign languages College included high school.JPG
2012/09/29撮影
過去の名称 神奈川県立貿易外語高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 神奈川県の旗 神奈川県
設立年月日 1965年
閉校年月日 2008年3月31日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 貿易外語科
高校コード 14117J
所在地 235-0021
神奈川県横浜市磯子区岡村四丁目15番1号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

概要編集

公立高校としては神奈川県下屈指の進学校であり、最盛期では比率において都内の有名私立高等学校とほぼ遜色ない数の生徒を早慶上智等の難関大学に合格させていた。また、4年制大学への進学率は県内最上位であり、その中でも難関大学への現役進学率の高さは筆頭に値した。全日制課程貿易外語科のみを設置する専門高校ではあったが、他の普通科公立トップ高校と遜色ない学力レベルであったことから、全県から優秀な生徒が集まっており全国の専門学科のなかでも最難関級の高校であった。

全国有数の英語教育を実施していたため、生徒によっては2時間以上かけて県内遠方から通学するものも少なくなかった。一年次の英語単位数は普通校の約2倍で、2,3年次には英語での本格的なディベート科目、英語での課題研究(Discussion & Research)等、かなり高度な英語専門科目を選択することが可能だった。この学校の特徴的な英語教育は大学でも評価され、慶應義塾大学早稲田大学等、有名私立大学の指定校推薦枠も多く存在した。

入学試験においては2005年度入学者選抜から後期学力検査で英語において学校独自作成問題が導入され、その難易度は他校とは一線を画し、高度な英語力が要求された。また2007年には、神奈川県教育委員会が県立高校の進学実績向上という目標を明確化するため「学力向上進学重点校」10校を指定し、県内有数の公立進学校である湘南高校小田原高校などとともに本校もそのうちの1校に選ばれた。

しかし、2004年に合併が決まって以降は入試倍率、難易度ともにやや後退。入試倍率で他の公立トップ校に水をあけられた時期もあったが、外語短期大学付属高等学校として卒業する最後の卒業生の代(2007年度)では、150数人の学年規模にもかかわらず東京大学へ現役で3人の合格者を出すなど最後まで進学実績を守り抜いた。

英語だけではなく第二外国語が2年間必修となっているのも特徴のひとつであった。授業で海外の出版物が多く利用されている第二外国語にはフランス語中国語スペイン語ドイツ語があり、いずれも大学教養レベルの授業であった。

外国式の教育を多く取り入れられており、校風はかなり自由であった。校舎内は一足制で、標準服こそ存在していたが着用義務は無く、完全な私服通学が可能であった。チャイムはテスト期間ですらも一切鳴らず、試験監督の先生が所持する時計を基準に行っていた。校内放送(生徒の呼びだし等)を聞く機会も文化祭の時期くらいのものであり、「自由と自律」を重んじる校風であった。校則は勿論、生徒手帳すら存在しなかった。

海外帰国生徒特別募集枠もあったことから帰国子女からの人気も高く、多くの帰国生が在籍していた。帰国枠で入った生徒は基本的に1年生の時は1組に配属され、レベルに応じて1,2年生の間は英語、国語、数学において習熟度別の取り出しクラスが設けられていた。 2003年から文部科学省SELHi の指定を受けた。

男女共学ではあったが、他の国際科英語科高等学校と同様に男女比率では女子が圧倒的に多かった。また付属校ではあったが、神奈川県立外語短期大学への内部進学制度は存在せず、殆どの学生が4年制大学を希望した。

沿革編集

1965年に外国語専門の高等学校として開校し、その後に同敷地内に短期大学が開校。短期大学が開校と同時に付属高校となったので、歴史は高校のほうが古い。

教育課程編集

全日制貿易外語科のみを有した。1年生次の英語の単位数は普通校の約2倍であり、2年生次からはそれ以上に英語科目の単位数を増やすことも可能であった。第二外国語や2,3年次に必須の日本語、英語での課題研究など語学に関する科目が多いのが特徴であった。倫理物理の授業はなかった。 2学期制50分6時限を基本に、主に文系教科を履修し、レベル・進度ともにやや高めであった。理系教科は他の普通科高校に比べて内容は基本的なものにとどまったものであったが、理系の大学へ進学する生徒も少なからず毎年存在した。

入学試験編集

後期選抜では国語数学理科社会は全県共通入学試験問題を採用し、英語のみ本校独自入学試験問題を採用していた。

設置学科編集

  • 貿易外語学科

著名な卒業生編集

関連項目編集

外部リンク編集