神奈川県立横浜桜陽高等学校

神奈川県横浜市戸塚区にある高等学校

神奈川県立横浜桜陽高等学校(かながわけんりつ よこはまおうようこうとうがっこう)は、神奈川県横浜市戸塚区汲沢町に所在する公立高等学校日本で初のフレキシブルスクール[1](選択型全日制単位制普通科)として開校された。現在は年次進行型単位制普通科高校である。

神奈川県立横浜桜陽高等学校
Yokohama-Ouyou highschool01.jpg
国公私立の別 公立学校
設置者 神奈川県の旗 神奈川県
併合学校 神奈川県立豊田高等学校
神奈川県立汲沢高等学校
設立年月日 2003年4月
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 普通科
学期 2学期制
高校コード 14288D
所在地 245-0062
神奈川県横浜市戸塚区汲沢町973

北緯35度23分29秒 東経139度31分1.8秒 / 北緯35.39139度 東経139.517167度 / 35.39139; 139.517167座標: 北緯35度23分29秒 東経139度31分1.8秒 / 北緯35.39139度 東経139.517167度 / 35.39139; 139.517167
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
神奈川県立横浜桜陽高等学校の位置(神奈川県内)
神奈川県立横浜桜陽高等学校
校舎

設置学科編集

  • 年次進行型の単位制 普通科
    • 普通科には入試に中途退学者募集があり、中途退学した人も受け入れている。

沿革[2]編集

県立高校改革推進計画に基づき2003年平成15年)、横浜中部地区の県立豊田高校県立汲沢高等学校が統合してできたフレキシブルスクールである。校舎は汲沢高校校舎を引き継ぎ使用している。校名はが学校にたくさん咲いているところからつけられた。また、北海道の北海道小樽桜陽高等学校と区別するため、校名に横浜の文字を冠した。汲沢高校建設時に多くの石器・土器が見つかり、細田遺跡と名づけられている。

学校のシステム編集

平成29年度〜現在

平成29年度入学生より年次進行型全日制単位制普通科の高校で55分授業である。自分で好きな授業を選択し、単位を取得する。クラス単位では動かず、授業も学年の枠を超えて受ける。そのため1年、2年とは呼ばず、入学からの年数で1期生・2期生などと呼ぶ。特色ある授業が多く、専門的な授業も受けられる。また、大学・専修学校等の授業も受けることができ、単位にもなる。現在は制服が導入されている。一足制。

年次進行になったが、自由な校風柄、芸能活動をしながら在籍する生徒も多い。また、土曜日のPTA活動や学校行事が非常に多いのも特長である。

平成29年度入学生以前[3]

フレキシブルスクール制一時限90分授業。1日最大8時間(4限)の幅広い授業時間帯、100を超える多彩な科目、大学や専門学校等と連携した講座など柔軟な学びの仕組みを活用し、入学する前に全員が個別履修指導を受け、指導担当の教員と面談しながら生徒一人ひとりの学びの深化・学力の伸長を図っていた。制服や指定服は定められていなかった。一足制。

特色のある選択科目は、グローバル化・情報化の進展など社会環境の急速に変化する時代に柔軟に対応できるよう、これからの時代に求められる内容を学ぶ「系の科目」として設定し、『情報ネットワーク系、環境サイエンス系、福祉サポート系、健康フィットネス系、国際コミュニケーション系、芸術アーツ系』の六つに分類し、展開していた。

授業以外に学校外で取り組む様々な学びも積極的に導入していた。具体的には、大学や専門学校で授業を受ける「校外講座」、福祉施設や地域などで取り組む「ボランティア活動」、漢字検定や実用英語検定などの資格を取得する「技能審査」などで、一定の基準に達していれば卒業単位として認定していた。

2年時「研修旅行」を実施し、各々が、屋久島、四国、北海道、沖縄、上海の中から1か所を選ぶことができた。[4]

前期後期それぞれ1回ずつ、年の2回卒業式が行われていた。[5]

自由な校風柄と柔軟なシステムを利用し、芸能活動をしながら在籍する生徒が多かった。また、土曜日のPTA活動や学校行事が非常に多いのも特長であった。

桜陽アカデミア編集

横浜桜陽高校では外部講師による進路行事を年数回行っている。[6]

その他編集

  • 県内の高校には珍しく弓道場がある。
  • 和田真久留氏が在学時、自転車部を創設。2008年全国高等学校総合体育大会自転車競技大会大宮競輪場)の1㎞タイムトライアルで優勝。アジア自転車競技選手権大会のジュニア部門では、スプリントで2位の成績を残した。
  • AKB48の派生ユニット、フレンチ・キスの2nd Single『If』のDVD収録ドラマ「If〜今日、恋をはじめます〜」、2011年テレビ東京系列「鈴木先生」の撮影に使用された。
  • 美術デザイン系高校ではないが、演劇やダンス、美術工芸デザイン教育にも力を注いでおり、設立10年で美術では県高等学校総合文化祭美術工芸部門で教育長賞[7]全国高等学校総合文化祭出場。近年では演劇で神奈川県高等学校演劇連盟大会優秀賞を果たしている。
  • 高校野球においては県ベスト16入りを果たすなど強豪校化している。
  • 高文連 図書専門部会 第3回ビブリオバトル大会に優勝。

交通編集

著名な出身者編集

旧:汲沢高校出身編集

旧:豊田高校出身編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 神奈川県. “新しい学びのかたちから高校をさがす” (日本語). 神奈川県. 2019年10月13日閲覧。
  2. ^ 学校概要”. y-oyo-h.pen-kanagawa.ed.jp. 2019年10月13日閲覧。
  3. ^ 神奈川県. “横浜桜陽高等学校” (日本語). 神奈川県. 2019年10月13日閲覧。
  4. ^ 第13回 キャリア教育実践レポート|高等学校とキャリア教育|ドリコムアイ.net”. ドリコムアイ.net | 高校生の進路と教育を考えるWebマガジン. 2019年10月17日閲覧。
  5. ^ 学校概要”. y-oyo-h.pen-kanagawa.ed.jp. 2019年10月13日閲覧。
  6. ^ 桜陽アカデミア”. y-oyo-h.pen-kanagawa.ed.jp. 2019年10月17日閲覧。
  7. ^ 人物風土記: 2010年2月 | 戸塚区 | タウンニュース | 神奈川県全域・東京都町田市の地域情報紙”. www.townnews.co.jp. 2019年10月13日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集