メインメニューを開く

神奈川県立横浜緑ケ丘高等学校(かながわけんりつ よこはまみどりがおかこうとうがっこう)は、神奈川県横浜市中区本牧(ほんもく)緑ケ丘にある公立高等学校。通称は「緑高」(りょっこう)。

神奈川県立横浜緑ケ丘高等学校
神奈川県立横浜緑ヶ丘高校
過去の名称 神奈川県立横浜第三中学校
神奈川県立横浜第三高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 神奈川県の旗 神奈川県
設立年月日 1923年
創立記念日 5月17日
共学・別学 共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 2学期制
高校コード 14105E
所在地 231-0832
外部リンク 横浜緑ケ丘高等学校トップページ
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

目次

概要編集

1923年大正12年)1月に横浜第三中学校として創立。旧学区制度では横浜臨海学区に属した。2013年に創立90周年を迎えた。

横浜市中心部の南側に位置する本牧地区にあり、横浜スタジアム中華街などに近い。校舎から横浜ベイブリッジや、晴れた日には富士山房総半島も望める。

初代校長が掲げた“三徳一誠”(知・仁・勇・誠)の教育理念の下、偏りのないバランスのとれた人間の育成を目指している。校則はほとんどなく、自由でのびのびとした校風である。生徒手帳やPTAはない。

文化祭は「緑高祭(りょっこうさい)」と呼ばれ文化の日前後に行われたが、近年は毎年6月末から7月初めに開催される。

後援組織として旧制中学時代から「後援三徳会」が組織されているため、神奈川県下の公立高等学校のうち、本校にのみPTAが設置されていない。同窓会は「牧陵会」と称する。

交通編集

沿革編集

  • 1923年大正12年) - 県令をもって校名を神奈川県立横浜第三中学校とする。(県立の旧制中学として県下では7番目)
  • 1923年 - 開校
  • 1945年昭和20年) - 戦争により校舎が全焼。
  • 1948年 - 神奈川県立横浜第三高等学校(全日制普通科)と改称。
  • 1950年 - 神奈川県立横浜緑ケ丘高等学校(全日制普通科、男女共学)と改称。小学区制導入。
  • 1960年 - 本館・北館の落成記念式挙行
  • 1962年 - 水泳プール竣工
  • 1963年 - 横浜市内に中学区制施行、横浜南部学区(本校の他、金沢立野)に属す。
  • 1964年 - 図書館棟竣工
  • 1966年 - 食堂竣工
  • 1969年 - 西館竣工
  • 1974年 - 体育館兼講堂竣工
  • 1981年 - 新学区制実施、横浜臨海学区に属す。
  • 2005年平成17年) - 学区制廃止
  • 2009年 - 全教室にエアコン設置、全校生徒のTOEIC受験が始まる。
  • 2010年 - 神奈川県教育委員会から「学力向上進学重点校」に指定される。
  • 2014年 - 入学者選抜に特色検査を導入。南館竣工。45分・7時間授業に移行。
  • 2015年 - 西館の耐震改修工事が終了し、事務室、校長室、職員室等が西館に移転。同時に本館と北館の使用を中止。
  • 2017年 - 50分・6時間(週2回は7時間)授業に移行。

部活動編集

  • 運動部
    • 野球、ラグビー、サッカー、硬式テニス、ソフトテニス、ハンドボール、バスケットボール、バドミントン、バレーボール、チアリーディング、剣道、陸上競技、卓球、水泳、山岳、アーチェリー、ダンス
  • 文化部
    • 吹奏楽、管弦楽、演劇、華道、棋道、クラシックギター、軽音楽、地学、茶道、美術、文芸、数学物理、漫画研究、書道、English Club、フォークソング、料理、鉄道研究(同好会)

著名な出身者編集

五十音順

政治編集

経済・経営編集

学術・研究編集

文化・芸能編集

マスメディア編集

スポーツ編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 先生紹介 早稲田大学スポーツ科学学術院 間野義之ゼミ スポーツ政策研究室公式サイト
  2. ^ 教育委員会について 横浜市教育委員会
  3. ^ 6月にメジャーデビューしたアコースティックユニット「サンドクロック」の 滝田周さん タウンニュース
  4. ^ 1972年ミュンヘンオリンピックのバドミントン競技
  5. ^ 長野五輪ニュース 信濃毎日新聞

関連項目編集

外部リンク編集