メインメニューを開く

神奈川県第4区(かながわけんだい4く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

日本の旗神奈川県第4区
衆議院小選挙区 神奈川県.svg
行政区域 横浜市栄区鎌倉市逗子市三浦郡
(2017年7月16日現在)
比例区 南関東ブロック
設置年 1994年
選出議員 早稲田夕季
有権者数 332,462人
1.4 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2018年9月登録日)
テンプレートを表示

目次

区域編集

歴史編集

中選挙区制時代には、栄区が旧神奈川県第4区に、鎌倉市・逗子市・三浦郡葉山町旧神奈川県第2区に属した。1994年(平成6年)の小選挙区設置後は、3期以上連続で小選挙区で当選した議員が出ておらず、また立候補者の顔ぶれの変遷も激しい。特定の政党や人物が特に強さを持っていない無党派層の多い地域とされる。

1996年(平成8年)の第41回衆議院議員総選挙では、候補乱立の中で自由民主党飯島忠義が初当選した。2000年(平成12年)の第42回衆議院議員総選挙では、民主党大石尚子が初当選し、前職の飯島は比例復活もしなかった。2003年(平成15年)の第43回衆議院議員総選挙も大石が制したが、2005年(平成17年)の第44回衆議院議員総選挙では逆に小泉旋風の中で自民党の新人林潤が初当選し、大石は比例復活できなかった。

2009年(平成21年)の第45回衆議院議員総選挙では、大石が参議院議員となっていたため、民主党候補の後任を巡って対立が生じた。当時、神奈川県選挙区選出の参議院議員であった民主党の浅尾慶一郎は、以前に在籍した新進党時代に第4区から立候補した経験を持っていたため、参議院からの鞍替え立候補を望んだが却下され、民主党は新人の長島一由(元逗子市長)を同区の候補として公認した。この処置を受けて浅尾は民主党を離党し、新たに設立されたみんなの党の候補として立候補した。このため、民主党支持層は分裂状態に陥ったが、折柄の民主旋風も手伝って長島が初当選し、浅尾は比例復活で当選した。2012年(平成24年)の第46回衆議院議員総選挙では、民主党の新人や京都から国替えした自民党元職の山本朋広を破り、浅尾が初めて小選挙区での議席を獲得した(山本は比例復活で当選)。

2014年(平成26年)、みんなの党代表であった渡辺喜美DHC会長からの8億円借り入れ事件で代表を辞任したため、浅尾がみんなの党の後継代表となった。しかし、前代表の渡辺と党所属議員との対立や、離党者が相次ぐなど、党内の混乱は収まらなかった。同年11月に衆議院が解散されるとみんなの党の分裂は決定的となり、浅尾はみんなの党を解党した。直後の同年12月に行われた第47回衆議院議員総選挙では、無所属で立候補した浅尾が前回より票差を縮めたものの当選し、自民党の山本が再び比例復活した。その後浅尾は自民会派へ参加しており、事実上党所属議員が二人いることになった。

2017年(平成29年)の第48回衆議院議員総選挙に際して浅尾は9月27日に自民党へと入党して党籍を得たが、公認されたのは山本であり、浅尾は無所属のままで出馬することとなった。その争いへ立憲民主党は元神奈川県議の早稲田夕季、希望の党は風間法子(いずれも新人)を擁立する乱戦となった。結果として浅尾と山本の保守分裂を尻目に候補を取り下げるなど事実上日本共産党の協力を得た早稲田が抜け出し、初当選。山本は比例で復活したが、無所属出馬であった浅尾はそのまま議席を失う結果となった。

小選挙区選出議員編集

選挙結果編集

解散日:2017年9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:332,192人 最終投票率:59.04%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
早稲田夕季58立憲民主党67,020票
34.8%
――
比当山本朋広42自由民主党55,700票
28.9%
83.1%公明党推薦
浅尾慶一郎53無所属51,495票
26.7%
76.8%×
風間法子47希望の党18,618票
9.7%
27.8%
  • 浅尾慶一郎は自民党に入党し党籍を持っていたが、公認が得られず無所属出馬となった。

解散日:2014年11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日
当日有権者数:327,687人 最終投票率:59.17%(前回比:-5.25ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
浅尾慶一郎50無所属91,063票
48.1%
――×
比当山本朋広39自由民主党61,479票
32.5%
67.5%公明党推薦
加藤勝広70日本共産党20,063票
10.6%
22.0%
荻原隆宏44無所属16,633票
8.8%
18.3%緑の党グリーンズジャパン支持×

解散日:2012年11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
浅尾慶一郎48みんなの党100,632票
48.7%
――
比当山本朋広37自由民主党57,542票
27.8%
57.2%公明党推薦
荻原隆宏42民主党33,022票
16.0%
32.8%国民新党推薦
加藤勝広68日本共産党15,456票
7.5%
15.4%

解散日:2009年7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日 最終投票率:72.24%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
長島一由42民主党89,082票
38.0%
――
比当浅尾慶一郎45みんなの党70,728票
30.1%
79.4%
林潤36自由民主党64,006票
27.3%
71.9%
伊藤航平27無所属7,270票
3.1%
8.2%×
小原真理49幸福実現党3,505票
1.5%
3.9%

解散日:2005年8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
林潤32自由民主党119,618票
52.5%
――
大石尚子69民主党78,326票
34.4%
65.5%
高野良裕57新党日本15,961票
7.0%
13.3%
林伸明39日本共産党13,774票
6.0%
11.5%

解散日:2003年10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
大石尚子67民主党89,515票
46.9%
――
林潤31自由民主党74,267票
38.9%
83.0%
馬渡龍治46無所属13,706票
7.2%
15.3%×
林伸明37日本共産党13,473票
7.1%
15.1%
  • 馬渡は第44回以降、自民党候補として愛知3区から立候補。

解散日:2000年6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
大石尚子63民主党73,979票
37.6%
――
飯島忠義55自由民主党52,468票
26.7%
70.9%
高野良裕52自由連合36,528票
18.6%
49.4%
田中義彦61日本共産党20,127票
10.2%
27.2%
酒井文彦46無所属8,969票
4.6%
12.1%×
川上昌俊41無所属2,549票
1.3%
3.4%×
渥美和也42無所属1,896票
1.0%
2.6%×

解散日:1996年9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
飯島忠義51自由民主党46,389票
25.1%
――
浅尾慶一郎32新進党38,725票
20.9%
83.5%
中島章夫60民主党29,967票
16.2%
64.6%
長島一由29無所属28,656票
15.5%
61.8%×
宇都宮寧子57日本共産党21,681票
11.7%
46.7%
高野良裕48自由連合19,464票
10.5%
42.0%

関連項目編集