メインメニューを開く

神奈川県道406号吉岡海老名線

日本の神奈川県の道路

神奈川県道406号吉岡海老名線(かながわけんどう406ごう よしおかえびなせん)は、神奈川県綾瀬市吉岡と神奈川県海老名市国分南を連絡する一般県道である。

一般県道
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
神奈川県道406号標識
神奈川県道406号
吉岡海老名線
地図
神奈川県道406号吉岡海老名線の位置(神奈川県内)
吉岡
吉岡
海老名
海老名
主な経由地
路線延長 5.1km
起点 神奈川県綾瀬市吉岡・
神奈川県海老名市本郷
終点 神奈川県海老名市国分南
接続する
主な道路
記法
神奈川県道43号藤沢厚木線
神奈川県道40号横浜厚木線
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
海老名市国分寺台1丁目 (左手) と綾瀬市早川 (右手) の間を通る神奈川県道406号線
地図座標: 北緯35度26分38.8秒 東経139度24分20.2秒

目次

解説編集

神奈川県道407号杉久保座間線と同様、神奈川県道43号藤沢厚木線神奈川県道40号横浜厚木線を南北に繋いでいる。また、区間のほとんどが綾瀬市と海老名市の市境になっている。

国分坂下で国道129号東名高速道路厚木インターチェンジと連絡している神奈川県道43号藤沢厚木線と、綾西交差点で神奈川県道45号丸子中山茅ヶ崎線中原街道)と連絡している都市計画道路綾瀬市道950号早川本蓼川線に接続しているため交通量も多い。海老名市国分寺台では住宅地内を通るため、生活道路として利用されている。

綾瀬市内の五社神社前の一部区間は一方通行なので起点側から来た場合は通行できないので市道を迂回する必要がある。

概要編集

通過する自治体編集

交差している道路編集

沿道の主な施設編集

ギャラリー編集

関連項目編集