メインメニューを開く

神奈川県道732号湯本元箱根線

日本の神奈川県の道路

神奈川県道732号湯本元箱根線(かながわけんどう732ごう ゆもともとはこねせん)は、神奈川県箱根町一般県道である。東海道の旧街道で、箱根新道と並行しており、途中には箱根新道と共に七曲りがある。

一般県道
Japanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
神奈川県道732号標識
神奈川県道732号湯本元箱根線
路線延長 10.8 km
制定年 1960年
開通年 1604年
起点 足柄下郡箱根町湯本
終点 足柄下郡箱根町元箱根
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0001.svg国道1号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
県道732号の七曲がり(左)と箱根新道(右)
箱根湯本付近

概要編集

歴史編集

路線状況編集

一部は旧 東海道の道程であるため、国道1号と比較して勾配が急で道幅も狭く、対向車のすれ違いには相互優先が必要となる箇所がある。芦ノ湖への抜け道としても機能するが、観光シーズンには交通量の多い国道1号を避ける徒歩の観光客や自転車などが多く特に見通しの悪いコーナー(カーブ)付近では注意を要する。

箱根湯本 - 元箱根方面(芦ノ湖)間のバスは箱根登山バスが1時間に1 - 2本程度運行しており、箱根フリーパスが使用可能である。

道路施設編集

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

周辺編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 箱根都市計画マスタープラン(案) (PDF) [リンク切れ]:箱根町
  2. ^ 同日、内務省告示第6号「國道表」
  3. ^ 参考文献『全滅に近かつた箱根国道(伊豆大地震続報)』
  4. ^ 同日、神奈川県告示第176号

参考文献編集

関連項目編集