メインメニューを開く

神宮 敏男(じんぐう としお、1948年6月11日 - 不詳)は、昭和時代の日本のフェンシング選手。1970年代の日本のトップ選手として活躍した。群馬県出身。

略歴編集

専修大学卒業、佐田建設に入社した。その後保険会社に勤務。

全日本学生選手権優勝、全日本選手権優勝などの実績をあげ、1976年モントリオールオリンピックの日本代表に選出された[1]アジア競技大会優勝[2]など、世界に誇る日本の名選手だった。体力的にも恵まれ、抜群の集中力を武器にしていた。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ただし、フルーレ団体予選敗退・個人予選敗退に終わる。(Biography and Olympic Results”. sports-reference.com. 2012年6月4日閲覧。
  2. ^ 1974年アジア競技大会で、団体優勝、個人フルーレ優勝。

関連項目編集