神岡町立漆山小学校跡津川分校

神岡町立漆山小学校跡津川分校(かみおかちょうりつ うるしやましょうがっこう あとつやまぶんこう)は、かつて岐阜県吉城郡神岡町(現・飛騨市)に存在した公立小学校分校

神岡町立漆山小学校跡津川分校
国公私立の別 公立学校
設置者 神岡町
設立年月日 1875年
閉校年月日 1965年
共学・別学 男女共学
所在地 506-1212
岐阜県飛騨市神岡町跡津川[注釈 1]
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

概要編集

沿革編集

  • 1875年(明治8年) - 茂住学校の支校として、跡津川学校として開校。神岡村大字跡津川、大字佐古、大字大多和の児童が通学する。
  • 1876年(明治9年) - 独立し、跡津川学校となる。
  • 1889年(明治22年)7月1日 - 神岡村が分割され、船津・朝浦・東町・鹿間・割石・吉ヶ原・二ツ屋・西漆山・東漆山・笈破・牧・土・西茂住・東茂住・杉山・横山・中山・谷・跡津川・佐古・大多和で船津町が発足。
  • 1901年(明治34年)10月 - 漆山尋常小学校に統合され、漆山尋常小学校跡津川分教場となる。
  • 1910年(明治43年) - 漆山尋常小学校佐古分教場が開設され、跡津川分教場の校区は跡津川のみとなる。
  • 1925年(大正14年) - 神岡水電跡津発電所[注釈 3]が完成。発電所の社宅が造られた事により児童数が増加。
  • 1941年(昭和16年)4月1日 - 漆山国民学校跡津川分教場に改称する。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 船津町立漆山小学校跡津川分校に改称する。
  • 1950年(昭和25年)6月10日 - 船津町阿曽布村袖川村が合併し、神岡町が発足。同時に神岡町立漆山小学校に改称する。
  • 1965年(昭和40年)3月 - 過疎化、および跡津発電所の自動化により発電所社宅廃止により児童が減少し、廃校。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 現在の住所表記
  2. ^ 1975年に神岡東小学校に統合され廃校。
  3. ^ 現・神岡鉱業跡津発電所。

参考文献編集

  • 神岡町史 通史編Ⅱ (飛騨市教育委員会 2008年) P.228 - 237

関連項目編集