神崎 驥一(かんざき きいち、1884年8月10日 - 1959年4月16日)は、日本の教育者。関西学院大学商経学部教授、関西学院大学第4代学長、同学院院長(第5代、1940年1950年)などを歴任した。

略歴編集

1884年8月10日、東京麹町に生まれる。1901年、関西学院普通学部を卒業。カリフォルニア大学に留学し、同大学院に進学する。歴史学と政治学を学んだ後、在米日本人会書記長に就任。吉岡美國第2代院長の娘婿となり、1921年、高等商業学部長就任のために帰国。大学開設に伴い、大学商経学部長を兼任、高等商業学部、大学の教授でもあった。ベーツ院長の離日後、1940年から1950年の10年間、第5代院長を務めた。その間、大学長、専門学校長も兼ねた。戦中、戦後の混乱期の関西学院を先導した。1950年、院長を定年退職した。退職後、帝塚山学院長に就任、大阪市教育委員長も務めた。1959年に関西学院大学から名誉博士号を受けた。

参考文献編集

学職
先代:
C.L.ベーツ
1920年10月15日-1940年9月11日
関西学院院長
1940年9月11日-1950年2月3日
次代:
今田恵
1950年2月3日-1954年3月31日
先代:
C.L.ベーツ
1934年-1940年
関西学院大学学長
1940年-1946年
次代:
古武弥四郎(事務取扱)
1946年−1947年