メインメニューを開く

概要編集

武田勝頼の遺子である伊那丸を主人公に、武田家滅亡で生き延びた伊那丸が忠義の七士とともに武田家再興を志し京都へ旅発ち、行く手を阻む敵と死闘を繰り広げる物語。挿絵は躍動感のある武者画を得意とする日本画家の山口将吉郎が手がけている。

1914年(大正3年)に創刊された『少年倶楽部』は、1921年(大正10年)に加藤謙一が責任編集者となり、それまでの講談読物中心の誌風から少年小説を中心とする誌面改革を行い、吉川英治をはじめ大佛次郎ら人気作家を数多く招き、本作が連載されている時期は同社の他誌とともに築かれた講談社文化の黄金期にあたる。

吉川英治は1925年1月に講談社『キング』創刊号においてはじめて「吉川英治」のペンネームを用いて『剣難女難』を発表し、少年小説家としての地位を確立する。その後は『少年倶楽部』で『天兵童子』(1937年(昭和12年) - 1940年(昭和15年)連載)などを連載しているが、やがて少年作品から大衆文学へと移り、『宮本武蔵』などの時代小説の大作を発表して大衆小説家として活躍する。

戦後の一時期、GHQの方針によって『州天馬侠』と改題させられていた。

映画編集

映画は全部で7本上映された。全て白黒作品で、大映以外は上映時間が1時間未満の「SP映画」であり、特に日米映画・新東宝版は第四部を除き「40分未満」という短編作品である。

神州天馬侠
1952年12月11日公開 / 配給:大映 / 監督:田坂勝彦[1]
神州天馬侠 第一部 武田伊奈丸
1954年12月28日公開 / 日米映画 / 配給:新東宝 / 監督:萩原章[2]
神州天馬侠 第二部 幻術百鬼
1955年1月3日公開 / 日米映画 / 配給:新東宝 / 監督:萩原章[3]
神州天馬侠 第三部 火ごま水ごま
1955年1月9日公開 / 日米映画 / 配給:新東宝 / 監督:萩原章[3]
神州天馬侠 第四部 天動地変
1955年1月15日公開 / 日米映画 / 配給:新東宝 / 監督:萩原章[3]
神州天馬侠
1958年9月10日公開 / 配給:東映 / 監督:大西秀明[4]
神州天馬侠 完結篇
1958年公開

人形劇編集

1954年1月27日から同年7月8日までNHKテレビ(現・NHK総合テレビ)の『マリオネット』枠で『神州天馬俠』と題して放送。全15話。モノクロ放送。人形操演は結城座が担当した。

放送時間編集

いずれも日本標準時

  • 水曜 19:30 - 20:00 (1954年1月27日 - 1954年5月19日) - 変動する場合あり。
  • 木曜 19:30 - 20:00 (1954年6月17日 - 1954年7月8日)
NHKテレビ 水曜19:30枠
前番組 番組名 次番組
マリオネット 猿飛佐助 または 単発番組
(1953年11月18日 - 1954年1月13日)
マリオネット 神州天馬俠
(1954年1月27日 - 1954年5月19日)
単発番組
(1954年5月26日 - 1954年6月9日)
※19:30 - 不定

NHKテレビリサイタル
(1954年6月16日 - 1954年9月29日)
※19:30 - 19:50/20:00
NHKテレビ 木曜19:30枠
単発短篇映画
(1953年11月12日 - 1954年6月3日)
※19:30 - 19:50
単発ドラマ
(1953年11月12日 - 1954年6月3日)
※19:50 - 20:30
マリオネット 神州天馬俠
(1954年6月17日 - 1954年7月8日)
浪花演芸会 または マリオネット単発作品
(1954年7月22日 - 1954年10月14日)

テレビドラマ編集

1961年版編集

1961年7月2日から同年12月24日までフジテレビ系列局で放送。岡三証券の一社提供。放送時間は毎週日曜 11:15 - 11:45 (日本標準時)。

出演者編集

参考:テレビドラマデータベース[どれ?]読売新聞縮刷版[要ページ番号]

フジテレビ系列 日曜11:15枠
【本番組の放送期間中のみ岡三証券一社提供枠】
前番組 番組名 次番組
コンサート中継
※11:00 - 11:45
神州天馬侠
(1961年7月2日 - 1961年12月24日)
スーパーマン
※11:00 - 11:30
ユーモア航路
※11:30 - 11:45

1967年版編集

1967年6月18日から同年12月31日まで松竹テレビ室と朝日放送の共同製作により、TBS系列局で放送。ダイハツ工業の一社提供。全29話。放送時間は毎週日曜 18:30 - 19:00 (日本標準時)。

本作には大鷲のクロが登場するが、これは『ウルトラマン』などで知られる高山良策の造型物である。

出演者編集

スタッフ編集

主題歌編集

「神州天馬侠」
作詞:見尾田瑞穂 / 作曲:木下忠司 / 歌:山田太郎

放送局(1967年版)編集

参考:『朝日放送の50年・資料編』[要ページ番号]

朝日放送製作・TBS系列 日曜18:30 - 19:00枠
ダイハツ工業一社提供枠】
前番組 番組名 次番組
わんぱく砦
(1966年8月7日 - 1967年6月11日)
神州天馬侠
(1967年6月18日 - 1967年12月31日)
海の次郎丸
(1968年1月7日 - 1968年8月25日)

漫画編集

舞台編集

明治座創業140周年記念「神州天馬侠」編集

  • 場所:明治座
  • 公演期間:2013年4月10日 - 4月27日

キャスト編集

スタッフ編集

脚注編集

  1. ^ 神州天馬侠(1952) : 作品情報”. 映画.com (情報提供元:キネマ旬報社). 2016年9月4日閲覧。
  2. ^ 神州天馬侠(1954) : 作品情報”. 映画.com (情報提供元:キネマ旬報社). 2016年9月4日閲覧。
  3. ^ a b c 『新東宝 1947-1961 創造と冒険の15年間』日本ハイコム、290頁・291。
  4. ^ 神州天馬侠(1958) : 作品情報”. 映画.com (情報提供元:キネマ旬報社). 2016年9月4日閲覧。
  5. ^ a b c d e f 『河北新報』1967年9月3日 - 9月24日付朝刊、テレビ欄。
  6. ^ 『北日本新聞』1967年9月3日付朝刊、テレビ欄。

参考文献編集

外部リンク編集