神戸らんぷミュージアム

神戸らんぷミュージアム (こうべらんぷミュージアム)は、兵庫県神戸市中央区京町にある博物館である。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 神戸らんぷミュージアム
Kobe Lamp Museum
Kobe lamp museum01s3200.jpg
施設情報
前身 北野らんぷ博物館・赤木コレクション
事業主体 関西電力[1]
開館 1999年4月28日
所在地 650-0034
兵庫県神戸市中央区京町80番
クリエイト神戸2階・3階
位置 北緯34度41分18.07秒 東経135度11分38.32秒 / 北緯34.6883528度 東経135.1939778度 / 34.6883528; 135.1939778座標: 北緯34度41分18.07秒 東経135度11分38.32秒 / 北緯34.6883528度 東経135.1939778度 / 34.6883528; 135.1939778
外部リンク 神戸らんぷミュージアム
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

地理院地図 Googleマップ 神戸らんぷミュージアム

概要編集

1999年に開館した[2]。館蔵品は旧「北野らんぷ博物館」から受け継いだ「赤木コレクション」を基礎とした[2]。館内のメインストリート「あかりのミュージアム・ウォーク」では、灯火器の貴重なコレクションを通じて、その変遷を時代とともに展覧できた。ひょうごっ子ココロンカードの対象施設。

運営していた関西電力の経営効率化の一環として2013年4月から[3]2018年7月まで臨時休館となったが、2018年7月18日に新たな展示物を追加し再開館した(関西電力の関連会社が運営)[1]。新たな展示物として、神戸の街のあかりと歴史と阪神・淡路大震災からの電力復旧にかけた7日間を紹介したパネル展示室、神戸旧居留地の魅力等を再現したプロジェクションマッピング[1]などが追加されている。

施設編集

  • A 人とあかりの出会い
  • B 最初のあかり
  • C あかりをともす知恵
  • D ろうそくのあかり
  • E 文明開化のあかり
  • F あかりの大革命
  • G 私たちのまちとあかり
  • H あかりのミュージアムウォーク
  • ミュージアムカフェ

建物概要編集

  • 竣工 1999年
  • 設計 電通
  • 博物館延床面積 2,330m2
  • 所在地 兵庫県神戸市中央区京町80番 クリエイト神戸2・3F

交通アクセス編集

周辺情報編集

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c “神戸の「らんぷミュージアム」再開 関電、約5年ぶりに”. 日本経済新聞. (2018年7月13日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32960840T10C18A7LKA000/ 2020年1月12日閲覧。 
  2. ^ a b 橋本正廣「神戸らんぷミュージアム」『照明学会誌』第84巻第7号、照明学会、2000年、 404-405頁、 doi:10.2150/jieij1980.84.7_404
  3. ^ “「神戸らんぷミュージアム」の休館について” (プレスリリース), 関西電力, (2013年2月18日), https://www.kepco.co.jp/corporate/pr/2013/0218-2j.html 2020年1月12日閲覧。 

外部リンク編集