神戸コンベンションコンプレックス

ポートアイランド > 神戸コンベンションコンプレックス

神戸コンベンションコンプレックス(こうべコンベンションコンプレックス、英語: Kobe Convention Complex)は、兵庫県神戸市中央区ポートアイランドにある複数の会議・展示施設を含めた国内最大のコンベンションゾーンの総称[* 1]1981年にオープンした。 

神戸コンベンションコンプレックス
Kobe International Conference Center01s3200.jpg
情報
用途 会議場、展示施設、レセプション
事業主体 神戸市
管理運営 指定管理者:神戸コンベンションコンソーシアム[1]
竣工 1981年
所在地 650-0046
兵庫県神戸市中央区港島中町
座標 北緯34度39分53.64秒 東経135度12分44.86秒 / 北緯34.6649000度 東経135.2124611度 / 34.6649000; 135.2124611 (神戸コンベンションコンプレックス)座標: 北緯34度39分53.64秒 東経135度12分44.86秒 / 北緯34.6649000度 東経135.2124611度 / 34.6649000; 135.2124611 (神戸コンベンションコンプレックス)
テンプレートを表示

ホール、展示場、ホテル、会議場群で構成され、あらゆる種類の会議・レセプションに対応している。

概要編集

1981年昭和56年)に開催した神戸ポートアイランド博覧会を契機として、神戸のコンベンション施設の中核エリアとして建設・整備された。翌年1982年(昭和57年)には神戸市コンベンション推進本部を設置し、国内初のコンベンション都市づくりが行われた。国内では類例の少ない、会議場、展示場、ホテルが一体となったオールインワン型のコンベンションゾーンである。

市民広場(コンベンションセンター)駅を中心に、コンベンション西エリアとコンベンション東エリアに分かれる。各施設は屋根付き回廊で結ばれている。また、国内で最も空港に近く、市街地三宮神戸ポートターミナル等にも近く、神戸医療産業都市も徒歩圏内であることから、アクセスの良い利便性の高いエリアに立地している。

施設編集

 
ワールド記念ホール
 
神戸国際会議場
 
ポートピアホテル
 
ポートピアホール

コンベンション西エリア編集

コンベンション東エリア編集

交通アクセス編集

三宮駅から約10分、神戸空港駅から約8分
  • 山陽新幹線 新神戸駅より、ポートピアホテルシャトルバス(無料)で25分
  • JR・阪急・阪神・地下鉄各線三宮駅より、ポートピアホテルシャトルバス(無料)で15分

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 近年では「神戸コンベンションセンター」と総称する。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集