メインメニューを開く

神戸ファッション造形大学短期大学部

神戸ファッション造形大学短期大学部(こうべふぁっしょんぞうけいだいがくたんきだいがくぶ、英語: Kobe College of Fashion and Design)は、兵庫県明石市明南町2-1-50に本部を置いていた日本私立大学である。1967年に設置され、2011年に廃止された。本稿では前身校(明石女子短期大学、明石短期大学、神戸文化短期大学)についても説明する。

神戸ファッション造形大学短期大学部
Kobe-Univ-of-Fashion-and-Design-2012081601.jpg
大学設置 1967年
創立 1937年
廃止 2011年
学校種別 私立
設置者 学校法人福冨学園
本部所在地 兵庫県明石市明南町2-1-50
学部 ファッションデザイン学科
テンプレートを表示

概観編集

大学全体編集

神戸ファッション造形大学短期大学部は、兵庫県明石市内にあった日本私立短期大学学校法人福冨学園により同学園経営の神戸ドレスメーカー女学院神戸市中央区)創立30周年記念事業として1967年明石女子短期大学として設置された。かつては3学科を擁していたが、神戸ファッション造形大学開学後は、服飾系の学科のみとなった。野々池貯水池に隣接しており、周囲には明石市立小中学校や明石南高校、神戸市立小中学校などがあり、教育施設が密集した地区にあった。

1990年以降は短大名に「神戸」と冠していたが、所在地は神戸市ではなく明石市であった。

建学の精神(校訓・理念・学是)編集

明石短期大学編集

  1. 豊かな人格をそなえた人材の育成
  2. 幅広く応用し得る専門技術
  3. よりよき実生活の創造[1]

神戸ファッション造形大学短期大学部編集

  • 建学の精神は「人・創造・未来」となっていた。これは創始者である福冨芳美による言葉である。

教育および研究編集

明石短期大学および神戸文化短期大学編集

  • 服飾学科 - ファッションを流行の服飾として捉えるにとどまらず、ファッション産業界をも見据えたカリキュラムを用意していた。
  • デザイン美術科 - 総合的な造形教育を通じて創造性の開発に取り組んでいた。
  • 教養学科 - 国際的視野に立つ豊かな教養と実務能力を身につけることに力をいれていた。単位取得により秘書士の称号を得ることができた。

神戸ファッション造形大学短期大学部編集

  • ファッションデザイン学科 - ファッション業界で活躍するに相応しい人材育成に力をいれていた。

学風および特色編集

  • 神戸ファッション造形大学短期大学部におけるファッションデザイン学科には、「アパレルデザイン」・「ファッションビジネス」・「インテリアデザイン」・「総合デザイン」の各コースがあった。
  • 1年次には「カフェテリア履修」と称したカリキュラムがあった。いわゆる一般教育科目に相応するものでもあり、「調理学」や「食物学」、洋菓子の「製菓実習」もあった。
  • 短大の一大イベントとしてファッションショーがあった。

沿革編集

  • 1937年 - 神戸ドレスメーカー女学院(英称:Kobe Dressmaker Jogakuin)が創設される。
  • 1967年 - 明石女子短期大学(あかしじょしたんきだいがく、英称:Akashi Women's Junior College)として開学。服飾学科を置く[2]
  • 1969年 - 明石短期大学(あかしたんきだいがく、英称:Akashi Junior College)と改称し、男女共学となる。
  • 1970年 - 学科を増設する。
    • 教養学科[3]
    • デザイン美術科[4]
  • 1990年 - 神戸文化短期大学(こうべぶんかたんきだいがく 英称:Kobe College of Liberal Arts)と改称[5]
  • 2002年 - 専攻科造形専攻を設置。
  • 2008年 - 神戸ファッション造形大学短期大学部に改組。服飾学科をファッションデザイン学科に改称。
  • 2009年度を最後に、学生募集を打ち切る[6]
  • 2011年 - 閉校。
  • 2013年 - 文部省の廃止認可を受ける[7]

跡地編集

2013年に校舎は解体され[8]、住宅の分譲地となった[9]

基礎データ編集

所在地編集

  • 兵庫県明石市明南町2-1-50

校歌編集

交通アクセス編集

  • JR神戸線西明石駅下車。
    • 神姫バス 5系統、6系統 上ヶ池公園・沢野経由高丘巡回天郷行 [鳥羽弁財天バス停] 下車後8分
    • Tacoバス 西明石北ルート [野々池貯水池バス停] 下車後3分
かつて1998年春頃まで神姫バス,明石市営バスが明石駅-硯町-西明石-明石短大前(短大線)を共同運行していた。[10]

教育および研究編集

組織編集

学科編集

明石短期大学および神戸文化短期大学編集

  • 服飾学科
  • 教養学科
  • デザイン美術科

神戸ファッション造形大学短期大学部編集

  • ファッションデザイン学科

専攻科編集

  • 神戸文化短期大学時代に造形専攻が設けられていた。

別科編集

  • なし
取得資格について編集
  • 明石短期大学および神戸文化短期大学の時代には以下の教職課程や資格課程があった。
    • 中学校教諭二種免許状
      • 家庭:服飾学科
      • 美術:デザイン美術科
      • 社会・司書教諭:教養学科
    • 司書:教養学科
    • 衣料管理士:服飾学科
    • 社会教育主事:教養学科
    • 秘書士:教養学科

学生生活編集

部活動・クラブ活動・サークル活動編集

大学関係者と組織編集

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

  • 福冨芳美:初代学長
  • 福冨昌佑:元学長
  • 白川渥:名誉教授、明石短期大学校歌の作詞者

施設編集

キャンパス編集

対外関係編集

社会との関わり編集

  • 高大連携や出前講義が行われていた。

卒業後の進路について編集

就職について編集

編入学・進学実績編集

関連項目編集

公式サイト編集

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 『兵庫県大百科事典』上巻、40頁
  2. ^ 当初の在学者数は47人となっている。
  3. ^ 当初の在学者数は女子36人となっている。
  4. ^ 当初の在学者数は38人(うち女子19人)となっている。
  5. ^ 1990年版の『全国短期大学受験要覧』(廣潤社)に掲載された入試要項では学校名は「明石短期大学」となっており、校名変更についての十分な事前告知はなされなかったようである。また、キャンパス移転や新学科設置なども行われなかったことから、単なるイメージチェンジをねらった改称ではないかとも考えられる。
  6. ^ 神戸文化短大時代の1995年以降は毎年定員を下回っており、経営難に陥っていた(『朝日新聞』 2009年6月11日夕刊)。
  7. ^ 地方私大の閉校相次ぐ 自治体が誘致、計画の甘さ浮き彫りに…進む淘汰 西日本新聞 2019年5月15日(水) 10:20配信
  8. ^ 神戸ファッション造形大学は解体作業中
  9. ^ プロムナード明南レジデンス
  10. ^ 市バス 年表 ~市バスの走る街 明石市営バス私設サイト~

この項目は、プロジェクト:大学テンプレートを使用しています。