メインメニューを開く
神戸港 > 新港 (神戸市) > 神戸ポートターミナル

神戸ポートターミナル(こうべポートターミナル)は、神戸港新港大正時代に建設された日本最大の客船用埠頭(新港第四突堤)と施設(ターミナルビル)の総称。所在地は兵庫県神戸市中央区新港町。

神戸ポートターミナルビル
Kobeportterminal 2015.jpg
情報
構造形式 鉄骨鉄筋コンクリート構造
延床面積 21,437 m²
階数 3階建
竣工 1945年4月
所在地 兵庫県神戸市中央区新港町4-5
テンプレートを表示

概要編集

 
Q1、Q2バースに其々接岸するクルーズ客船

1907年明治40年)9月16日、神戸港第一期修築工事が着工。この修築工事が完工する前に、突堤西側に上屋が完成し、船客乗降場として使用されていた[1]。長さは649m(東側岸壁)と589m(西側岸壁)で水深12mから10mのバース6つを備えており、10万トン超級の客船の接岸に対応、5万トン級程度の客船なら同時4隻の接岸に対応する。

現在のターミナルビルは1970年昭和45年)4月、突堤東側に竣工した。CIQを備え、外航客船・国際フェリー用埠頭として、世界各国のクルーズ客船上海行き外航定期客船に使用されている。2008年1月15日まで関西汽船の国内フェリー航路(関西別府航路、小豆島季節便)も使用していた。(2008年1月15日から六甲アイランドフェリーターミナルに移転)

また、老朽化が進んでいたため、2014年平成26年)1月から約20億円かけ耐震工事を含めた改修工事を行い、2015年(平成27年)3月26日にリニューアルオープンした[2][3][4]。新しく設置された搭乗橋は、国内最大級である長さ46メートル、海面からの船乗降口の高さが16.7メートルまで対応し、バリアフリー化[5]。屋上サインはこれまで東側が「PORT OF KOBE」、西側が「ポートターミナル」だったが、リニューアルにより東側が「Welcome to KOBE」、西側が「PORT TERMINAL」に改められ、ライトアップも新しくなった。

神戸港一帯はみなとオアシスとして登録していて、みなとオアシスKOBEの新港突堤地区における基本施設である。

施設編集

 
ポートターミナルビルのバルコニー
 
ポートターミナルビル送迎デッキと直結するポートターミナル駅(右端)
  • ターミナルビル
    • 3F
      • 玄関ホール
      • 待合ロビー
      • 神戸ポートターミナルホール - 大ホール1,000㎡。2,500人収容。
      • 送迎用デッキ
    • 2F
    • 1F
      • 船社カウンタ
      • 待合ロビー
  • Q2上屋(旧第四突堤船客乗降場上屋) - 1931年(昭和6年)、突堤西側にあった上屋を突堤東側に移転改築[6]1982年屋上改修[7]。乗降場として使用されていた当時はポートトレインが入線していた。現在はNPO法人により創作活動やイベントの場としても利用されている。
  • みどりの広場

接岸する主な客船編集

定期航路編集

主な外航客船(不定期)編集

など

交通アクセス編集

 
ポートターミナル駅ホームよりQ1バースへ接岸中のぱしふぃっくびいなすを見る

周辺編集

近隣の旅客船ターミナル編集

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ 第1期、第2期修築工事”. 神戸大学附属図書館. 2015年5月23日閲覧。
  2. ^ 神戸ポートターミナルのリニューアルオープン”. 神戸市. 2015年5月23日閲覧。
  3. ^ 神戸ポートターミナル改修「上質に」 26日オープン”. 神戸新聞NEXT. 2015年5月23日閲覧。
  4. ^ 神戸ポートターミナルがリニューアル、国内最大級の搭乗橋導入”. Web CRUISE マガジン. 2015年5月23日閲覧。
  5. ^ 神戸ポートターミナル、国内最大級の搭乗橋を整備”. 産経ニュース. 2015年5月23日閲覧。
  6. ^ ◦Dr.フランキーの街角たんけん 第28回(最終回) 埠頭を渡る風~新港突堤を歩く~”. 月刊・きんもくせい. 2015年5月23日閲覧。
  7. ^ 工事実績”. 北川瀝青工業. 2015年5月23日閲覧。
  8. ^ 月刊神戸っ子1975年4月号「海船港/クイーンエリザベスII号日本へ初入港!」 - 月刊神戸っ子

外部リンク編集