神戸国際ギャング

神戸国際ギャング』(こうべこくさいギャング)は、1975年10月14日に公開された日本映画

神戸国際ギャング
監督 田中登
脚本 松本功
山本英明
製作 俊藤浩滋
三村敬三
橋本慶一
出演者 高倉健
真木洋子
和田浩治
夏八木勲
石橋蓮司
大滝秀治
田中邦衛
丹波哲郎
菅原文太
音楽 青山八郎
撮影 赤塚滋
編集 市田勇
製作会社 東映京都撮影所
配給 東映
公開 日本の旗 1975年10月14日
上映時間 98分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ヤクザ菅谷政雄の経歴をモチーフにした「実録もの」の一作[1]高倉健にとって東映専属俳優として最後の出演作品であり、高倉と菅原文太が共演した最後の映画作品でもある。

封切り時の同時上映作品は『好色元禄㊙物語』(主演:ひし美ゆり子、監督:関本郁夫)。

ストーリー編集

1947年昭和22年)の神戸三宮界隈。団、大滝ら若者たちは愚連隊を組み、生き抜くために進駐軍から盗んだ物資の横流しで生計を立てていた。三宮では、焼け跡の闇市ショバ代をめぐり、華僑系ギャング「九龍同盟」と在日韓国・朝鮮人系ギャング「三国人連盟」が激しく対立していた。九龍同盟と取引があった関係で用心棒となっていた団たちは、三国人連盟と対立状態となる。

抗争の激化のすえ、連盟のボス・朴を倒すことを決意した団たちは、鈴蘭台の朴の別荘に乗り込み、朴を射殺。その際に大滝が、たまたま配達のために居合わせた酒屋の男まで射殺してしまう。この事件をきっかけに、グループは団・テル・中尾・ノウガキ・ポチ・マキ・五郎の派閥と大滝・タモツ・勝らの派閥に分裂する。

ある日、団は朴殺害の容疑で逮捕された。団は罪をひとりで引き受けて加古川刑務所に服役するが、彼を追って服役してきたポチの報告で、大滝が自分を警察に売ったことを知って復讐を決意し、ともに脱獄する。それはポチの義憤による方便で、実際にはタモツの独断であった。事情を知った大滝は驚くが、意地から団グループとの抗争を受け入れた。

団らは、進駐軍のMPの一部による、日本の富裕層から接収した宝石の横流し計画に大滝グループが一枚噛んでいることをつかみ、アジトを急襲する。双方が撃ち合う中、ギャングの一網打尽を狙った進駐軍と警察がアジトを包囲し、一斉射撃を加える。三つ巴の撃ち合いの果てにたったひとり生き残ったマキは、宝石箱に手榴弾を山のように積み、そのうちの1個のピンを引き抜いた。

キャスト編集

スタッフ編集

製作編集

主人公・団のモデルとなった菅谷政雄は東映のプロデューサー・俊藤浩滋の幼なじみであった[1]。「実録」を銘打たれたものの、脚本家・松本功によれば「後半はほとんどウソっぱちの話になってしまった[1]」。

監督として、日活ロマンポルノの異色作で評価が高かった田中登が外部招聘された。田中にとって、他社作品かつ一般映画として最初の作品である。

主人公と行動をともにする若者を演じたガッツ石松は当時現役のプロボクサーで、公開時は世界ボクシング評議会(WBC)ライト級チャンピオンの座にあった。ガッツの現役時の映画出演作は本作が3作目。

高倉は本作でキャリアで数少ない濡れ場を演じている[1]高倉はシーンをカットするようプロデューサー・俊藤に頼んだが、そのまま公開されたために高倉は東映を去った[要出典]

特報予告編には『脱獄広島殺人囚』『暴力金脈』『ジーンズブルース 明日なき無頼派』のBGMおよび、『県警対組織暴力』の映像が流用されている。本予告編には『暴力金脈』『三代目襲名』『まむしと青大将』のBGMが流用されている。

興行成績・評価編集

脚本家・松本功は「宣伝にも金をかけた大作だったけど、実録映画もはざまの時期になったせいか、当たらなかったね」としている[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e 緊急追悼連載! 高倉健 「背中の残響」(18)菅原文太との共演作の意外な評価 アサ芸プラス、2015年1月19日。
    文中で本作の高倉について「生涯で唯一と呼べるカラミ」としているが、高倉の濡れ場は『君よ憤怒の河を渉れ』(1976年)にもある。

外部リンク編集