メインメニューを開く

神戸市立山手小学校(こうべしりつ やまてしょうがっこう)は、かつて兵庫県神戸市中央区中山手通四丁目に存在した公立小学校諏訪山小より1年遅く1901年(明治34年)開校。隣接して北側の諏訪山小が男子校、南側の山手小が女子校であった[3]

神戸市立山手小学校
神戸市立山手小学校校舎 199105[1](199105)
過去の名称 神戸市立山手小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 神戸市
設立年月日 1901年(明治34年)[2]
閉校年月日 1994年3月
共学・別学 男女共学
所在地 650-0004
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

1926年(大正15年)区域改正により、男女児とも収容することとなる。 1947年(昭和22年)4月1日の学校教育法の施行とともに、戦後の新制小学校に移行した。 1994年(平成6年)3月閉校になり、下山手小学校と合併して生田中学の跡地において神戸市立山の手小学校となった。

山手小学校閉校後の跡地は、北側に隣接していた神戸市立諏訪山小学校こうべ小学校の前身)に吸収された。

目次

沿革編集

神戸市立山手小学校編集

  • 1901年 - (明治34年)4月1日 山手尋常小学校として開校。(女子校(1925年(大正14年)まで))[4][5]
  • 1905年 - (明治38年)4月1日 山手尋常高等小学校と改称し、高等科を置く[6]
  • 1909年 - (明治42年)4月 山手尋常小学校と改称。(義務教育延長により、高等小学校1,2年は尋常小学校5,6年となる。)[7][8]
  • 1913年 - (大正2年)花隈町全域が通学区域となる[9]
  • 1918年 - (大正7年)6月15日 第一回校舎改築落成式(創立当時の木造平屋造りの一部を改築して二階建としたもの。当時の平面図によれば、北側(諏訪山小側)に4教室増えている。)[10]
  • 1920年 - (大正9年)4月1日 山手尋常高等小学校と改称し、再び高等科を置く[11]
  • 1921年 - (大正10年)12月15日 第二回校舎改築落成式(於新講堂)。当時としては珍しい鉄筋コンクリート四階建の校舎となり、最後までこの校舎が使われた[12]
  • 1926年 - (大正15年)区域改正により、男女児とも収容することとなる。このときの改正で、再度筋町全部と楠谷町全部が入り、戦後の校区に引き継がれた。(楠谷町は現在の行政区域では兵庫区であり違和感があるが、大正時代とは行政の仕組みが異なるためと考えられる[13]。詳細不明。)
    • 校名改称 神戸市山手尋常小学校。高等科1,2年は中宮校へ移す[14]
  • 1939年 - (昭和14年)校歌制定(創立40年(皇紀2600年からみの)記念事業)[15]
  • 1947年 - (昭和22年)4月1日 神戸市立山手小学校に改称。(男女共学
  • 1994年 - (平成2年)4月1日 下山手小学校と合併して神戸市立山の手小学校となる。

校歌編集

  • 昭和14年3月18日校歌完成、同年5月23日文部省検定了、認可。
  • 作詞谷口幹治(当時の山手小校長)、作曲瀬戸口藤吉(海軍軍楽師。当時、軍艦行進曲などの作曲家として知られ、「日本行進曲の父」と讃えられる。)[16] 増田平雄補作。[17]
  • 歌詞は、谷口校長の「校魂を養う教育」の思想が反映されている[18]

関係者編集

教職員編集

著名な出身者編集

ギャラリー編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 神戸海洋気象台と山手小学校の界隈
  2. ^ 神戸市文書館 学校史 J3 803 創立八十周年記念誌 和と輪(山手小学校) 昭和56年
  3. ^ (神戸山手大学自己評価報告書(200906)より) 当時女児ばかりの学校であった神戸市立山手尋常高等小学校もその例外ではなく
  4. ^ 山手教育四十年P106 神戸市山手尋常小学校 編 昭和15年 国会図書館デジタル化資料 P7「建設の由来」に明治26年に学校用地を取得していた旨の記載がある。
  5. ^ 「神戸今昔散歩 彩色絵はがき・古地図から眺める」 原島広至 中経出版 (2011/09 出版)ISBN:9784806141556 P112-113に、山手尋常小学校建設前の明治20年代後半、明治30年代前半の写真が掲載されている。また、P114に小寺邸(現相楽園)の東隣に、明治30年代後半の校舎屋根の写真が掲載されている。P115の下の「手彩色絵はがき」の右下に、昭和初期の校舎と校庭の東側部分が掲載されている。
  6. ^ 山手教育四十年P31 神戸市山手尋常小学校 編 昭和15年 国会図書館デジタル化資料
  7. ^ 山手教育四十年P188 神戸市山手尋常小学校 編 昭和15年 国会図書館デジタル化資料
  8. ^ 高等小学校 1907年(明治40年)3月21日 - 小学校令の一部改正により、澤柳政太郎文部次官の下、修業年限が6年に延長。高等小学校の旧1・2年を尋常小学校5・6年とし、高等小学校の旧3・4年を高等小学校の新1・2年とした。
  9. ^ 山手教育四十年P106 通学区域の変遷 神戸市山手尋常小学校 編 昭和15年 国会図書館デジタル化資料
  10. ^ 山手教育四十年8コマ目写真、P14-15 神戸市山手尋常小学校 編 昭和15年 国会図書館デジタル化資料
  11. ^ 山手教育四十年P169 神戸市山手尋常小学校 編 昭和15年 国会図書館デジタル化資料
  12. ^ 山手教育四十年8コマ目写真,P25,P175 神戸市山手尋常小学校 編 昭和15年 国会図書館デジタル化資料
  13. ^ 神戸市文書館 昔の神戸 明治22年の市政町村制による「行政町村」の成立の項( ”明治22年4月の市制町村制の施行にともない、神戸区に菟原郡葺合村と八部郡荒田村を併せて神戸市が誕生した。”)および”写真を見る”参照
  14. ^ 山手教育四十年P62-63,P107 神戸市山手尋常小学校 編 昭和15年 国会図書館デジタル化資料
  15. ^ 山手教育四十年 10,11コマ目 神戸市山手尋常小学校 編 昭和15年 国会図書館デジタル化資料
  16. ^ 山手教育四十年P104-5 神戸市山手尋常小学校 編 昭和15年 国会図書館デジタル化資料
  17. ^ 卒業名簿写真
  18. ^ 山手教育四十年P332(図示あり) 神戸市山手尋常小学校 編 昭和15年 国会図書館デジタル化資料
  19. ^ (学校法人 神戸山手学園 歴史・沿革より) 神戸山手学園は1924年、大正13年5月9日「山手学習院」として諏訪山の麓に設立されました。杉野精造神戸市立山手尋常高等小学校校長が発起人となり、前神戸市長・鹿島房次郎(後に川崎造船所社長、神戸商工会議所会頭を歴任)を初代校長に迎え、小学校保護者及び地元有志の浄財によって設立された学校が神戸山手学園の前身です。
  20. ^ (神戸山手大学自己評価報告書(200906)より) 杉野は明治39年4月、満32歳で神戸市立山手尋常高等小学校校長に就任し、その在任期間は23年間におよび、「初等教育界をして斯界の麒麟児」と畏敬を受ける存在であった。「大正後半期以降中学校・高等女学校進学希望者が顕著に増加し、学校数も増加したが、その収容数は必ずしも需要に充分対応しうるものではなかった」(文部省『学制百年史』)とあるが、当時女児ばかりの学校であった神戸市立山手尋常高等小学校もその例外ではなく、高等女学校への進学を断念せざるを得ない女児が多数にのぼる状況であった。こうした子女の進学難を緩和するため新たな高等女学校の創設・経営を目的とした「山手家庭慶福会」が、大正13(1924)年、杉野精造発起のもと、同校保護者有志の賛同と協力とによって結成され、同年5月9日付で本学園の前身である「山手学習院」設置認可にいたった。
  21. ^ 「夢」を実現した軌跡をたどる Jリーグを創った男・佐々木一樹 第1回 大住良之

関連項目編集

外部リンク編集