神戸市立須磨海づり公園

神戸市立須磨海づり公園(こうべしりつすまうみづりこうえん)は、兵庫県神戸市須磨区に存在するレジャー施設海岸から沖合に向けて桟橋(釣台)が伸びており、料金を払い海釣りができる施設となっている。

概要編集

釣り場は大きく4つの第1釣台から第4釣台からなり、第1釣台と第2釣台の間には、特徴的な円形管理棟(売店、軽食堂)があり、海岸線に近い第4釣台はマダイの釣場(海洋放牧場)となっている。2018年までの料金は基本料(大人4時間)1,000円[1]。クロダイ(チヌ)やアジサバタチウオなどベテランから初心者まで幅広い魚種を狙える釣り場となっていた[2]

歴史編集

1976年開業。最盛期の1984年には入場者数約12万人が来園したが徐々に減少。2018年に台風の影響で休園する前には年間5-6万人で推移していた。2018年の台風21号が接近した際には、満潮時刻と重なったため、公園内の生簀の金網の大部分と園内の電気系統が損傷する被害が出て、以後休園を余儀なくされた。神戸市では2020年に再開する計画で復旧を進めている[3]

アクセス等編集

脚注編集

  1. ^ 神戸市立須磨・平磯海づり公園”. 公式ホームページ. 2019年6月16日閲覧。
  2. ^ 台風被害の釣り公園、遠い復旧 「立ち入り禁止」”. 朝日新聞デジタル (2018年12月11日). 2019年6月16日閲覧。
  3. ^ 魚は増えているが閉園状態 須磨海づり公園の今をレポート”. 神戸新聞NEXT (2019年6月14日). 2019年6月16日閲覧。