メインメニューを開く

神戸新開地・喜楽館(こうべしんかいち・きらくかん)は、兵庫県神戸市兵庫区新開地二丁目にある寄席落語を中心として興行が連日おこなわれている。2018年にオープンし、2019年現在は天満天神繁盛亭に次ぐ上方落語の定席の一つとなっている。

神戸新開地・喜楽館
KobeKirakukan.JPG
情報
完成 2018年7月
開館 2018年7月11日
客席数 212
所在地

652-0811
兵庫県神戸市兵庫区新開地2丁目4番13号

位置 北緯34度40分38.9秒 東経135度10分10.7秒 / 北緯34.677472度 東経135.169639度 / 34.677472; 135.169639座標: 北緯34度40分38.9秒 東経135度10分10.7秒 / 北緯34.677472度 東経135.169639度 / 34.677472; 135.169639
アクセス 神戸高速線新開地駅東改札口3番出口から徒歩2分
外部リンク https://kobe-kirakukan.jp/

通称は喜楽館

目次

歴史編集

神戸の歓楽街である新開地には寄席として「神戸松竹座」があったが、1976年に閉館していた[1]。2014年に当時上方落語協会会長だった6代桂文枝が「神戸あたりにも上方落語の定席を」と発言したと報じられたのをきっかけに、地元商店街より寄席開設の要望が上方落語協会に寄せられた[2][3]。まもなく協議が開始されたが、いったん凍結状態となる[2]。その後、県や市の協力を得て検討が再開され、2016年秋に上方落語協会の臨時総会で事業推進を可決、2017年3月に上方落語協会・兵庫県・神戸市とNPO法人の間で協定が締結されるとともに「(仮称)神戸新開地演芸場」として構想が公表された[2][3]。建設費の2億円は半分が国からの補助、残る半分が兵庫県と神戸市の助成で贖われている[4]。立地はかつて「神戸松竹座」のあった筋向かい[5]、やや南側[6]に当たる。

名称は2017年3月より公募され、同年8月16日に応募1046通から「神戸新開地・喜楽館」に決定したことが6代桂文枝らにより発表されて同日起工式が実施された[7]。この名称決定に関しては、桂文枝が知人に応募させたのではないかという報道が2018年1月になされたが、喜楽館を運営するNPO法人は正式決定以前に文枝からそうした名称について聞いたことはないと疑惑を否定し、名称は当初決定通りとなった[8]

2018年2月16日にこけら落としを7月11日とすることが発表された[9]。7月8日と9日のプレオープンイベントを経て[10][11]、予定通り7月11日にこけら落としがおこなわれ、記念行事として落語家50人が新開地商店街をパレードした[12]

開館時点では桂文枝が名誉館長を務め、舞台に掲げられている「喜」の文字は文枝によるものである[13]。また、ロゴマークにある碇を模したイラストは桂あやめによる[14]

オープンから2019年3月末までの265日間の入場者数は4万5800人で、天満天神繁昌亭のオープンから同時期の動員の半分以下だが、NPO法人側は「ほぼ予想通り」としている[15]。寄席講演をおこなう昼席の入場者は平均で定員の6割近くとなっている一方、レンタル利用の夜席や地域活性化には課題があると報じられている[16]。喜楽館では桂あやめの企画で御朱印帳を模したスタンプカード「御笑印帳」(100円)を新設し、8回の来場で1回分が無料になるサービスを実施するとしている[15][16][17]

特徴編集

運営はNPO法人「新開地まちづくりNPO」が当たっている[4]。番組編成は、上方落語協会の喜楽館担当委員会(神戸に縁のある落語家約10名で構成)が選定する[1][5]。開館前の2018年2月には元ABCラジオプロデューサーを支配人に選定したが[18]、その後辞退して開館時点では支配人が不在となっている[5]

寄席の終演後には当日出演した落語家がロビーで観客の見送りをおこなっている[19](同様の慣行は天満天神繁昌亭でもおこなわれている[20])。

番組編集

  • 昼席 14:00 - 16:30
    • 落語6-7席と色物
  • 夜席 17時台以降(演目によって異なる)
    • 貸しホールとして落語に限らない公演をおこなう

料金編集

  • 一般: 前売2,300円 当日2,800円(昼席の料金。夜席は公演ごとに異なる)
団体割引は10人以上から。

最寄り駅編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b “特集・神戸新開地喜楽館 桂文之助さん「実力ある若手をトリに」 喜楽館に若年ファン期待”. 神戸新聞. (2018年6月30日). https://www.kobe-np.co.jp/rentoku/kirakukan/201806/0011402220.shtml 2019年1月1日閲覧。 
  2. ^ a b c 喜楽館誕生物語 - 神戸新開地・喜楽館公式ウェブサイト
  3. ^ a b “神戸新開地に演芸場、来年7月オープン”. Lmaga.jp. (2017年3月14日). https://www.lmaga.jp/news/2017/03/21467/ 2019年1月2日閲覧。 
  4. ^ a b “落語の定席「神戸新開地・喜楽館」 7月11日オープン”. 神戸新聞. (2018年5月27日). https://this.kiji.is/373339590423135329 2019年1月1日閲覧。 
  5. ^ a b c “上方落語 新たな才能を開く地に 神戸にも定席(もっと関西)”. 日本経済新聞. (2018年7月20日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33167680Z10C18A7AA2P00/ 2019年1月1日閲覧。 
  6. ^ 30.7.8 神戸松竹座跡に案内板が! - 兵庫区ウェブサイト(2018年7月8日)
  7. ^ “神戸の演芸場は「喜楽館」 一般公募で、文枝さん発表”. 産経新聞. (2017年8月16日). https://www.sankei.com/photo/daily/news/170816/dly1708160005-n1.html 2019年1月1日閲覧。 
  8. ^ “桂文枝会長「喜楽館」疑惑、名称変更「考えてない」”. 日刊スポーツ. (2018年1月23日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201801230000404.html 2019年1月1日閲覧。 
  9. ^ “「神戸新開地・喜楽館」7月11日開館 料金も発表”. 神戸新聞. (2018年2月16日). https://www.kobe-np.co.jp/news/odekake-plus/news/detail.shtml?news/odekake-plus/news/pickup/201802/10990826 2019年1月1日閲覧。 
  10. ^ “喜楽館プレオープン 神戸松竹座跡地で顕彰の案内板除幕式”. デイリースポーツ. (2018年7月8日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/07/08/0011425974.shtml 2019年1月3日閲覧。 
  11. ^ 7月8日(日)9日(月)喜楽館プレオープンと松竹座跡案内板の除幕式が行われました! - 神戸新開地・喜楽館(2018年7月10日)
  12. ^ “落語家ら50人がパレード 神戸・新開地「喜楽館」がオープン/兵庫県”. サンテレビジョン. (2018年7月11日). http://sun-tv.co.jp/suntvnews/news/2018/07/11/1965/ 2019年1月1日閲覧。 
  13. ^ “『喜楽館』盛況オープン!文枝、歌丸さんから「『がんばれよ』と」”. サンケイスポーツ. (2018年7月12日). https://www.sanspo.com/geino/news/20180712/geo18071205020013-n1.html 2019年1月5日閲覧。 
  14. ^ 松本寿美子 (2018年6月7日). “目玉?愛嬌たっぷり 神戸新開地・喜楽館のロゴ誕生”. 神戸新聞. https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201806/0011333569.shtml 2019年3月3日閲覧。 
  15. ^ a b “「神戸新開地・喜楽館」オープン1周年 笑福亭仁智らが口上”. スポーツニッポン. (2019年7月11日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/07/11/kiji/20190711s00041000257000c.html 2019年7月21日閲覧。 
  16. ^ a b “落語・喜楽館1周年 桂米団治さん「劇場の成長これから」”. 神戸新聞. (2019年7月11日). https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201907/0012506345.shtml 2019年7月21日閲覧。 
  17. ^ “桂あやめ発案 新開地の喜楽館1周年、8回来場で1回無料のスタンプ御“笑”印帳”. デイリースポーツ. (2019年7月11日). https://www.daily.co.jp/gossip/2019/07/11/0012505785.shtml 2019年7月21日閲覧。 
  18. ^ “神戸・新開地喜楽館 支配人に元ABCプロデューサー”. 神戸新聞. (2018年2月2日). https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201802/0010951889.shtml 2019年1月1日閲覧。 
  19. ^ 喜楽館で初笑い (PDF) - 兵庫区広報紙『ひょうご』2019年1月号、p.16
  20. ^ 古典芸能に親しむ観光スポット 上方落語は天満天神繁昌亭で - SmartMagazine KANSAI(2015年12月27日)

関連項目編集

外部リンク編集