メインメニューを開く

神戸海洋博物館(こうべかいようはくぶつかん)は、兵庫県神戸市中央区メリケンパークにある「海・船・港」をテーマとする博物館神戸港のシンボルの一つになっている。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 神戸海洋博物館
Kobe maritime museum2.jpg
施設情報
前身 神戸国際港湾博物館
専門分野 海事
管理運営 神戸港振興協会
開館 1987年
所在地 650-0042
兵庫県神戸市中央区波止場町2-2
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示
夜景(ライトアップ)
「疾風」

地理院地図 Googleマップ 神戸海洋博物館

前身は1962年に開館した神戸国際港湾博物館。海事博物館としては世界有数の規模であり、1987年に、幕末の神戸港開港120年を記念して開館した。展示内容は近代神戸港だけでなく、大輪田泊まで遡る[1]

波または帆船の帆をイメージさせる独特な外観の屋上構造物は白色のフレームでできており、六甲山の緑色、神戸ポートタワーの赤色との対比が美しい。夜間は青系の光でライトアップされる。

隣接地では2006年より、川崎重工業企業博物館カワサキワールド」を展開している。

目次

施設編集

1F
  • 展示室A「現代から未来の神戸港」
  • イベントスペース
2F

主な屋外展示物編集

主な屋内展示物編集

建物概要編集

  • 竣工- 1987年
  • 設計- 神戸市港湾整備局
  • 延床面積- 7,564m2 (屋外展示エリア面積を含まず)
  • 所在地- 〒650-0042 兵庫県神戸市中央区波止場町2-2

交通アクセス編集

周辺の名所・文化施設編集

脚注・出典編集

  1. ^ a b 日本経済新聞』朝刊別刷り NIKKEI日経プラス1【何でもランキング】船を知る 心は大海渡へ/3位 神戸海洋博物館。

関連項目編集

外部リンク編集