神戸阪急(こうべはんきゅう)は、兵庫県神戸市中央区にあった阪急百貨店の店舗及びそごう神戸店から屋号変更した同百貨店の店舗である。

  1. 阪急三宮駅(現・神戸三宮駅)と一体になった商業施設(阪急百貨店神戸店)。1992年に「阪急百貨店三宮店」(三宮阪急)に改称後、1995年阪神・淡路大震災で被災し、閉店・解体。「神戸阪急ビル#旧・神戸阪急ビル東館」参照。
  2. 臨海部の再開発地区「神戸ハーバーランド」に新規出店した店舗。1992年10月1日開店、2012年3月11日閉店。「Umie#SOUTH MALL」参照。
  3. そごう神戸店(阪神神戸三宮駅直結)が2019年10月5日に改称・リブランドされた店舗。本稿で述べる。
神戸阪急(三代目)
Kobe Hankyu
Hankyu Department Stores Kobe store 20191104.jpg
地図
店舗概要
所在地 651-8511
兵庫県神戸市中央区小野柄通
八丁目1番8号
座標 北緯34度41分34.9秒 東経135度11分42.9秒 / 北緯34.693028度 東経135.195250度 / 34.693028; 135.195250 (神戸阪急)座標: 北緯34度41分34.9秒 東経135度11分42.9秒 / 北緯34.693028度 東経135.195250度 / 34.693028; 135.195250 (神戸阪急)
開業日 2019年(令和元年)10月5日(三代目神戸阪急)
正式名称 阪急百貨店神戸阪急
施設所有者 エイチ・ツー・オー アセットマネジメント
神高管理
施設管理者 阪急阪神百貨店
商業施設面積 43,563 m²
中核店舗 阪急百貨店と12以上の専門店
営業時間 10:00 - 20:00
駐車台数 588台
前身 そごう神戸店
外部リンク 神戸阪急
Hankyu
テンプレートを表示

概要編集

神戸市随一の繁華街である三宮に位置しており、神戸の主要街路であるフラワーロード国道2号の三宮交差点に面する。

阪急百貨店であるが、2019年そごう神戸店をリブランドした経緯から阪急ではなく阪神神戸三宮駅の改札口と地下で直結している。また、地上はJR三ノ宮駅ペデストリアンデッキで連絡ができる。JR三宮駅北側には阪急電鉄の神戸三宮駅が位置しており、徒歩でのアクセスが可能である。三宮元町界隈においては売上高が旧居留地地区の大丸神戸店に次ぐ、地域2番店である。

そごう神戸店編集

そごう神戸店
SOGO Kōbe
 
本館
店舗概要
所在地 651-8511
兵庫県神戸市中央区小野柄通
八丁目1番8号
開業日 1933年(昭和8年)10月1日
閉業日 2019年(令和元年)9月30日
正式名称 三宮阪神ビル
施設所有者
そごう・西武
神高管理
H2Oアセットマネジメント
施設管理者 H2Oアセットマネジメント
設計者 久野節
施工者 大林組
竹中工務店
商業施設面積 (開業時)10,164
(新館完成時)48,962
(震災後)43,093
(復旧後)43,563 m2
営業時間 10:00 - 20:00
駐車台数 588台
SOGO
テンプレートを表示

そごう神戸店(そごうこうべてん)は、株式会社そごう・西武が2017年10月まで、H2Oアセットマネジメントが2019年9月まで、現在の神戸阪急の建物で運営していた百貨店。

神戸阪急への転換までは、株式会社そごう・西武がライセンサーとなり、国内では唯一の「そごうフランチャイズ店」として運営されていた。

かつては株式会社そごうが経営する直営店3店舗の一つであった。神戸店以外の直営店は、大阪店(後の心斎橋本店。2009年に閉店後、土地・建物を大丸に譲渡し、大丸心斎橋店北館を経て、心斎橋パルコとして営業中)と東京店(読売会館。そごうの経営破綻に伴い閉店・撤退し、跡地にビックカメラが入居)の3店舗で、千葉店以降に開業したそごう各店は全て地域子会社が開業し経営していた[1]

「三宮阪神ビル」でありながら阪神百貨店ではなくそごうが営業していたのは、当時阪神電鉄は梅田に「阪神マート」を開業したばかりで百貨店のノウハウに乏しかったため、当時心斎橋にしか存在しなかったそごうをキーテナントとして招へいしたためとされている。南海難波駅の南海ビルディングと共に、当初は三越が入居する予定だった。

歴史編集

1933年(昭和8年)10月1日三宮駅前に地下2階・地上7階のターミナルデパート「そごう神戸店」として新築開店。施工は大林組。開店時のキャッチフレーズは「神戸そごうの新しき店、新しき品、充実せる百貨」。

戦後1969年(昭和44年)10月3日に、株式会社そごう設立50周年記念事業として増築開店。

大阪万博翌年の1971年から、阪神・淡路大震災翌年の1996年までは地域一番店で、最盛期は1990年に1471億円を売り上げた[2]

1995年(平成7年)1月17日に発生した阪神・淡路大震災で被災し、本館の建物が倒壊するなど大きなダメージを受けた。当店は早期再開を急ぎ、同年4月部分営業を再開、翌1996年(平成8年)4月28日には1年3か月ぶりに全館で営業を再開した。

同年には震災被災者に「元気と夢を与えること」を目的として、敷地内に新設されたサンファーレ広場(現:グランパティオ)にディズニーのからくり時計「世界の人形時計」を新設。人形時計は縦1.6m、横4.9mの大きさで、24体のマスコットによる演出が2008年4月15日まで披露された[3]

しかし、建て替えを選んだ大丸神戸店が1997年に全館で営業を再開すると客が流れ、以降は売上が減少。2000年(平成12年)のそごう経営破綻の遠因となった。

経営破綻後、そごうは西武百貨店との業務提携、ミレニアムリテイリング発足による西武百貨店との経営統合を経て、2006年にセブン&アイグループ入りしている。この過程で、そごうの店舗の多くが閉店し、そごう直営店であった東京店や大阪店も閉店された。一方、神戸店は生き残ったものの、2008年2月期の売上高はピーク時の半分以下の561億円にまで減少していた[4]

2009年セブン&アイグループ内の百貨店事業再編によるそごう・西武発足当初、セブン&アイ・ホールディングスはそごう神戸店を西武池袋本店そごう横浜店などと並ぶ「基幹店」[5]と位置づけ、そごう心斎橋本店閉店後は心斎橋本店に代わる関西地区の事業拠点としていた[6]。しかし業績不振は解消できず、2015年2月期の売上高は2008年2月期よりさらに減少し、ピーク時から1000億円以上減の460億45百万円[7]にまで落ち込んでいた。

2016年のセブン&アイ・ホールディングスそごう・西武の親会社)とエイチ・ツー・オー リテイリング(H2O、阪急阪神東宝グループ)の業務資本提携に合わせ、西武高槻店(→高槻阪急)とともにH2O傘下のエイチ・ツー・オーアセットマネジメントへ運営が移管された。そごう神戸店の社員約530人はそごう・西武に残留するか、譲渡先のエイチ・ツー・オーリテイリングへ移籍するか、いずれかの判断を求められ、民事再生前の株式会社そごう出身で店長の松下秀司など、9割の社員がH2Oリテイリングへ移籍した。うち半数以上の社員はそごう神戸店での勤務一筋だったという[8]

その後は地下食品売り場などの改装を進めつつ、当面はそごうの店舗として運営するとされていたものの、当時からすでに阪急百貨店へ転換の可能性が報じられていた[9]。ついに阪急百貨店への移管が決まり、そごう神戸店としては2019年(令和元年)9月30日に閉店。これで旧そごう本体が直営していた店舗は全て消滅した[1]

建物編集

  • 1981年(昭和56年)に阪神三宮ビル全体をサイディング材で覆ってしまったが、本体は1933年(昭和8年)開業当初の貴重な近代建築である。
  • そごう神戸店時代は阪神・淡路大震災の復旧工事にて、本館のそごうロゴのネオンは緑色(エメラルドグリーン)に変更された(北側は筆記体のものに、西側看板は赤「そごう」から緑「SOGO」に変更された。新館は変更されず赤SOGOのまま)。民事再生直後に改装され、再び赤へ変更された。

神戸阪急編集

グループ内の事業再編に伴い、2019年(令和元年)10月1日に運営母体が阪急阪神百貨店へ移管されて屋号は「神戸阪急」とすることが2018年9月27日にH2Oから発表された[10]

『神戸阪急』の屋号は神戸ハーバーランド内にあった店舗(現:umie SOUTH MALL)で使用されていたことから、同店が2012年(平成24年)3月11日に閉店して以来約7年半ぶりの“復活”となった。また、阪急百貨店としては24年ぶりに三宮へ再進出となる[11]

屋号の変更が発表されることに先立ち、経営移管から3か月後の2018年1月に「神戸阪急」としての方向性を考える5つのプロジェクトチームが発足した。阪急うめだ本店のやり方で大阪で人気の商品を中心に集めて失敗したとされるハーバーランド時代の反省も踏まえ、ほぼ全員がそごう神戸店出身の従業員で構成されているのが特徴である。このチームによって「フェスティバル365」に決めたテーマに合わせて全館のリニューアルに取り組んだ。デパ地下はそごう神戸店だった春から11月27日まで3段階にわたって改装して24店舗を導入し、9階催場は面積を約100坪拡大して六甲山側からの光が入る明るい空間に改め、2階と3階にはワクワク情報発信スペース「パティオステージ」を新設した[12]

この時は地下食品売場を中心とした改装だったが、2022年度からは「都市型百貨店としての標準的な商品力に加え、神戸らしさを取り入れた特徴的なフロアを構築する」として、婦人服や服飾雑貨など商品別の構成だった売場を、衣料品と生活用品を同時に陳列するなどライフスタイル提案型のフロア構成に改めることになった。高槻阪急と合わせて予算は約100億円を投じる[13]。これに先立ち、新館2階「味の一番街」 レストラン「銀座 天一」「鮨処 順」「やぶそば」「文の助茶屋」の全4店舗は2021年9月末で閉鎖した[14]。この4店舗のうち、「やぶそば」は阪急うめだ本店に移転する。

構成編集

 
本館(北東側)
 
本館および新館の構成ビル
註釈 - 各館の名称は、そごう時代は「そごう」神戸阪急時代は「阪急」がそれぞれ先頭に付されている。

沿革編集

 
阪神淡路大震災で半壊した箇所を解体している(1995年)
(神戸市、阪神・淡路大震災「1.17の記録」より)

そごう神戸店編集

  • 1899年(明治32年)6月25日 - 兵庫県神戸市相生町2丁目に十合呉服店神戸支店として開店。
  • 1901年(明治34年)4月3日 - 兵庫県神戸市元町5丁目に移転。
  • 1912年(大正元年)12月5日 - 拡張。
  • 1914年(大正3年) - 拡張。
  • 1914年(大正8年) - 寄宿舎を生田区山本通4丁目に設置。
  • 1920年(大正9年)3月25日 - 拡張。
  • 1931年(昭和6年)2月21日 - 阪神電鉄と三宮阪神ビルの賃貸借契約調印。
  • 1932年(昭和7年)
    • 8月17日 - 神戸支店三宮進出計画発表。
    • 11月26日 - 三宮阪神ビル建築工事起工。
  • 1933年(昭和8年)
    • 8月18日 - 元町神戸支店閉鎖。
    • 10月1日 - 兵庫県神戸市中央区三宮(現在地)に三宮阪神ビルが完成し新築開店する。
  • 1937年(昭和12年)7月7日 - 増築申請許可。
  • 1950年(昭和25年)
    • 6月1日 - インポートバザー開設。
    • 6月30日 - オーバーシーズ・サプライズ・ストア開設。
    • 9月30日 - エクスポートバザー開設。
  • 1952年(昭和27年)1月5日 - オーバーシーズ・サプライズ・ストアを一般に公開。
  • 1955年(昭和30年)10月18日 - 増築決定。
  • 1956年(昭和31年)
  • 1961年(昭和36年)
  • 1963年(昭和38年)9月2日 - 店増築許可。
  • 1964年(昭和39年)10月3日 - 三宮室町殖産ビル (現・さくら三宮ビル) 建築起工。
  • 1965年(昭和40年)8月20日 - 三宮地下街連絡通路・神戸国際会館新館が完成。
  • 1966年(昭和41年)
    • 3月4日 - 株式会社設立50周年記念事業として室町殖産と三宮新築ビルの賃貸借契約締結し三宮室町殖産ビル (現・さくら三宮ビル) が竣工される。
    • 3月31日 - 第一次増築開店。
  • 1967年(昭和42年)
  • 1968年(昭和43年)
    • 2月18日 - 三宮室町殖産ビル (現・さくら三宮ビル) 増築起工。
    • 10月26日 - 三宮室町殖産ビル (現・さくら三宮ビル) の地下1階より地上3階まで営業開始。
  • 1969年(昭和44年)
    • 2月28日 - 三宮室町殖産ビル (現・さくら三宮ビル) の4階より7階まで営業開始。
    • 10月3日 - 増改築の三宮室町殖産ビル (現・さくら三宮ビル) が完成し新装開店する。
  • 1973年(昭和48年)1月 - KSビルの竣工が始まる。
  • 1981年(昭和56年) - 本館の外壁を改装する。
  • 1984年(昭和59年) - 地上9階、地階1階のS・ヨシマツビルが竣工し新装開店する。
  • 1989年(平成元年)6月 - 鉄筋鉄骨コンクリート造の地上7階建の別館・そごうウイング館が完成し新装開店する。
  • 1995年(平成7年)
  • 1996年(平成8年)
    • 4月28日 - 全館復興して開店する。半壊した部分は現在のサンファーレ広場、アクセス改良のためエスカレーターを4列設置した。サンファーレ広場に世界の人形時計を設置し、本館7階にディズニーストアを開業する。
    • 11月 - 神戸国際会館新会館の建設工事が始まる。
  • 1999年(平成11年)5月23日 - 神戸国際会館が新築オープン。
  • 2000年(平成12年) - 運営会社のそごう民事再生法適用を申請する。当店の負債は大阪店、有楽町店と合わせ6,891億円。
  • 2002年(平成14年)3月14日 - そごう民事再生法適用申請を機に売場改良として大改装する。
  • 2008年(平成20年)4月15日 - 東京ディズニーリゾートのスポンサーが終了し世界の人形時計の運営が終了する。
  • 2009年(平成21年)
    • 8月1日 - そごう、西武百貨店、ミレニアムリテイリングが、そごうを存続会社にして合併し、そごう・西武となる。
    • 8月31日 - そごう心斎橋本店が閉店し、これによりそごう創業者・十合伊兵衛の像が移設される。
  • 2016年(平成28年)
  • 2017年(平成29年)
    • 5月11日 - セブン&アイ・ホールディングスは、エイチ・ツー・オー リテイリングにそごう神戸店と西武高槻店の2店を譲渡すると正式発表した。譲渡予定日は同年10月1日を予定している[18]
    • 5月14日 - 新館の外壁工事終了。
    • 10月1日 - エイチ・ツー・オー リテイリングの完全子会社であるエイチ・ツー・オー アセットマネジメントが、会社分割により事業承継[19][20]
    • 11月 - そごう創業者、十合伊兵衛の像がそごう横浜店に移設される。[21]
  • 2019年(令和元年)9月30日 - 閉店。

神戸阪急編集

  • 2019年(令和元年)
    • 10月1日 - 阪急阪神百貨店に移管[10]
    • 10月5日 - 神戸阪急として営業開始[12]
  • 2021年(令和3年)9月30日 - 新館2階「味の一番街」 レストランの全4店舗を閉店
  • 2022年(令和4年)5月8日 - 新館5階の紀伊國屋書店神戸阪急店が閉店(予定)[22]

周辺施設編集

最寄の駅編集

関連項目編集

  • Kiss-FM KOBE - 独立局時代、加古川そごう・西神そごうと共にMusic Clock(時報)スポンサーだった。キャッチフレーズは「あなたの、お気に入りになりたいな」(西神のみ「ふだんが、おしゃれ。」)

兵庫県内のそごう跡地編集

呉服系百貨店を電鉄系百貨店に転換した事例編集

同様に業績が低迷した呉服系百貨店を電鉄系百貨店が引き継いだ事例がある。ただし、屋号が国内には残らず、企業合併が伴い呉服系の法人格は残っている点で異なり、当店が阪急百貨店へ移管される前に全て閉店している。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 株式会社そごう第105期有価証券報告書”. 2015年7月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月9日閲覧。
  2. ^ “神戸阪急始動【下】まちの顔 三宮変貌活気高める力に”. 神戸新聞 (神戸新聞社). (2019年10月9日). https://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/201910/sp/0012771218.shtml 2019年10月9日閲覧。 
  3. ^ 朝日新聞』2008年4月16日付朝刊、神戸・1地方面、24頁。
  4. ^ 2008年2月期決算補足資料P13(セブン&アイ・ホールディングス
  5. ^ 「株式会社そごう・西武」が発足(2009年8月 セブン&アイ・ホールディングス
  6. ^ そごう心斎橋本店の営業終了について そごう・西武、2009年1月26日
  7. ^ 2015年2月期決算補足資料セブン&アイ・ホールディングス
  8. ^ “神戸阪急始動【中】転換 従業員、店づくりの主役に”. 神戸新聞 (神戸新聞社). (2019年10月8日). https://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/201910/sp/0012771218.shtml 2019年10月8日閲覧。 
  9. ^ “そごう神戸店「阪急百貨店」への切り替え検討”. 神戸新聞 (神戸新聞社). (2016年10月13日). https://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/201610/0009577139.shtml 2017年3月6日閲覧。 
  10. ^ a b “そごう神戸店及び西武高槻店に関するグループ内事業再編及び再編に伴う屋号の変更に関するお知らせ” (プレスリリース), エイチ・ツー・オーリテイリング, (2018年9月27日), https://www.h2o-retailing.co.jp/news/pdf/2018/180927yagou.pdf 2018年11月13日閲覧。 
  11. ^ 初代の「神戸阪急」は阪急神戸三宮駅に併設されていた「神戸阪急ビル(→三宮阪急ビル)」内で営業しており、1992年にハーバーランドの2代目「神戸阪急」の開業を機に「三宮阪急」に改称された後、阪神・淡路大震災で三宮阪急ビルが倒壊したために閉店して以来の再進出である。
  12. ^ a b 新生 神戸阪急について (PDF)”. 2019年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年9月15日閲覧。
  13. ^ “エイチ・ツー・オー、神戸阪急など改装に100億円投資 万代と提携、食品強化”. 神戸新聞 (神戸新聞社). (2021年7月28日). https://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/202107/0014543475.shtmll 2021年10月26日閲覧。 
  14. ^ 新館2階「味の一番街」レストラン営業終了のお知らせ (PDF)”. 2021年9月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月26日閲覧。
  15. ^ 沿革”. 室町建物株式会社. 2020年8月30日閲覧。
  16. ^ 自社ビルと神戸国際会館は崩壊
  17. ^ 営業面積15361㎡
  18. ^ “セブン&アイ、H2Oリテイへの百貨店2店譲渡を正式発表”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2017年5月11日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL11HP3_R10C17A5000000/ 2017年5月21日閲覧。 
  19. ^ “そごう神戸店H2O譲渡 店長「魅力向上の好機」”. 神戸新聞. (2017年10月1日). https://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/201710/0010605303.shtml 2017年5月21日閲覧。 
  20. ^ 株式会社そごう・西武のそごう神戸店及び西武高槻店に関する事業の譲受についての契約書締結のお知らせ (PDF) エイチ・ツー・オーリテイリング 2017年8月3日(2018年2月18日閲覧)
  21. ^ “そごう創業者像、引っ越し3都物語 業界再編で今は…”. 朝日新聞. (2018年1月31日). https://digital.asahi.com/sp/articles/ASL1R5HH7L1RPLFA00R.html 2019年10月7日閲覧。 
  22. ^ 三宮からまた一つ書店が消える 神戸阪急の紀伊國屋書店、5月閉店へ” (日本語). 神戸新聞. 2022年3月25日閲覧。

外部リンク編集