メインメニューを開く

神戸電子専門学校(こうべでんしせんもんがっこう)は、兵庫県神戸市中央区にある私立の専門学校

神戸電子専門学校
Kobe Electronic College 02.JPG
英称 Kobe Denshi
学校種別 私立学校
設置者 学校法人コンピュータ総合学園
設置年月日 1958年
本部所在地 650-0002
ウェブサイト 神戸電子専門学校
Portal.svg Portal:教育
Project.svg プロジェクト:学校/専修学校テンプレート
テンプレートを表示

ITや電子工学などのエンジニア系だけでなく、ゲームソフトやサウンドといったエンターテイメント分野から、グラフィック、建築CAD、工業デザインといったデザイン分野にわたり、15学科を擁する総合学園。

校長は福岡壮治

概要編集

設置者は学校法人コンピュータ総合学園。 なお、情報関連の専門学校としては兵庫県下最大級の学校である。

TVCMでは「トノサマバッタという名前ですが、殿様ではありません。」というキャッチコピーで有名。

沿革編集

[1]

  • 1958年 「神戸電子学園」を創立。電子工学及び、TV修理技術の修得を目的とした1年制の専門課程を設置。
  • 1971年 国内初のコンピュータ技術の教科書「電子計算機-総合設計と基本プログラミング」を出版。専門課程にて電子計算機のハード分野教育を開始。
  • 1972年 情報処理技術者試験取得を目標として電子計算科を情報処理科に名称変更。併せてハード分野の専門課程(本科)を情報技術科に名称変更。
  • 1976年 学校教育法の改正により兵庫県下第一号の工業系専修学校として認可。「中館」校舎完成、汎用コンピュータFACOM導入。
  • 1977年 学校法人「福岡学園」立の専修学校として認可。
  • 1979年 第2コンピュータ室完成を機に汎用コンピュータを増設。「北館」校舎拡充。
  • 1981年 「本館」校舎を新築、汎用コンピュータFACOM増設。
  • 1982年 無料職業紹介所認可開設。汎用コンピュータFACOM V830、230/38などを増設。
  • 1984年 収容規模2倍の「南館」校舎完成。文部省(現文部科学省)大型設備資金補助により、TSSオンラインシステムの大型コンピュータを増設し、バッチ処理大型機も併設。
  • 1985年 法人名を「福岡学園」より「コンピュータ総合学園」に改称。
  • 1986年 ビジネス分野の学科設置をおこなうと同時に学科体系を整備。TSSオンラインシステムの大型コンピュータを増設。
  • 1988年 汎用大型コンピュータFACOM M760導入。学校に隣接して学生寮施設2棟を拡充。文部省(現文部科学省)より「職業教育高度化開発研究」校として指定を受ける。
  • 1989年 MML(マイクロ・メインフレーム・リンク)システムを導入。
  • 1990年 通産省(現経済産業省)より「情報化人材育成連携機関」として認定。
  • 1991年 日本情報処理教育普及協会(現:サーティファイ)より全国最優秀指導校賞を受ける。
  • 1993年 第1種情報処理技術者試験取得を目的とした1種受験コースを情報処理学科に、SE(システムエンジニア)を目指すSEコースを情報総合学科にそれぞれ設置。
  • 1994年 ゲームソフトコースを情報処理学科に設置。広中平祐賞を2年連続受賞。
  • 1995年 阪神淡路大震災を機にコンピュータグラフィックス分野のカリキュラムCG/CADコースを設置。マルチメディア研究と産学連携を目的としたデジタルメディア研究室を開設。
  • 1996年 全国に先駆けLinux技術を用い、校内全実習室をネットワーク化。通産省(現経済産業省)より「情報化人材育成学科」として認定。
  • 1997年 マルチメディア館完成に伴い、神戸電子デジタルメディア・チャレンジ・サーキット「Challenger」を構築。マルチメディアへの対応を強化すべくデジタルサウンド分野のカリキュラムを設置。設置4学科・コースをカリキュラム7分野別の専攻として整備。
  • 1998年 CG/CAD専攻をデジタルデザイン専攻とCAD専攻に分化。デジタルサウンド専攻をサウンドアート専攻とサウンドテクニック専攻に分化。
  • 2004年 中華人民共和国清華大学との教育連携。OSDL(Open Source Development Labs)参加。
  • 2005年 中国職場指導者招聘事業による訪日団来校。神戸情報大学院大学開学。ITエキスパート学科設置。CG研究科設置。
  • 2006年 インダストリアルデザイン学科設置
  • 2007年 日本語学科設置
  • 2008年 創立50周年。福岡富雄理事長 叙勲 瑞宝双光章を受章。デジタルアニメ学科設置。声優タレントコース設置。インテリアデザインコース設置。総合研究科設置(CG研究科を名称変更)
  • 2009年 ETロボコンチャンピオンシップ大会(全国大会)にて総合順位第4位を獲得。
  • 2010年 10棟目の校舎「学生会館」を増設
  • 2013年 創立55周年
  • 2014年 第9回若年者ものづくり競技大会「グラフィックデザイン」にて1位(厚生労働大臣省)と2位を獲得
  • 2015年 技能五輪国際大会に日本代表として出場(職種:グラフィックデザイン)。文部科学大臣より設置15学科が「職業実践専門課程」として認定

設置学科編集

  • 昼間・4年
    • ITエキスパート学科
  • 昼間・3年
    • ITスペシャリスト学科
    • エンターテイメントソフト学科
  • 昼間・2年
    • 情報処理学科
    • 情報工学科
    • 情報ビジネス学科
    • ゲームソフト学科
    • 3DCGアニメーション学科
    • グラフィックデザイン学科
    • サウンドクリエイト学科
    • サウンドテクニック学科
    • 声優タレント学科
    • 建築インテリアデザイン学科
    • インダストリアルデザイン学科
  • 総合研究科(昼間・1年)
    • CGコース
    • 建築コース

所在地編集

併設校編集

神戸情報大学院大学
卒業時に高度専門士が授与される学科では併設校である神戸情報大学院大学への受験資格が与えられる。但し、入学には別に入学試験に合格する必要がある。

外部リンク編集

注釈編集