神林 勇太(かんばやし ゆうた、1998年5月8日 - )は、日本陸上競技選手。専門は中距離走長距離走神奈川県川崎市出身。九州学院高等学校卒業[1]青山学院大学地球社会共生部・地球社会共生学科在学中[2]

神林 勇太 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム カンバヤシ ユウタ
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 中距離走長距離走
大学 青山学院大学・地球社会共生学部地球社会共生学科
生年月日 (1998-05-08) 1998年5月8日(22歳)
生誕地 神奈川県の旗神奈川県川崎市
身長 172cm
体重 58kg
自己ベスト
1500m 3分50秒05(2018年)
5000m 13分58秒70(2018年)
10000m 29分13秒62(2019年)
ハーフマラソン 1時間01分53秒(2020年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

経歴編集

  • 2011年4月、川崎市立宮前平中学校入学時から陸上部に入部。2013年12月、全国中学校駅伝大会2年時に4区に出場し、10人ごぼう抜きを達成し区間賞を達成[3]
  • 中学卒業後の2014年4月、熊本県熊本市の九州学院高校に進学。全国高等学校駅伝競走大会には3年連続して出場した[4]
  • 高校卒業後の2017年4月、青山学院大学に入学し、青山学院大学陸上競技部に所属。
  • 大学1年生時の2017年10月、いきなり第29回出雲全日本大学選抜駅伝競走の5区に出走し、区間3位(青学大チーム暫定2位・総合2位)だった[5]
  • 大学2年生時の2018年度は不調により、3大大学駅伝競走(出雲・全日本・箱根)の出場は一度も成らなかった。
  • 大学3年生時の2019年10月、2年振り2回目の出走となった第31回出雲駅伝競走では4区を担当し、17分24秒の区間新記録を達成し青学大チームを暫定2位に上昇させる。しかし、チーム総合順位は5位に留まった[6]
  • 2019年11月、自身初の第51回全日本大学駅伝対校選手権大会の3区を出走したが、区間7位(青学大チーム暫定7位・総合2位)の不本な成績に終わった[7]
  • 2020年1月の第96回東京箱根間往復大学駅伝競走では、自身念願だった初めての箱根駅伝出場を果たし、復路の9区にエントリー[8]。3年ぶり4回目の往路優勝を果たした青学大チーム[9]は、前8区の岩見秀哉から暫定首位でたすきを受ける。箱根駅伝本番での神林は終始安定した快走を見せ、9区の区間賞を獲得する[10]。次のアンカー・10区の湯原慶吾へ余裕のトップで襷を繋ぎ、結果青学大チームは2年振り5回目の箱根駅伝・総合優勝に返り咲いた[11]
  • 2020年度長距離ブロックの主将に抜擢された(前2019年度の主将は鈴木塁人[12]

人物編集

主な戦績編集

大会 種目(区間) 順位 記録 備考
2013年 第21回全国中学校駅伝大会 4区(3.0km) 区間賞 9分01秒 チーム総合5位
2014年 第65回全国高等学校駅伝競走大会 7区(5.0km) 区間3位 14分48秒 チーム総合13位
2015年 第66回全国高等学校男子駅伝競走大会 4区(8.0875km) 区間3位 23分21秒 チーム総合2位
2016年 第67回全国高等学校男子駅伝競走大会 4区(8.0875km) 区間2位 23分06秒 チーム総合3位

大学駅伝戦績編集

学年(年度) 出雲駅伝 全日本大学駅伝 箱根駅伝
1年生(2017年度) 第30回 5区(6.4Km) - 区間3位 19分38秒 第49回 ー - ー 出走なし 第94回 ー - ー 出走なし
2年生(2018年度) 第30回 ー - ー 出走なし 第50回 ー - ー 出走なし 第95回 ー - ー 出走なし
3年生(2019年度) 第31回 4区(6.2Km) - 区間新記録 17分24秒 第51回 3区(11.9Km) - 区間9位 34分27秒 第96回 9区(23.1Km) - 区間賞 1時間08分13秒
4年生(2020年度) 第32回 第52回 第97回

自己記録編集

  • 1500m - 3分50秒05(2018年4月21日、第262回日本体育大学長距離競技会)
  • 5000m - 13分58秒70(2018年10月8日、出雲市陸協記録会)
  • 10000m - 29分13秒62(2019年11月23日、10000m記録挑戦競技会)
  • ハーフマラソン - 1時間01分53秒(2020年2月2日、第74回香川丸亀国際ハーフマラソン

出演編集

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集