メインメニューを開く

神楽町(かぐらちょう)はかつて北海道上川郡にあったである。1968年3月1日旭川市に編入された。

かぐらちょう
神楽町
廃止日 1968年3月1日
廃止理由 編入合併
神楽町旭川市
現在の自治体 旭川市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 上川支庁
上川郡
面積 127km2.
総人口 18,974
(1967年)
隣接自治体 旭川市芦別市
上川郡東神楽町美瑛町
神楽町役場
所在地 北海道上川郡神楽町神楽4条4丁目1番24号
座標 北緯43度45分42秒
東経142度20分45秒
神楽町の位置(北海道内)
神楽町
神楽町
神楽町 (北海道)
 表示 ウィキプロジェクト

目次

概要編集

現在の旭川市の南部に位置し、町域は逆Y字型であった。

人口1967年当時で18,974人。面積は127平方キロメートル。

町名の由来編集

アイヌ語の「ヘッチェウイ(ヘッチェウシ)[1]」(「囃し・つけている・所[2]」、あるいは「神々の遊ぶところ[3]」)の意訳に由来する[2]。「ヘッチェ」は歌舞に合わせてヘイッ!ヘイッ!と囃し立てることで、この場所でいつも歌舞したのでこの名となったとされ、それを意訳し「神楽」とした[2]

歴史編集

  • 1909年明治42年)4月1日 - 二級町村制施行により神楽村が成立する。
  • 1928年昭和3年) - 西神楽、東神楽の2字が成立。
  • 1929年(昭和4年)4月1日 - 神楽村が一級町村制を施行する。
  • 1936年(昭和11年) - 辺渓朗、神楽町、神楽岡、千代ヶ岡、八千代ヶ岡、志比内の6字が成立。
  • 1943年(昭和18年)4月1日 - 神楽村から東神楽村(現・東神楽町)が分立する(東神楽、志比内の全部と千代ヶ岡、八千代ヶ岡の各一部)。
  • 1951年(昭和26年) - 字・新開が成立。
  • 1954年(昭和29年)11月1日 - 神楽村が町制を施行して神楽町となる。
  • 1968年(昭和43年)3月1日 - 神楽町が旭川市に編入される。

交通編集

鉄道編集

国鉄富良野線が町内を南北に通り、1967年当時で、最寄駅は旭川駅神楽岡駅西御料駅西瑞穂駅西神楽駅西聖和駅千代ヶ岡駅

地名編集

  • 苗圃道(たんぼみち)
  • 神楽公園(かぐらこうえん)
  • 保線官舎(ほせんかんしゃ)
  • 神楽岡(かぐらおか)
  • 神楽町
  • 辺渓朗(べんけいろう)
  • 八千代ケ岡(やちよがおか)
  • 西神楽
  • 新開
  • 辺渓朗本通(べんけいろうほんどおり)
  • 辺別原野乙号(べべつげんやおつごう)
  • 神楽町北2番通。2 - 7丁目
  • 神楽町北3番通。2・3丁目
  • 神楽町北4番通。2・3丁目
  • 神楽町北5番通。2・3丁目
  • 神楽町本通2.2 - 7丁目
  • 神楽町南1番通。3 - 7丁目
  • 神楽町東1条通。東1 - 4丁目

その他編集

  • 集配を担当する郵便局旭川郵便局・西神楽郵便局・朗根内郵便局。
  • 小学校が神楽町地区・神楽岡地区・辺渓朗地区・千代ケ岡地区に、中学校が神楽町地区・千代ケ岡地区にあった。

脚注編集

  1. ^ アイヌ語ラテン翻字: hetce-us-i
  2. ^ a b c アイヌ語地名リスト オニシベ~キタ P31-40P”. アイヌ語地名リスト. 北海道 環境生活部 アイヌ政策推進室 (2007年). 2017年10月19日閲覧。
  3. ^ 東神楽町の概要”. 東神楽町. 2017年10月18日閲覧。

関連項目編集