メインメニューを開く

神沢 利子(かんざわ としこ、本名・古河トシ[1] 1924年1月29日[1] - )は、日本児童文学作家

神沢 利子
(かんざわ としこ)
誕生 (1924-01-29) 1924年1月29日(95歳)
日本の旗 日本 福岡県
職業 児童文学作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 文化学院文学部
活動期間 1958年 -
ジャンル 児童文学
代表作 『いたずらラッコのロッコ』(1968年
『くまの子ウーフ』(1969年
『銀のほのおの国』(1972年
『そりになったブナの木』(1974年
『流れのほとり』(1976年
主な受賞歴 産経児童出版文化賞1975年
日本児童文芸家協会賞1977年
日本児童文学者協会賞1979年
野間児童文芸賞1979年
産経児童出版文化賞1981年1989年
産経児童出版文化賞大賞(1990年)
路傍の石文学賞1996年
モービル児童文化賞(1996年
巌谷小波文芸賞1996年
小学館児童出版文化賞2004年
講談社出版文化賞2005年
デビュー作 『タンポポのうた』(1958年
テンプレートを表示

目次

来歴・人物編集

福岡県生まれ[2]。子供時代を北海道樺太で過ごす。1968年、文化学院文学部を卒業する[1]。在学中に佐藤春夫に師事する[2]。1958年、『タンポポのうた』でデビュー。1965年以降、本格的創作活動に入り、数多くの児童文学作品を刊行する。1975年、『あひるのバーバちゃん』で産経児童出版文化賞、1977年、『流れのほとり』で日本児童文芸家協会賞、1979年、『いないいないばあや』で日本児童文学者協会賞野間児童文芸賞、1981年、『ゆきがくる?』、1989年、『おやすみなさいまたあした』で産経児童出版文化賞、1990年、『タランの白鳥』で産経児童出版文化賞大賞を受賞する。1996年、『神沢利子コレクション』に纏められた一連の業績で路傍の石文学賞、モービル児童文化賞、巌谷小波文芸賞を受賞する[1]。2004年、『鹿よ おれの兄弟よ』で小学館児童出版文化賞、2005年、同作で講談社出版文化賞受賞する。

初期の代表作として『いたずらラッコのロッコ』『くまの子ウーフ』『銀のほのおの国』『そりになったブナの木』などがある。2006年、エッセイ集『同じうたをうたい続けて』を刊行、児童文学界の長老の一人である。

「子どもの本・九条の会」代表団員を務めている[3]

著作編集

  • タンポポのうた 麦書房, 1958
  • ちびっこカムのぼうけん 理論社, 1961 のち角川文庫 1976年に映画化(人形アニメ)
  • しあわせの花 丸木俊絵 理論社, 1965
  • ヌーチェのぼうけん 赤羽末吉絵 理論社, 1966
  • ふしぎなこもりうた 瀬川康男絵 小峰書店, 1966
  • なしとりきょうだい ポプラ社, 1967
  • シューベルト 国土社, 1968
  • いたずらラッコのロッコ 長新太絵 あかね書房, 1968 のち講談社文庫
    • ほか、ロッコのシリーズ多数
  • フライパンが空をとんだら 大日本図書, 1968
  • くまの子ウーフ 井上洋介絵 ポプラ社, 1969 のち講談社文庫
    • ほか、くまの子ウーフの絵本多数
  • ふらいぱんじいさん 堀内誠一絵 あかね書房, 1969
  • おばあさんのスプーン 福音館書店, 1969
  • それからくまさん 小峰書店, 1969
  • うさぎのモコ 新日本出版社, 1970
  • はらぺこおなべ あかね書房, 1970
  • ヌーチェの水おけ ポプラ社, 1970
  • はねるのだいすき 偕成社, 1970
  • はけたよはけたよ 偕成社, 1970
  • こぶたのブウタ 理論社, 1971
  • おばあさんだいすき ポプラ社, 1971
  • 雪の絵本 三笠書房, 1971 のち講談社文庫
  • 銀のほのおの国 福音館書店, 1972 のち講談社文庫、福音館文庫
  • ねずみのはととりかえっこ 国土社, 1972
  • むぎわらのうた 実業之日本社, 1972 のちフォア文庫
  • 雲のさぶろう 文研出版, 1973
  • パパがくまになるとき あかね書房, 1973
  • マナちゃんとくまとりんごの木 金の星社, 1973
  • あひるのバーバちゃん 偕成社, 1974
    • ほか、バーバちゃんシリーズ
  • そりになったブナの木 国土社, 1974
  • はらぺこたまごがさらわれた 学習研究社, 1974
  • ねこのかいぎ 日本放送出版協会, 1974 (NHKおはなしシリーズ)
  • おかしなまいご 太平出版社, 1975
  • うたうすいか ポプラ社, 1975
  • ぽっぷのしっぽ 偕成社, 1975
  • いたずらタンタのアルバイト 小学館, 1976
  • 流れのほとり 福音館書店, 1976 のち福音館文庫
  • 大きなけやき 国土社, 1976
  • あたしのあかいうま 文研出版, 1977
  • キミちゃんとかっぱのはなし ポプラ社, 1977
  • チコとゆきのあひる ポプラ社, 1977
  • め・め・めみつけた 小学館, 1977
  • こねこのルナ ポプラ社, 1978
  • うみからきた子 PHP研究所, 1978
  • ぼうしぼうしぼうし 佼成出版社, 1978
  • いないいないの国へ 童心社, 1978
  • いないいないばあや 岩波書店, 1978 のち岩波少年文庫
  • こねこちゃんはどこへ 福音館書店, 1978
  • 林檎の木のうた 童心社, 1979
  • きねことねねことくもねこちゃん サンリード, 1979
  • お月さん舟でおでかけなされ 童心社, 1980
  • のはらのひなまつり 金の星社, 1980
  • とんでったとんでった PHP研究所, 1981
  • ぼくのぱんわたしのぱん 福音館書店, 1981 (かがくのとも傑作集)
  • スプーンのくにのこびとのプン 小学館, 1981
  • わたしのおうち あかね書房, 1982
  • こぶたにまたがりかいぞくじまへ 小学館, 1982
  • とんでいったおなべ ひさかたチャイルド, 1982
  • かえるのグルちゃん 佼成出版社, 1982
  • タンタとペタコと海のともだち 理論社, 1983
  • うすむらさきの花の下は? 大日本図書, 1983
  • ゆうくんとぼうし サンリード, 1983
  • かくれんぼ 偕成社, 1983
  • うさぎのギイ ポプラ社, 1984
  • おめんかぶってのはらをゆけば 学習研究社, 1984
  • かなちゃんゆ-らりゆ-らりこ 偕成社, 1984
  • もじゃもじゃあたまのナナちゃん 偕成社, 1985
  • 空色のたまご 東逸子画 偕成社, 1985
  • いってらっしゃーいいってきまーす 福音館書店, 1985
  • なきうさぎのナッコ 童話屋, 1986
  • えぞまつ 福音館書店, 1986 (かがくのとも傑作集)
  • あらどこだ 国土社, 1987 (しのえほん)
  • ぞうの子バーブ 新学社, 1988
  • おやすみなさいまたあした のら書店, 1988
  • タランの白鳥 福音館書店, 1989 のち文庫
  • ねこちゃん ポプラ社, 1991
    • その他、神沢利子・和歌山静子の絵本 1-2
  • おめでとうがいっぱい のら書店, 1991
  • つかまらないつかまらない 渡辺洋二え 新日本出版社, 1992
    • うさぎのモコのおはなし 1-4
  • となりのモリタ クレヨンハウス, 1993
  • やさい町どんどん 福音館書店, 1994
  • 神沢利子コレクション 1-5 あかね書房, 1994
  • くまのこまこちゃん のら書店, 1994
  • おっとせいおんど 福音館書店, 1995 (<こどものとも>傑作集)
  • まこちゃんともりのおくりもの のら書店, 1996
  • 神話とのつながり 175篇のメッセージ 鶴見俊輔,西成彦共著 熊本子どもの本の研究会, 1997
  • おばあさんになるなんて 晶文社, 1999
  • あの木あの花ゆめの種子 フレーベル館, 1999
  • もりへいったすと-ぶ ビリケン出版, 1999
  • いいことってどんなこと 福音館書店, 2001 (<こどものとも>傑作集)
  • ここよここよ 福音館書店, 2003
  • てんのくぎをうちにいったはりっこ 福音館書店, 2003 (<こどものとも>傑作集)
  • まおちゃんのうまれたひ 絵:加藤チャコ、のら書店, 2003
  • 天の橇がゆく 絵:宇野亜喜良、福音館書店, 2003
  • 鹿よおれの兄弟よ 福音館書店, 2004
  • ゴリラのりらちゃん ポプラ社, 2005
  • 同じうたをうたい続けて 晶文社, 2006

作詞編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 日外アソシエーツ 2004.
  2. ^ a b 日本ビジュアル著作権協会. “会員プロフィール(神沢 利子)”. 2015年9月27日閲覧。
  3. ^ 子どもの本・九条の会

参照文献編集

  • 日外アソシエーツ『20世紀日本人名事典』あ - せ、大高利夫、日外アソシエーツ、東京都大田区、2004年7月26日、第1版(日本語)。ISBN 978-4-8169-1853-7