メインメニューを開く

神津 藤平(こうづ とうへい、1872年1月15日明治4年12月6日) - 1960年昭和35年)10月11日)は日本の実業家長野電鉄創業者、志賀高原開発者。地質学者の神津俶祐は実弟。

目次

経歴編集

長野県北佐久郡志賀村(現・佐久市)の豪農・神津清三郎の次男として生まれる。祖父は日本に初めて薬用人参を導入した神津孝太郎。信州で指折りの豪農であった神津家は、代々九郎兵衛を名乗る「黒壁家」と、17世紀後半に分かれた「赤壁家」があるが[1]、藤平の生家は後者である。

慶応義塾に学び、福沢諭吉の影響を強く受け、福沢の「人を御するは馬を御するに似たり。運用の妙は一心に存す、毀誉褒貶吾にあって何の関する所あらん」を終生の教訓とした。明治25年(1892年)に卒業し、東京電燈に入社したが、2年で帰郷。会社や銀行の経営に参画するとともに、農林業の発展に尽力。志賀村会議員を経て、明治40年(1907年)長野県会議員、明治45年(1912年)志賀村長などを歴任したが、大正2年(1913年)に村長を辞職し、本格的に実業界に転身した。

実業家としては、明治34年(1901年)に神津合名会社を設立し、明治39年(1906年)に馬政局国立長野種馬所(現・家畜改良センター茨城牧場長野支場)を誘致(翌年開庁)、明治45年(1912年)長野県薬用人参商同業組合の結成など広範に活動。大正3年(1913年)佐久鉄道会社(現・JR小海線)が設立されると相談役に就任、同年第六十三国立銀行(現・八十二銀行)常務取締役就任。大正9年(1920年)佐久鉄道会社が中心となって、河東鉄道(後の長野電鉄河東線)を創立した際に、社長に就任した。

藤平は製糸業の盛んな松代須坂と県都長野市を結び、さらに山ノ内温泉郷とその後背地を観光開発し、鉄道やバス路線で結ぶ交通網を構想し敷設に乗り出した。同12年(1923年)長野電気鉄道会社社長、昭和元年(1926年)河東鉄道と統合した長野電鉄の社長に就任。また下高井郡沓野山一帯を志賀高原と命名し、スキー場を中心とした観光開発に力を入れ、同10年(1935年)に志賀高原スキー場は日本初の国際スキー場に認定され、同24年(1949年)には上信越高原国立公園に指定され、同27年(1952年)には丸池スキー場に日本初のチェアリフトを設置するなど、国内屈指のウィンタースポーツの中心地に育てた。

この間に長野商工会議所会頭、長野県商工経済会会頭などを歴任し、昭和28年(1953年)に運輸大臣より第一回交通文化賞を受賞した。昭和35年(1960年)勲四等瑞宝章受勲。同年に死去し、従五位を遺贈された。

 
藤平の名にちなんだ中部電力藤平第二発電所

係累編集

脚注編集

  1. ^ 神津家の人々三田評論、2014年12月12日閲覧

参考文献編集

  • 『長野県人名鑑』信濃毎日新聞社、1974年
  • 「郷土歴史人物事典 長野」第一法規 1978年
  • 『信州人物風土記 近代を拓く 12 神津藤平』 銀河書房、1989年
  • 『長野県歴史人物大事典』郷土出版社、1989年

関連項目編集

外部リンク編集