メインメニューを開く

神流村(かんなむら)は群馬県の南西部、多野郡に属していた。現在の神流町2003年新設合併で郡内の別の地域に発足したで、本村とは別の自治体である。

神流村
廃止日 1954年4月1日
廃止理由 新設合併
藤岡町神流村小野村美土里村美九里村藤岡市
現在の自治体 藤岡市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 群馬県
多野郡
面積 6.63km2.
総人口 3,933
(1950年)
隣接自治体 群馬県藤岡町多野郡小野村
新町群馬郡岩鼻村京ヶ島村
埼玉県児玉郡賀美村長幡村
神流村役場
所在地 群馬県
外部リンク なし
 表示 ウィキプロジェクト

地理編集

  • 河川:神流川、笹川、温井川、中川

歴史編集

政治編集

1927年出版の『群馬県多野郡誌』によれば、村長は以下の通り[1]

村長

経済編集

産業編集

農業

『大日本篤農家名鑑』によれば、神流村の篤農家は「白岩重次郎、新井平五郎、新井林吾、浅見琴三郎、中山重兵衛、入野文衛、田沼牧太郎、高山丈作、関根傳太郎、関根徳次郎、関根長三郎、関根茂平治、高橋作次郎、福田徳治郎、温井五郎平、白石亀太郎、飯島喜平」などである[2]

出身・ゆかりのある人物編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『群馬県多野郡誌』460-468頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年5月19日閲覧。
  2. ^ 『大日本篤農家名鑑』388頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年5月19日閲覧。

参考文献編集

  • 大日本篤農家名鑑編纂所編『大日本篤農家名鑑』大日本篤農家名鑑編纂所、1910年。
  • 群馬県多野郡教育会編『群馬県多野郡誌』群馬県多野郡教育会、1927年。

関連項目編集