メインメニューを開く

神田 伯山(かんだ はくざん)は、講釈師名跡。大立者・3代目が特に有名。

先代(5代目)の死後は空き名跡となっており、以後40年以上後継者が現れていなかったが、神田松之丞が2020年2月に真打昇進とともに6代目を襲名することとなった[1]

4代目は当初、5代目(岡田秀章)があえて飛ばして襲名したが、のちに自らが4代目を自称した。なぜ飛ばしたかも後記参照。

初代編集

生年不詳 - 1873年10月4日。本名:斎藤 定吉(さいとう さだきち)。神田派の祖。

武州川崎の生まれ、神田伯竜の門下。大岡政談が有名、そのためか「天一坊伯山」と呼ばれる。他にも「宮本武蔵」「大坂軍記」などを読んだ。普段は常に帯刀し高座の刀架けに脇差をのせてから話し始めたといわれる。その刀は靖国神社遊就館献納されている。明治に入り引退した。盗賊に暗殺され不慮の死を遂げる。享年不明。

墓所は神奈川県川崎市大徳寺。

2代目編集

1843年9月 - 1921年4月27日。本名:玉川 金次郎(たまがわ きんじろう)。

飯田町九段中坂下の生まれ。15歳で初代神田伯山に入門し伯勇、小伯山を経て、28歳の1870年に2代目伯山を襲名。「水滸伝」などを得意とした。

名跡を譲り、隠居名「神田松鯉」に改名した(初代)。松鯉というのは「神田祭」に掛けた洒落。1913年浅草金車亭で講釈師、落語家を集め高座生活57周年記念の祝賀演芸会を開催。

実子は2代目神田松鯉

3代目編集

明治5年7月20日1872年8月23日) - 昭和7年(1932年1月30日。本名:岸田 福松(きしだ ふくまつ)、東京生まれ。

三尺もの(侠客もの)を得意とし、特中でも「清水次郎長伝」を最大の売り物とした。そのため三代目は「次郎長伯山」との異名がある。彼が出演する寄席では大入りの満員となった。反面、その周辺(八丁)の寄席は皆、客を取られてしまうので「八丁荒し」の異名を取るほどの人気を誇った。 清水次郎長物の講談は、元々血生臭い話であった。3代目自身は、講釈師松廼家京伝(伊東潮魚)から伝えられている[要出典]。しかし3代目は、ストーリーそのものを変えた。天田愚庵の「東海遊侠伝」を参照する等して、義理人情を盛り込み、愛されるキャラクターの次郎長像を創作して独自の型として完成させたのである。「名も高き富士の山本」という演題とした。

浪曲師2代目広沢虎造のフシ付けした「清水次郎長伝」は、この伯山が演じた型をベースにしている。

 
3代目神田伯山の寄進による玉垣。宗吾霊堂(宗吾親子の墓)にて。

門下の初代神田山陽、初代神田ろ山、3代目神田伯治、5代目神田伯龍は四天王と呼ばれた。

5代目編集

 
五代目伯山(三代目桃川如燕であった1955年)

1898年4月28日 - 1976年11月4日。本名:岡田 秀章(おかだ ひであき)、東京生れ。業界きっての変人として知られる。

  • 1898年4月、東京本郷に生まれる。
  • 1918年、2代目桃川若燕に入門し、桃川若秀。
  • 3代目小金井芦州門下へ移り、小金井桜洲
  • 3代目神田伯山門下へ移り、神田五山。
  • 1932年、3代目伯山と死別し、5代目伯龍門下に移る。
  • 1949年、5代目伯龍と死別。通夜に「どてら」姿で現れる。驚いた山田春雄から「他の人でさえ通夜には紋付(の正装)で来るのに、弟子のお前がどてら姿で通夜に参列とは何事か!」と怒られる。神田派から離脱。
  • 1949年3代目桃川如燕を襲名。
  • かつての弟弟子3代目桃川若燕と絶縁。
  • 神田五山をもう一度名乗る。
  • 1957年、神田伯山を襲名。「5代目」を自称。4代目は、神田派宗家2代目神田松鯉に敬意を表し、わざと空位にしたはずだったが、2代目松鯉から契約不履行を主張され、仲違いした。この名跡の4代目を空けた事実を取り消し、自らを4代目として名乗る。
  • 1974年、勲四等叙勲の受賞を辞退。
  • 1976年11月4日、死去。

6代目編集

1983年6月4日 - 。本名:古舘 克彦(ふるたち かつひこ)。東京生まれ。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 六代神田伯山襲名のご報告 神田松之丞公式サイト、2019年4月29日
  2. ^ 年表上p.190
  3. ^ 年表上p.191