メインメニューを開く

神田 信夫(かんだ のぶお、1921年大正10年)10月2日 - 2003年平成15年)12月30日)は、日本歴史学者。専門は東洋史、特に清朝史、満州族史。明治大学名誉教授。父は東洋史、書誌学者神田喜一郎

神田 信夫
人物情報
生誕 (1921-10-02) 1921年10月2日
日本の旗 日本京都府京都市
死没 2003年12月30日(2003-12-30)(82歳)
学問
研究分野 東洋史(清朝史、満州族史)
研究機関 明治大学
テンプレートを表示

略歴編集

1921年、京都府京都市生まれ。父の喜一郎京都帝国大学文学部史学科支那史学専攻を卒業した年に生まれ、1929年に父が台北帝国大学に赴任した際には同行して当時日本領だった台湾に移住。1941年東京帝国大学に入学し、文学部東洋史学科で山根幸夫と同期で学んだ。1949年に明治大学助教授1956年に同大学教授となり、1992年まで教壇に立った(同年名誉教授)。

1957年には、ヌルハチホンタイジが統治した清朝初期の記録を満州語から翻訳し解釈を加えた『満文老档』の研究により、その主著者として日本学士院賞を受賞[1]。その後も清朝や満州族についての研究を続け、山川出版社からを中心として何点かの書籍・研究を発表した。

2003年12月30日、肺炎のため、東京都狛江市の病院で82歳で死去[2]

著書編集

単著編集

  • 『満学50年』(刀水書房、1992)
  • 『清朝史論考』(山川出版社、2005)

共著・編著編集

  • 『中国史籍解題辞典』(燎原書店、1989) - 山根幸夫と共著(主著)
  • 『清朝と東アジア―神田信夫先生古稀記念論集』(山川出版社、1992) - 神田信夫先生古稀記念論集編纂委員会
  • 『戦中戦後に青春を生きて―東大東洋史同期生の記録』(山川出版社、2005) - 山根幸夫と共著(主著)
  • 『紫禁城の栄光―明・清全史』(文藝春秋〈新世界史11〉、1968/講談社学術文庫、2006) - 岡田英弘・松村潤と共著
  • 『世界各国史12 - 北アジア史』(山川出版社、1981) - 護雅夫と共編
  • 『東北アジアの民族と歴史(民族の世界史)』(山川出版社、1989) - 三上次男と共著

脚注編集

  1. ^ 同時受賞者は岡本敬二石橋秀雄松村潤岡田英弘
  2. ^ 共同通信配信、2004年1月3日付、「神田信夫氏死去 明治大名誉教授」。