メインメニューを開く

神田 千里(かんだ ちさと、男性、1949年12月 - )は、日本歴史学者。専門は日本中世史(中世後期の宗教社会史)。東洋大学文学部教授東京都出身。

目次

略歴編集

武蔵高等学校、1976年東京大学文学部卒、1983年同大学院博士課程単位取得退学。99年「一向一揆と戦国社会」で東大文学博士高知大学人文学部助教授、東洋大学文学部教授。

専門は中世後期の宗教社会史で、一向一揆の研究を展開しているほか、京都を中心とする室町将軍の管轄領域である戦国期の「天下」と織田政権・諸大名の関わりについても研究を発表している。また、中世の土一揆島原の乱の共通点に着目した論考も発表している。

著書編集

単著編集

  • 『一向一揆と真宗信仰』 吉川弘文館、1991年
  • 『信長と石山合戦―中世の信仰と一揆』 吉川弘文館、1995年
  • 『一向一揆と戦国社会』 吉川弘文館、1998年
  • 『日本の中世11 戦国乱世を生きる力』 中央公論新社、2002年
  • 『土一揆の時代』 吉川弘文館、2004年
  • 『島原の乱 キリシタン信仰と武装蜂起』 中央公論新社〈中公新書〉、2005年/講談社学術文庫、2018年8月
  • 『一向一揆と石山合戦 戦争の日本史』 吉川弘文館、2007年10月
  • 『宗教で読む戦国時代』 講談社〈講談社選書メチエ〉、2010年
  • 『蓮如―乱世の民衆とともに歩んだ宗教者』 山川出版社〈日本史リブレット人〉、2012年9月
  • 『戦国時代の自力と秩序』 吉川弘文館、2013年
  • 『織田信長』 筑摩書房ちくま新書〉、2014年
  • 『戦国と宗教』岩波書店〈岩波新書〉、2016年
  • 『宣教師と『太平記』』集英社新書〈本と日本史〉、2017年3月

編著編集

  • 『蓮如大系第5巻 蓮如と一向一揆』 法蔵館、1996 
  • 『民衆の導師 蓮如』 (吉川弘文館、2004年)

テレビ出演編集