メインメニューを開く

神田 喜一郎(かんだ きいちろう、1897年明治30年)10月16日 - 1984年昭和59年)4月10日)は、東洋学者、書誌学者。号を鬯盦、書室を佞古書屋と称した。

神田 喜一郎
人物情報
生誕 (1897-10-16) 1897年10月16日
日本の旗 日本京都府京都市
死没 1984年4月10日(1984-04-10)(86歳)
学問
研究分野 東洋学書誌学
研究機関 大谷大学
テンプレートを表示

来歴編集

京都市上京区生まれ。京都府立第一中学校・第三高等学校を経て、

親族編集

長男は神田信夫(東洋学者。史・満州族史の研究、1921年-2003年)
次男は神田孝夫(比較文学者・ドイツ語学者、東洋大学教授、1923年-1996年)

主な著作編集

  • 『典籍箚記』(高桐書院, 1947年)
  • 『東洋學説林』(弘文堂, 1948年/思文閣出版, 1974年)
  • 日本書紀古訓攷証』(養徳社, 1949年)
  • 敦煌學五十年』(二玄社, 1960年/筑摩書房〈筑摩叢書〉, 1970年、復刊1984年)
  • 『日本における中國文學-日本填詞史話』(二玄社(全2巻), 1965-1967年)
  • 『東洋學文献叢説』(二玄社, 1969年)
  • 『中国の古印-その鑑賞の歴史』(二玄社, 1976年)。編著・図版多数
  • 『墨林間話』(岩波書店, 1977年)。オンデマンド版2012年 
  • 画禅室随筆講義』(同朋舎出版, 1980年)
  • 『藝林談叢』(法蔵館〈法蔵選書〉, 1981年)
  • 『中国詩学概説 森槐南遺稿』(臨川書店, 1982年)。校訂編集
  • 明治文學全集62 明治漢詩文集』(筑摩書房, 1983年、新装復刊2013年)。編著代表
  • 中國書道史』(岩波書店, 1985年)。遺著、あとがき神田信夫

全集編集

  • 『神田喜一郎全集』(全10巻、同朋舎出版, 1983-1997年)
  1. 東洋學説林 敦煌秘籍留眞
  2. 續東洋學説林 日本書紀古訓攷証
  3. 東洋學文献叢説 舊鈔本叢説 鬯盦蔵書絶句
  4. 畫禪室随筆講義 鬯盦蔵曲志
  5. 中國における詩と美術の間、附録(中國書法の二大潮流・中國の古印)。解説のみ収録
  6. 日本における中國文學 I
  7. 日本における中國文學 II
  8. 扶桑學志 藝林談叢。前者は遺著
  9. 墨林間話 敦煌學五十年
  10. 漢詩文 鐵齋扇面 雑纂。最終巻刊行

参考文献・資料編集

  • 『神田喜一郎博士追悼 中国学論集』(二玄社, 1986年)
  • 『神田喜一郎博士著書目録』、磯佳和編著(非売品)、2003年に出版。
  • 東方学回想 V 先学を語る(4)』(刀水書房, 2000年)-座談での回想を収録。
  • 平凡社『書道全集』や、百科事典世界大百科事典』の書道関係項目に執筆、『書跡名品叢刊』(二玄社)の監修を行った。
  • 蔵書は大谷大学に寄贈され1988年に「図書目録」(『神田鬯盦博士寄贈圖書善本書影 大谷大學圖書館藏』)が発行された。