メインメニューを開く

神田川 (曲)

南こうせつとかぐや姫の楽曲

神田川」(かんだがわ)は、かぐや姫(当時のグループ名は、南こうせつとかぐや姫)が歌った日本フォークソング1973年(昭和48年)9月20日にシングルが発売された。

神田川
南こうせつとかぐや姫シングル
初出アルバム『かぐや姫さあど
B面 もういいじゃないか
リリース
ジャンル フォークソング
時間
レーベル 日本クラウン
作詞・作曲 喜多条忠南こうせつ
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1973年度年間6位(オリコン)
  • 1974年度年間41位(オリコン)
南こうせつとかぐや姫 シングル 年表
僕の胸でおやすみ
(1973年)
神田川
(1973年)
赤ちょうちん
(1974年)
テンプレートを表示

解説編集

リード・ボーカルは南こうせつ。バイオリン演奏は武川雅寛

文化放送放送作家をしていた喜多条忠に、新曲のキャンペーンで訪れていた南こうせつが作詞を依頼した。喜多条は帰宅後、新聞の折込チラシの裏に自らの学生時代のほろ苦い想い出を綴り、歌詞を作った。仕上がった作品を電話口で伝えたところ、南は聞いた瞬間にもう旋律が浮かんでいたという。

第一番の歌詞にて、女性の側が銭湯の風呂上がりに、何時も待たされるという描写があるが、これは喜多条が銭湯で飼われていた鯉に餌をやり、観賞していた為である(クイズ日本人の質問より)。

当初、この作品は『かぐや姫さあど』(LP、1973年7月20日発売)の収録曲だったが、当時南こうせつがDJを担当していたTBSラジオ深夜放送ラジオ番組パックインミュージック』で本作を流したところ、聴取者からのリクエストが殺到し、同番組のリクエストランキング1位を獲得した[1]。これを受けて日本クラウン社内で制作会議を開いてシングル盤として発売するかどうかを決める際、名物プロデューサーであった馬渕玄三が「この曲は歴史に残る名曲になる。これを出さなかったら日本クラウンは一生の恥をかくことになるぞ」と強力にシングルカットを推したため[2]、「神田川」はフラット・マンドリンの演奏を追加したバージョンをレコーディングした上で改めてシングル盤として発売された。このシングル盤は、最終的に120万枚[3]または160万枚[4]、200万枚以上[5]を売り上げ、かぐや姫にとって最大のヒット曲となった。

これだけのヒットを飛ばした「神田川」だったが、歌詞の2番に登場する「24色の『クレパス』買って」が商標名であることから、同年の『第24回NHK紅白歌合戦』の出演依頼が来た際にNHKから「クレパスを『クレヨン』に変えて歌って欲しい」と言われたため出場を拒否している。NHK紅白歌合戦で、この歌がオリジナルのままで歌われたのは、南こうせつがソロで初出場を果たした1992年平成4年)の『第43回NHK紅白歌合戦』であり、レコード発売から19年後のことだった[6]

1970年代の若者文化を象徴する作品のひとつに数えられており、中野区内の末広橋近くの公園には「神田川」の歌碑が建てられている。なお、実際の歌の舞台はもっと下流の戸田平橋付近で、喜多条が住んでいた「三畳一間の小さな下宿」は豊島区高田3丁目7-17に所在した「千登世旅館」(2008年廃業)の隣にあったといわれる。

2005年にNHKが実施した「スキウタ〜紅白みんなでアンケート〜」で白組28位にランクインされた。

2011年8月8日に放送されたテレビ東京系列のアニメ『銀魂'』第220話「銭湯では身も心も丸裸」にて、挿入歌として使用された。

2016年3月12日BSジャパン開局15周年特別企画ドラマスペシャル『青春の名曲ストーリー』でのオムニバスドラマの1編にて、本作をモチーフにした同名タイトルのドラマが放送された[7]

収録曲編集

  1. 神田川 (3:09)
  2. もういいじゃないか

「神田川」のカバー編集

映画編集

神田川
監督 出目昌伸
脚本 中西隆三
出演者 関根恵子
草刈正雄
音楽 佐藤允彦
撮影 原一民
編集 渡辺士郎
配給 東宝
公開 1974年4月6日
上映時間 84分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

1974年、関根恵子草刈正雄の主演で映画化された。作詞者・喜多条忠の自伝的小説の映画化である。大学の人形劇サークルに所属する上条真と、巡業先で出会った少女・池間みち子が同棲するというストーリーであるが、歌詞の内容とは無関係である。

キャスト編集

脚注編集

  1. ^ 週刊文春(編)『フォークソング されどわれらが日々』文藝春秋、2008年、21-22頁。ISBN 978-4-16-370040-3
  2. ^ 『60年代 郷愁の東京』「名曲神田川にまつわるエピソードを探る」64頁(本橋信宏主婦の友社
  3. ^ 富澤一誠『フォーク名曲事典300曲〜「バラが咲いた」から「悪女」まで誕生秘話〜』ヤマハミュージックメディア、2007年、256頁。ISBN 978-4-636-82548-0
  4. ^ 『フォークソング されどわれらが日々』22頁。
  5. ^ 読売新聞』1995年5月19日付東京夕刊、13頁。
  6. ^ “NHKスキャンダル紅白 迷シーンを誌上再放送(5)”. アサヒ芸能. (2011年12月10日). http://www.asagei.com/excerpt/2808 2015年11月19日閲覧。 
  7. ^ 昭和の名曲がドラマに 赤いスイートピー&神田川”. スポニチアネックス (2016年2月10日). 2016年2月10日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集