神田日勝

日本の画家

神田 日勝(かんだ にっしょう、1937年12月8日1970年8月25日)は日本画家

東京市板橋区練馬(現東京都練馬区練馬)生まれ。8歳のときに戦火を逃れる為に一家で北海道鹿追町へ疎開し、そのまま定住[1]農業をするかたわら独学で油絵をはじめ、その後、平原社美術協会展(平原社展)や全道美術協会展(全道展)で活躍。北海道を代表する画家として評価を得つつも、32歳で死去した。

ベニヤ板ペインティングナイフやコテで描く力強いタッチの具象画で有名。農家でもあったことから、農耕馬などをモチーフにした画も多い。

同じく画家で北海道教育大学教授であった神田一明は兄[2][3]

生涯編集

1937年(昭和12年)東京の練馬に生まれる。1945年(昭和20年)、東京大空襲に遭遇。戦火を逃れる為、一家で北海道鹿追町へ疎開する。

1950年(昭和25年)に鹿追中学校に入学し、美術部を創設する。1952年(昭和27年)頃には兄・一明の影響を受け、油絵を始めた。1953年(昭和28年)に中学を卒業、美術が特に優れていたとして賞を受ける。そして東京芸術大学に進んだ兄の神田一明に代わり、農業を継ぐ。

1956年(昭和31年)、平原社美術協会展(平原社展)に『痩馬』を公募展初出品、朝日奨励賞を受賞する[4]。その後も同展やや全道美術協会展(全道展)など北海道の美術運動を進める公募展を中心に出品、1960年(昭和35年)には『家』が全道展で初入選を果たす[4]これ以降は入選を重ね、評価を固めていく[要検証]1962年(昭和37年)に結婚、1964年に長男、1968年に長女が誕生する。

1970年(昭和45年)、全道展に代表作『室内風景』を出品[要出典]。しかし6月下旬に風邪をこじらせ、体調の快復を得ないまま8月に入院し加療後も病状は好転せず、8月25日、腎盂炎による敗血症のため死去。32歳であった。

画風編集

神田日勝の画歴は決して長くはないが、その中でもさまざまな画風の変遷[5]が見える。しかし、ベニヤ板にペインティングナイフを使った独特の描き方と、具象的な画を求めるスタイルは変わらなかった。

1956年 - 1964年頃編集

  • 『痩馬』や『家』に代表される初期の作品は、主にを中心としたモノクロームな色彩となっている。この頃は牛や馬などの農業に関連する動物や、日常の風景に起因する画が多い。

1964年 - 1970年『室内風景』まで編集

  • モノクロームを基調とした画風にも1964年(昭和39年)頃から変化が出てくる。この頃の流行であったアンフォルメル(非具象)運動の影響を受け、表現主義的な絵画を発表。しかし、独自の具象的な表現にこだわった作品も制作し続ける。

『馬(絶筆)』編集

  • 最後の作品『馬(絶筆)』は黒々とした重厚な描写が印象的であり、初期のモノクロームに帰着したとも言える。しかし、同じく最晩年に発表された『室内風景』の色彩及び、『馬(絶筆)』自体が未完であるため、断定はできない。


エピソード編集

  • 農民画家と言われることを嫌い、自分のことを「画家である、農家である」と区別して語っていた[6][7]
  • 1993年平成5年)には鹿追町に鹿追町立神田日勝記念館が開館[8]。その後、記念館は2006年(平成18年)に神田日勝記念美術館と改称、現在に至る。
  • 2019年(平成31年)4月より放送されたNHK連続テレビ小説なつぞら』で吉沢亮演じる登場人物、山田天陽のモデルとされている[9][10]
  • 命日の8月25日には、神田日勝記念美術館で「馬耕忌」が実施される。例年は50人程度収容のホールで実施したが、2019年は前述の山田天陽役の吉沢を招いてトークショーを企画し、600人程度のホールに倍率6倍の抽選の当選者を集めた[11]

主な作品編集

  • 『牛』(1964年)
    • 腹を割かれた牛[注釈 1]がモチーフの作品。その後の色彩豊かな作品に通ずる赤々とした腹の内壁が印象的。
  • 『画室A』(1966年)
    • 『画室E』まで続く一連の『画室』シリーズの最初の作品。この当時流行していたアンフォルメル運動の気配を感じ取りながらも、独自の具象表現を維持しようとした日勝の意欲が表れている作品。
  • 『室内風景』(1970年)北海道立近代美術館
    • 日勝最後の完成作。新聞が壁と床一面に張られた部屋で、男が一人うずくまっている印象的な絵。日勝の絵としては珍しく、奥行きがある。因みに1968年にも同名の作品を発表したが、うずくまる男性という主題は共通するものの、背景が異なり全然違う印象を受ける。
  • 『馬(絶筆)』(1970年)
    • 絶筆。製作中に病に倒れたため、後ろ足が全く描かれていない不思議な作品。しかし、ベニヤ板にペインティングナイフで描かれた黒く重厚な馬には、未完ながらも完成作の様な雰囲気が漂う。また、神田日勝記念美術館のシンボルマークにも採用されている。

※『室内風景』以外は、すべて神田日勝記念美術館が所蔵。

展覧会編集

常設展示、記念館の展示を除く。


* 1997年「木田金次郎と神田日勝展」 : 海と大地の邂造」[16]

  • 
1998年「神田日勝・深井克美展」[17]
  • 2020年「神田日勝 大地への筆触」東京ステーションギャラリー (新型コロナウイルス感染の拡大防止のため4月開催を6月に延期[4]。)

出版物編集

画集、作品目録編集

  • 「神田日勝 画集」著・神田日勝、北海道新聞社
  • 神田日勝(画)『神田日勝 : いのちの実景 』、神田日勝記念館、1993年。
  • 『神田日勝文献目録展覧会記録』
神田日勝記念館(編)、1997年。

  • 『神田日勝文献目録展覧会記録』神田日勝記念館(編)、1998年。

  • 神田日勝(画)『神田日勝デッサン集』鈴木正實(監修)、神田日勝記念館(編)、北海道新聞社、1999年。

  • 神田日勝(画)『神田日勝 : 神田日勝記念館所蔵作品図録』
、神田日勝記念館 1999年。

参考文献編集

  • 
岡部卓『「木田金次郎と神田日勝展」 : 海と大地の邂造』瀬戸厚志(編集)、木田金次郎美術館、鹿追町立神田日勝記念館(当時)、1997年、1-35頁。全国書誌番号:99041982
  • 
金山政紀「時評 美術 二尺七寸の唄--『神田日勝・深井克美展』を観て」『社会評論』第24巻第2号(通号 112)、1998年5月。
  • 芸術新潮, 編纂.「神田日勝展の感動」『芸術新潮』第29巻第5号(通号341)、新潮社、1978年5月、 69頁。 国立国会図書館内公開。
  • 鈴木正實「多賀谷伊徳 美術メモ 神田日勝の世界--鍬と絵筆」『三彩』第368号、三彩社、1978年3月、 50頁。 国立国会図書館内公開。 

  • 武田厚「神田日勝の油彩--密室の思考」『みづゑ』(通号 878)、1978年5月、 76-81頁。
  • “神田日勝 1937~1970(享年32歳) : 農民として、画家として生きる」(現代を駆け抜けた 夭折の画家たち)”. 美術の窓 (生活の友社(編)) 35 (第4号 (通号 411)): 24-27. (2016年4月). 
  • 藤田一人「論2019 先の見えない"令和"の刹那な希望 : 神田日勝VS"山田天陽" (グラビア+評論で振り返る主な出来事 美術界この一年2019 : +誌上で買える今年のアート38点)」『月刊美術』第45巻第12号(通号 531)、2019年12月、 40-42頁。
  • 
細井冨貴子「〈滅び〉の生きている風景 : 一農夫、一画家、神田日勝についての覚え書」『季刊銀花』、文化出版局、2020年5月、 88-95頁、 doi:10.11501/1823153 国立国会図書館内公開
  • 米山将治「列島通信 山岡強一、そして神田日勝のこと――『山谷-やられたらやりかえせ』上映会と神田日勝展」『新日本文学』第41巻第7/8号、第三書館、1986年7月、 88-89頁、 doi:10.11501/2347745全国書誌番号:00097794

関連資料編集

伝記編集

  • らんぷの会(編)『神田日勝』、鹿追町美術研究会、1977年。全国書誌番号:84031327NCID BB08025629。全102頁、図版11枚 ; 21cm。神田日勝の肖像あり、同略年譜:102頁。
  • 鈴木正実『神田日勝 : 北辺のリアリスト』北海道立近代美術館(編)、北海道新聞社〈ミュージアム新書 ; 4〉、1984年。
  • 神田ミサ子『私の神田日勝』、北海道新聞社、1992年、全国書誌番号:92035435ISBN 4-89363-631-6
  • 平田兌子『絵で見る神田日勝の生涯』、神田日勝記念館、1998年。
  • 鈴木正實『神田日勝の世界 : 二度生きる』、北海道新聞社、2003年。

作品について編集

  • 小川正隆「ボスト・コレクション 神田日勝」小学館(編)『週刊ポスト』第3巻第35号(通号105)、小学館、 1971年8月、89-91頁。doi:10.11501/3379254、国立国会図書館内公開。
  • 秦恒平「特集・2 現代の「細密画」 <原色版・アート写真版> / 神田日勝 ; 渡辺隆次 ; 前田常作 ; 大野俶嵩 ; 城景都 ; 海老原友忠 ; 東千賀 ; 緒形洪章 ; 秀島由巳男 ; 頭川政始 ; 高橋一栄 ; 桑原盛行」『芸術新潮』第26巻第12号(通号312)、52-68頁、新潮社、1975年12月。doi:10.11501/6048563ISSN 0435-1657
  • 宗左近「
神田日勝(1937~1970) (「ハングリー」が生んだ絵<特集>)」 『芸術新潮』第31巻第9号、28~29頁、1980年9月。


* 鈴木正実「美術家とふるさと 木田金次郎と神田日勝の巻」「郷土と画家たち 神田日勝小論」『芸術風土記』第4号、73-128頁、1980年。 
「アートグラフ」第2巻第1号(通巻4号)特集。

  • 『帯広百年記念館特別企画展』第1〜4巻、第6巻、第7巻、
帯広百年記念館(編)、1988年。
  • 豊田正子「綴方教室 未完の馬-夭折の画家、神田日勝」『えんぴつの花』高橋揆一郎、文芸春秋、1989年、4-16-311170-0全国書誌番号:89059732


* 「ありがとう馬さんたち : 馬の絵作品展」『10回展記録誌』
神田日勝記念館(鹿追町立)(編)、2005年。


  • 『日本全国ユニーク個人美術館』新人物往来社〈東日本編〉、2008年。
  • 『日本美術全集』第19巻、辻惟雄、泉武夫、山下裕二、板倉聖哲(編集委員)、小学館、2015年。

  • 『戦後日本美術総集 = POSTWAR JAPANESE ART COLLECTION : PUBLICATION IN COMMEMORATION OF THE 70TH ANNIVERSARY OF the WAR'S END』第3巻、麗人社、2015年。
  • 川岸真由子「《室内風景》の男は何を見つめていたか : 神田日勝の場合」(パネリスト報告)『北海道芸術論評』第10号、10-16頁、2018年3月。シンポジウム記録『 「片岡球子 本画とスケッチで探る球子のひみつ」展シンポジウム : 手のあと、思考のあと : 絵画制作のプロセスをたどる』より。


脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 牛は死ぬとガスが溜まるので腹を割く[要出典]

出典編集

  1. ^ 神田日勝開拓入植地 | 史跡訪問 鹿追町史跡訪問ガイド | 歴史・文化・伝承 | 観光情報” (日本語). 北海道 十勝 鹿追町. 2020年6月6日閲覧。
  2. ^ 『 灰色の風景 』 神田 一明 | 御逝去後、神田一明画伯(神田日勝の兄)が原義行さんに贈った言葉”. 原 義行 作品紹介. 北海道画廊. 2019年9月24日閲覧。
  3. ^ 平成27年度 旭川市文化賞 各賞の受賞者”. 旭川市. 2019年9月24日閲覧。
  4. ^ a b c 神田日勝 大地への筆触”. www.ejrcf.or.jp. 東京ステーションギャラリー. 2020年5月31日閲覧。
  5. ^ 神田日勝の画業
  6. ^ 細井 1997, p. [要ページ番号].
  7. ^ 美術の窓 2016, pp. 24-27.
  8. ^ 神田日勝記念美術館” (日本語). 美術手帖. 2020年5月30日閲覧。
  9. ^ コラム”. kandanissho.com. 北海道 鹿追町: 神田日勝記念美術館. 2019年4月8日閲覧。
  10. ^ 藤田 2019, pp. 40-42.
  11. ^ “吉沢亮「なつぞら」天陽役のモチーフ・神田日勝の命日「馬耕忌」に十勝で“秘話”披露!観客は例年の10倍”. スポニチ. (2019年8月25日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/08/25/kiji/20190825s00041000287000c.html 2019年9月24日閲覧。 
  12. ^ 鈴木 1978, p. 50.
  13. ^ 芸術新潮 1978, p. 69.
  14. ^ 武田 1978, pp. 76-81.
  15. ^ 新日本文学, pp. 88-89.
  16. ^ 
岡部 1997, p. [要ページ番号].
  17. ^ 金山 1998, pp. 60-63.

関連項目編集

外部リンク編集