メインメニューを開く

神田 日勝(かんだ にっしょう、1937年12月8日1970年8月25日)は日本画家

東京市板橋区練馬(現東京都練馬区練馬)生まれ。8歳のときに戦火を逃れる為に一家で北海道鹿追町へ疎開し、そのまま定住。農業をするかたわら独学で油絵をはじめ、その後、平原社美術協会展(平原社展)や全道美術協会展(全道展)で活躍。北海道を代表する画家として評価を得つつも、32歳で死去した。

ベニヤ板にペインティングナイフやコテで描く力強いタッチの具象画で有名。農家でもあったことから、農耕馬などをモチーフにした画も多い。

同じく画家で北海道教育大学教授も歴任した神田一明は兄[1] [2]

生涯編集

1937年(昭和12年)東京の練馬に生まれる。1945年(昭和20年)、東京大空襲に遭遇。戦火を逃れる為、一家で北海道鹿追町へ疎開する。

1950年(昭和25年)に鹿追中学校に入学し、美術部を創設する。1952年(昭和27年)頃には兄・一明の影響を受け、油絵を始めた。1953年(昭和28年)に中学を卒業、美術が特に優れていたとして賞を受ける。そして東京芸術大学に進んだ兄の神田一明に代わり、農業を継ぐ。

1956年(昭和31年)、平原社展に『痩馬』を公募展初出品、朝日奨励賞を受賞する。その後も平原社展、全道展を中心に作品を出品、1960年(昭和35年)には『家』が全道展で初入選を果たす。これ以降は入選を重ね、評価を固めていく。1962年(昭和37年)に結婚。64年には長男、68年には長女が誕生する。

1970年(昭和45年)、全道展に代表作『室内風景』を出品。しかし6月下旬に風邪をこじらせ、8月に体の不調で入院。その後次第に病状が悪化する。そして8月25日、腎盂炎による敗血症のため、32歳で死去した。

画風編集

神田日勝の画歴は決して長くはないが、その中でも様々な画神谷勝の会風の変遷が見える。しかし、ベニヤ板にペインティングナイフを使った独特の描き方と、具象的な画を求めるスタイルは変わらなかった。

1956年 - 1964年頃編集

  • 『痩馬』や『家』に代表される初期の作品は、主にを中心としたモノクロームな色彩となっている。この頃は牛や馬などの農業に関連する動物や、日常の風景に起因する画が多い。

1964年 - 1970年『室内風景』まで編集

  • モノクロームを基調とした画風にも1964年(昭和39年)頃から変化が出てくる。この頃の流行であったアンフォルメル(非具象)運動の影響を受け、表現主義的な絵画を発表。しかし、独自の具象的な表現にこだわった作品も制作し続ける。

『馬(絶筆)』編集

  • 最後の作品『馬(絶筆)』は黒々とした重厚な描写が印象的であり、初期のモノクロームに帰着したとも言える。しかし、同じく最晩年に発表された『室内風景』の色彩及び、『馬(絶筆)』自体が未完であるため、断定はできない。

エピソード編集

  • 農民画家と言われることを嫌い、自分のことを「画家である、農家である」と区別して語っていた。
  • 1993年平成5年)には鹿追町に鹿追町立神田日勝記念館が開館。その後、記念館は2006年(平成18年)に神田日勝記念美術館と改称、現在に至る。
  • 2019年(平成31年)4月より放送中のNHK連続テレビ小説なつぞら』で吉沢亮演じる山田天陽のモデルとされている[3]
  • 命日の8月25日には、神田日勝記念美術館で「馬耕忌」が実施される。2018年まで50人程度収容のホールで実施されていたが、2019年は前記「なつぞら」の天陽役の吉沢亮のトークショーが実施され、600人程度のホールに会場を変更し、6倍の倍率の抽選に当たった参加者が集まった。[4]

主な作品編集

  • 『牛』(1964年)
    • 腹を割かれた牛(牛は死ぬとガスが溜まるので腹を割く。)がモチーフの作品。その後の色彩豊かな作品に通ずる赤々とした腹の内壁が印象的。
  • 『画室A』(1966年)
    • 『画室E』まで続く一連の『画室』シリーズの最初の作品。この当時流行していたアンフォルメル運動の気配を感じ取りながらも、独自の具象表現を維持しようとした日勝の意欲が表れている作品。
  • 『室内風景』(1970年)北海道立近代美術館
    • 日勝最後の完成作。新聞が壁と床一面に張られた部屋で、男が一人うずくまっている印象的な絵。日勝の絵としては珍しく、奥行きのある絵となっている。因みに1968年にも同名の作品を発表しているが、うずくまる男性は共通しているものの、背景がまったく異なり全然違う印象を受ける。
  • 『馬(絶筆)』(1970年)
    • 日勝の絶筆。製作中に病に倒れたため、後ろ足が全く描かれていない不思議な作品。しかし、ベニヤ板にペインティングナイフで描かれた黒く重厚な馬には、未完ながらも完成作の様な雰囲気が漂う。また、神田日勝記念美術館のシンボルマークにもなっている。

※『室内風景』以外は、すべて神田日勝記念美術館が所蔵。

書籍編集

関連書編集

  • 「神田日勝 北辺のリアリスト」著・鈴木正実、北海道新聞社
  • 「神田日勝の世界 二度生きる」著・鈴木正実、北海道新聞社
  • 「私の神田日勝」著・神田ミサ子、北海道新聞社

画集編集

  • 「神田日勝 画集」著・神田日勝、北海道新聞社
  • 「神田日勝デッサン集」画・ 神田日勝 監修・鈴木正実 編・神田日勝記念館、北海道新聞社

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集