神谷 まさひろ(かみや まさひろ、1963年7月29日[1][2] - )は、日本俳優、元子役。本名および旧芸名は神谷 政浩(読み同一)[1][2]東京都出身[1][2]。身長169cm、体重56kg[1]東映タレント部に所属していた[2]愛知県議会議員の神谷まさひろ[3][4]とは同姓同名の別人である。

かみや まさひろ
神谷 まさひろ
本名 神谷政浩
別名義 神谷政浩(本名と読み方同じ)
生年月日 (1963-07-29) 1963年7月29日(58歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
身長 169 cm
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ
活動期間 1971年 -
主な作品
テレビドラマ
人造人間キカイダー
電人ザボーガー
渚より愛をこめて』『大鉄人17
映画
『アフリカの鳥』
ふりむけば愛
テンプレートを表示

来歴編集

1971年天下御免』でデビューし、1972年人造人間キカイダー』に光明寺マサル役でレギュラー出演。本作以降は、『電人ザボーガー』(1974年)にレギュラー出演したほか、映画『アフリカの鳥』(1975年)などに出演。 1977年に放送された『大鉄人17』では主演の南三郎を演じた[5]

その後は、舞台公演を中心に活動している[6]

エピソード編集

『人造人間キカイダー』の最初の撮影は第1話のダークに捕えられて、吊り橋に吊るされるシーンであった。撮影では人形で代用すると思っていたが、実際に吊るされてしまい、撮影の厳しさを痛感したという[7]

『キカイダー』第17話「アカクマバチ 恐怖の人質計画」の劇中、アカクマバチに刺された影響で正気を失うシーンでは、演技が上手くいかずに悩んでいたところ、服部半平(ハンペン)役で共演した植田峻に演技のアドバイスを受けている[8]

『キカイダー』の放送当時、周囲から『キカイダー』に出演していたことで特別扱いされることはなかった。その件について「周りが結構気を使ってくれたから」と述べている。その一方、ロケには常に母親が同行していたが、当時中学生だった姉に対して母親を独占してしまい申し訳ないと感じているという[9]

『大鉄人17』に同級生役で共演した島田歌穂は実生活でも同級生であった。また、高校時代の同級生には俳優の円谷浩がいた[10]

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 『日本タレント名鑑'90』VIPタイムズ社、1990年、72頁。 
  2. ^ a b c d 『日本タレント名鑑1993』VIPタイムズ社、1993年、94頁。 
  3. ^ 神谷まさひろ|愛知県議会”. www.pref.aichi.jp. 2021年11月25日閲覧。
  4. ^ 愛知県議会議員 神谷まさひろ”. www.kamiya.gr.jp. 2021年11月25日閲覧。
  5. ^ 『東映ヒーローMAX』VOL. 7、辰巳出版、2003年12月10日、 89頁、 ISBN 978-4-88641-971-2
  6. ^ 3大ヒーロー 2003, p. 106.
  7. ^ 3大ヒーロー 2003, p. 109.
  8. ^ 3大ヒーロー 2003, pp. 91, 111.
  9. ^ 3大ヒーロー 2003, p. 108.
  10. ^ 3大ヒーロー 2003, pp. 110–111.

参考文献編集

  • 『人造人間キカイダー 超人バロム・1 変身忍者嵐 3大テレビヒーローシークレットファイル』ミリオン出版、2003年4月3日。ISBN 4-8130-0095-9