神谷 忠孝(かみや ただたか、1937年6月5日 - )は、日本近代文学研究者北海道大学名誉教授北海道立文学館第4代理事長。昭和文学を専攻する。

北海道帯広市生まれ[1]北海道帯広三条高等学校を経て、1962年北海道大学文学部国文科卒(恵迪寮OB)。67年同大学院博士課程中退。帯広大谷短期大学助教授、70年中央大学助教授。76年北大助教授、のち教授、2001年定年退官、名誉教授。北海道文教大学外国語学部教授。2016年、北海道文化賞受賞。

著書編集

共編著編集

  • 昭和文学思潮 布野栄一共編著 新典社 1971
  • 文学の形成  川上富吉,長崎健共編 桜楓社 1973
  • 現代文芸評論 高橋春雄,吉田熈生共編 双文社出版 1974
  • 保田与重郎書誌  奥出健共編 笠間書院 1979.11
  • 横光利一 国書刊行会 1991.8 (日本文学研究大成)
  • 太宰治全作品研究事典 安藤宏共編 勉誠社 1995.11
  • 南方徴用作家 戦争と文学 木村一信共編 世界思想社 1996.3
  • 向田邦子鑑賞事典 井上謙共編 翰林書房 2000.7
  • 横光利一事典 井上謙,羽鳥徹哉共編 おうふう 2002.10
  • 「文学」としての小林多喜二 北条常久,島村輝共編 、「国文学解釈と鑑賞」別冊至文堂 2006.9
  • 〈外地〉日本語文学論 木村一信共編 世界思想社 2007.3

脚注編集

  1. ^ 『日本のダダ』略歴。