神谷 敏郎(かみや としろう、1930年3月2日[1] - 2004年7月13日)は、日本の哺乳類学者。

略歴編集

東京生まれ。青山学院大学文学部教育学科卒業、東京大学医学部卒、同大学院、1964年医学博士。1956年東京大学医学部助手、1971年、東京大学医学部解剖学講師、[2]。論文の題は「鯨類の十二指腸壁内嚢腺intramural cystic glandについて」[3]。 1980年筑波大学医療技術短期大学部教授(解剖学)、1993年筑波大学名誉教授[4]2004年7月13日逝去[5]

著書編集

  • 『人魚の博物誌 海獣学事始』思索社 1989
  • 『鯨の自然誌 海に戻った哺乳類』1992 中公新書
  • 『骨の動物誌』東京大学出版会 1995
  • 『あるミイラの履歴書 エジプト・パリ・東京の三千年』2000 (中公新書)
  • 『骨と骨組みのはなし』2001 岩波ジュニア新書
  • 『川に生きるイルカたち』東京大学出版会 2004
共著
  • 『クジラ・イルカと海獣たち』白木靖美共著 未来文化社 (切手ミュージアム 1995

翻訳編集

  • E.J.シュライパー『鯨』細川宏共訳 東京大学出版会 1965
  • ジョン・C.リリー『イルカと話す日』尾沢和幸共訳 NTT出版 1994

関連人物編集

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』1987、2002
  2. ^ 海老名厚. 神谷敏郎を中心に、海牛類をめぐる雑多なこと. [1]
  3. ^ 博士論文書誌データベース
  4. ^ 神谷敏郎 1995
  5. ^ 高槻成紀 (2004-09=15). “追悼端然たる人生―神谷先生のこと”. Ouroboros東京大学総合研究博物館ニュース (東京大学総合研究博物館) (25). [2]

関連項目編集