神道揚心流

神道楊心流から転送)

神道楊心流(しんとうようしんりゅう)とは松岡克之助尚周が開いた柔術の流儀[1][2][3]

神道揚心流
しんとうようしんりゅう
左、三代目松岡宗家
左、三代目松岡宗家
別名 新道楊心流、神道楊心流
発生国 日本の旗 日本
発祥地 常陸国真壁郡上野村
発生年 1864年5月1日(江戸時代) 
創始者 松岡克之助尚周
源流 戸塚派揚心流天神真楊流
直心影流剣術
派生流派 高村派新道楊心流(高村流)
和道流柔術拳法
主要技術 柔術
当身(殺法)、活法、骨法
テンプレートを表示

神道楊心流の初期の流名は、「神」が「新」で新道楊心流だった[4]

流儀の歴史編集

神道楊心流は、1864年5月1日に松岡克之助が、天神真楊流の技法と戸塚派揚心流を融合し直心影流の理合を導入して開いた流派である。

神道楊心流柔術の流祖、松岡克之助尚周は、旧黒田藩士で、幕末期に講武所修業人に選ばれ、その後幕臣に登用された。 松岡克之助は宝蔵院槍術、剣術を千葉周作榊原鍵吉に学び、天神真楊流柔術磯正智に、戸塚派揚心流戸塚英俊に学び、神道楊心流を元治元年に創始した。

常陸国真壁郡上野村に神道館道場を建て門弟を指導した。3000人以上の門人がいた。

神道楊心流は、松岡克之助、二代目猪瀬元吉、三代目松岡龍雄と伝承されたが松岡龍雄が4代目を決めていなかったため、神道揚心流同門会を設立し藤原稜三が代表となった。

松岡龍雄の存命中に4代目を選出する予定であったが決まらず、また同門会から後継者が出なかったため神道楊心流は活動停止した。

高村派新道楊心流編集

高村派新道楊心流とは、小幡茂太系の神道楊心流である。小幡茂太は最初に揚心古流を戸塚彦助から学んだ。その後、1885年に松岡克之助に弟子入りして神道楊心流を学び1895年に免許皆伝を得て、本部に許可を取り小幡派新道楊心流として独立した。1898年に浅草に道場を開き門弟を指導した。

小幡派新道楊心流は、小幡の孫である高村雪義が継いだ。高村雪義は終戦後にスウェーデンに移住しストックホルムで新道楊心流を教えた。高村は日系アメリカ人と結婚しアメリカカリフォルニア州に移住、同地で高村派新道楊心流という名称に変えて道場を開いた。高村は2000年3月に72歳で亡くなった。高村から免許皆伝を得たのは、大阪府のタカギ イソ(漢字不明)、イギリスのDavid Maynard、アメリカのToby Threadgillの三人である。2003年にタカギとDavid Maynardは引退し、Tobin E. Threadgillが会長となった。

現在は、Takamura ha shindo yoshinkai(高村派新道楊心会)がアメリカ、スペイン、ドイツ、カナダ、フランス、ポルトガル、フィンランド、スウェーデン、ニュージーランド等で活動している。

流派の内容編集

大刀、小刀をの伴う形、極意当身技、三活法、四活法、気当等は別伝免許として分離独立させている。 小刀捕(表7本、裏7本)、大刀捕(表7本、裏7本)は、和道流に短刀捕、真剣白刃捕として表技だけ取り入れられている[5]

切紙71手(手解から裸體捕までの形)、目録20手、合わせて91の型があり、さらに裏、返し技、大小を伴う形、乱捕等が含まれる[6]

切紙免許で口伝の誘活法、襟活法の伝授を受ける。 目録免許で百三ヶ所の急所(殺法)と活法、骨法が教授される。


手解 10手
両手、打手、逆手、逆指、諸手、両胸、片胸、別、捕、髪
投返 基本技10手、応用技50手以上
腕落、背落、襟落、袖落、足車、腰車、肩車、横帯、前帯、当帯
初段居捕 10手
真之位、添捕、御前捕、襟車捕、飛違捕、
抜身之目附捕、鐺返、両手捕、壁捕、渡捕
初段立合 10手
行違捕、引落、片胸捕、両手捕、両胸捕、
仮捨捕、絹潜、襟投捕、手髪捕、渡捕
中段居捕 14手
神之位、鐘木捕、左胸捕、右胸捕、御前捕、襟車捕、飛違捕、
抜身之目附捕、惣者捕、柄捕、前腰捕、両手捕、右当捕、引立
中段立合 14手
行違捕、鐘木捕、右胸捕、腰附捕、小具足捕、頭捕、連拍子、
胸搦、柄捕、返投、腰車捕、腕挫捕、捨身捕、大小捕
裸体捕  3手
前捕、左右捕、後捕

極意上段(口伝)
八相 発破、一刀両断、竜尾(左右二本)、面影(左右二本)、
松風、早船、陰之構之事、陽之構之事、相心之事、相手之事、
極意、気当、惣体、口上極意之事、不立之勝、十悪

小刀捕表7本
腕絡捕、小手投捕、雲我捕、襟投捕、頭捕、引立捕、引落捕
小刀捕裏7本
大刀捕表7本
大刀捕裏7本

系譜編集

免許皆伝の門人は下記の系譜の他にもおり、多数の系統が存在した。

二代目は猪瀬元吉、三代目は松岡龍雄である。

脚注編集

  1. ^ 『日本古武道総覧』 日本古武道協会編集 平成9年度版、島津書房。
  2. ^ 神道揚心流柔術”. 和道流空手道連盟. 2015年11月9日閲覧。
  3. ^ 空手道 四大流派について (ページ番号:29) (PDF)”. 国士舘大学. 2015年11月9日閲覧。
  4. ^ 『合気ニュース』 121号
  5. ^ 『近代空手』
  6. ^ 『近代空手』
  7. ^ 大塚博紀の師中山辰三郎が神道楊心流に入門した時、既に二代目猪瀬元吉から三代目松岡龍雄に代替わりしており、門人帳では松岡龍雄の門弟と書かれている。 しかし松岡龍雄は当時まだ若かったため、実質的な代表者は猪瀬元吉だった。 また、中山辰三郎は若いとき流祖松岡克之助に柔術と直心影流剣術を教わっている。

参考文献編集

  • 日本古武道協会編集『日本古武道総覧』平成9年度版、島津書房。ISBN 978-4882180159
  • 『合気ニュース』 121号
  • 『合気ニュース』 122号
  • 高村雪義「武道指導と守破離」、『合気ニュース』 136号
  • 藤原稜三 著『神道揚心流の歴史と技法』
  • 「松岡龍雄VS藤原稜三(一)」、『近代空手』1985年8月号 ベースボールマガジン社
  • 「松岡龍雄VS藤原稜三(ニ)」、『近代空手』1985年9月号 ベースボールマガジン社
  • 「松岡龍雄VS藤原稜三(三)」、『近代空手』1985年10月号 ベースボールマガジン社
  • 「松岡龍雄VS藤原稜三(四)」、『近代空手』1985年11月号 ベースボールマガジン社
  • 「松岡龍雄VS藤原稜三(五)」、『近代空手』1985年12月号 ベースボールマガジン社
  • 「松岡龍雄VS藤原稜三(最終回)」、『近代空手』1986年1月号 ベースボールマガジン社 
  • An Interview With: Toby Threadgill, Menkyo Kaiden, Takamura ha Shindo Yoshin ryu

リンク編集

関連項目編集