メインメニューを開く

神野金之助 (2代目)

名古屋市中区出身の実業家

神野 金之助(かみの きんのすけ、1893年(明治26年)1月4日 - 1961年(昭和36年)10月23日)は、愛知県名古屋市中区出身の実業家俳号・渓石[2]

かみの きんのすけ
神野 金之助
生誕 (1893-01-04) 1893年1月4日
日本の旗 日本愛知県名古屋市鉄砲町[1]
死没 (1961-10-23) 1961年10月23日(68歳没)
日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
別名 神野重孝(本名)[1]

人物編集

1893年(明治26年)1月4日、名古屋市中区鉄砲町生まれ[1]初代神野金之助の長男[3]。幼名は金重郎、本名は重孝[1]第八高等学校を卒業したのち、京都帝国大学法学部に進学するも、中退した[1]。その後、紅葉屋財閥の当主となる[1]

1923年(大正12年)、名古屋鉄道役員となり、1935年(昭和10年)副社長、1945年(昭和20年)社長となった[1]

1924年(大正13年)、名古屋無電放送として日本初の放送事業を出願し、1925年(大正14年)に社団法人名古屋放送局の設立に関わった[1]。翌年、日本放送協会設立委員に就任する[1]

1950年(昭和25年)、日本放送協会経営委員に就任[2]

1954年(昭和29年)名古屋テレビ塔の建設や1958年(昭和33年)に東海テレビ放送設立に関わる[1]

1955年(昭和30年)日商副会頭に就任[1]

その他、名古屋製陶所・福壽生命・愛知時計電機遠州電気鉄道・明治銀行・東邦ガス愛知機械名古屋空港ビルなど様々な役員を兼務した[2]

1961年(昭和36年)10月23日[1]

著作編集

  • 『矢車』枯野社、1925年。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 渡辺勝己 1976, p. 237.
  2. ^ a b c 渡辺勝己 1976, p. 238.
  3. ^ 人事興信所編『人事興信録』第6版、1921年、か129頁。

参考文献編集

  • 渡辺勝己「神野金之助重孝」『愛知百科事典』中日新聞社、1976年、237-238頁(日本語)。