神風 杏子(かみかぜ きょうこ、1970年3月19日 - )は、日本の元女子キックボクサー東京都墨田区出身。元UKF女子世界王者、WKBA北アメリカ王者、第3代シュートボクシングクイーン王者。日本における女子キックボクシングのパイオニア。

来歴編集

シュートボクシング時代編集

白龍ジムでキックボクシングを始め、シュートボクシングでデビュー。第3代SBクイーン王座を獲得。1992年には全日本女子プロレスの興行でバット吉永と異種格闘技戦も行った。

世界王座獲得編集

マーシャルアーツ日本キックボクシング連盟で活躍し、1995年6月にロサンゼルスにてWKBA女子北アメリカ王座を獲得。翌年の1996年9月には、UKF世界女子ジュニアフェザー級(スーパーバンタム級)王座を獲得。

1998年2月14日、アメリカ合衆国ミズーリ州スプリングフィールドのユニバーシティプラザで行われた「St. Valentine's Day Sweet Heart Brawl」でバーバラ・プリとWWW世界王座決定戦(3分5R)を行う。1R34秒で、右ハイキックによるKO勝ちを収め、王座を獲得。

1998年5月22日、MA興行で熊谷直子と対戦し、4R2分46秒KO負け[1]。1Rに肩を脱臼して満足にパンチが出せない状況であった[2]

1998年12月26日、MA興行のUKF世界女子ジュニアフェザー級タイトルマッチで熊谷と再戦し、4R1分19秒KO負けで王座から陥落した[2]

引退編集

1999年9月、現役引退。池袋にて「藤ジム Walk on」専属インストラクターを務め、カーディオ・キックボクシングを考案し、キックボクシングの普及に務める。また、女子キックボクシング「天空」において2006年3月4日の第3回より競技統括に就任した[3]

2006年12月、クレイジーフォックスに移籍。

獲得タイトル編集

  • 第3代シュートボクシングクイーン王座
  • WKBA女子北アメリカ王座
  • UKF女子世界スーパーバンタム級王座

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集

前王者
石本文子
第3代SB日本レディース王者
次王者
藤山照美