メインメニューを開く

祭ばやしが聞こえる』(まつりばやしがきこえる)は1977年昭和52年)10月7日から1978年(昭和53年)3月31日まで日本テレビ系で放送されたドラマ[1]。全26話。第18回日本テレフィルム技術賞受賞。制作にクレジットのある「ニーディー・グリーディー」は、萩原健一自身の事務所である。

あらすじ編集

競輪のレース開催中での事故により負傷した競輪選手の主人公が、先輩選手の実家の旅館で世話になりながら復帰を目指すドラマ[2]

キャスト編集

エピソード編集

萩原健一はこのドラマに出資して、3億円も損をしたと述懐している[4]。もともとはF1をテーマにする予定だったが、予算が数十億円かかるということがネックとなって断念した。アル・パチーノの映画「ボビー・デアフィールド」[5]に刺激されて企画したという。また脚本に予定していた市川森一が、NHK大河ドラマ『黄金の日々』に抜擢されて降板してしまったことも痛手だったという。この後、ニーディー・グリーディーは解散となってしまう。

スタッフ編集

  • 企画:梅谷茂日本テレビ
  • プロデューサー:清水欣也(日本テレビ)、水野昇三(ニーディー・グリーディー)、磯野理(東宝)
  • 脚本
    • 石堂淑朗(第1、2、4、6、7、8、10、15、18、19、24、26話)
    • 大和屋竺(第3、5、9、12、14、16、17、22話)
    • 荒木芳久(第11、21話)
    • 猪又憲吾(第13話)
    • 岩元南(第20、23、25話)
  • 監督
    • 工藤栄一(第1、8、11、12、19、20、21、22、25、26話)
    • 高井牧人(第3、4話)
    • 田中徳三(第6、7、9、10、13、14、17、18、23、24話)
    • 石田勝心(第15、16話)
  • 音楽:大野克夫
  • 主題歌:「祭ばやしが聞こえるのテーマ」柳ジョージ
  • 制作:ニーディー・グリーディー(萩原健一の事務所)、東宝企画


日本テレビ 金曜劇場
前番組 番組名 次番組
祭ばやしが聞こえる

脚注編集