メインメニューを開く

祭ばやしが聞こえる』(まつりばやしがきこえる)は1977年昭和52年)10月7日から1978年(昭和53年)3月31日まで日本テレビ系で放送されたドラマ[1]。全26話。第18回日本テレフィルム技術賞受賞。

目次

あらすじ編集

競輪のレース開催中での事故により負傷した競輪選手の主人公が、先輩選手の実家の旅館で世話になりながら復帰を目指すドラマ[2]

キャスト編集

エピソード編集

萩原健一はこのドラマに出資して、3億円も損をしたと述懐している。もともとはF1をテーマにする予定だったが、予算が数十億円かかるということがネックとなって断念した。アル・パチーノの映画「ボビー・デアフィールド」に刺激されて企画したという。

スタッフ編集

日本テレビ 金曜劇場
前番組 番組名 次番組
祭ばやしが聞こえる

脚注編集